« H27研修旅行(3)宿へ。宿で。 | トップページ | 春の観光キャンペーン »

2015年4月13日 (月)

H27研修旅行(4・終)榛名湖、前橋文学館

あく 一夜明けて、部屋の窓から外を見るとこんな光景が目に飛び込んできました。榛名湖越しに、向こうの山はうっすらと雪化粧をしています。
H27kenshu20
 榛名山はいくつかの峯からなっています。私はずっとこの山が榛名富士だと思っていました。確かめようと思って地図を見たら、違っていました。榛名富士はこの宿と同じ側の岸にあったのです。榛名湖を挟んで対岸に見えるはずがありません。(^_^;

 大ボケでした。

 オレンジ色の屋根の建物が目立っていました。湖面にもくっきりと映っています。きっとあの建物からは榛名富士がよく見えることでしょう。
H27kenshu21
 スワンの船も寒そうに係留されていました。
H27kenshu22
 宿を出発して、前橋文学館に行きました。この館の正式名称は「萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館 」です。ちと長い。

 出入口の脇には朔太郎像。いつもピカピカです。仕事なのかボランティアなのか未詳ですが、頻繁に磨いている人がいると聞きました。
H27kenshu23
 館長さんからお話しがありました。学生達は皆熱心に聴いていました。
H27kenshu24
 見学を終えてバスに乗る前、また集合写真を撮りました。列の前で横になっているのがいます。女子にもこういうひょうきんなのがいるんですねぇ。(^_^)
H27kenshu25

« H27研修旅行(3)宿へ。宿で。 | トップページ | 春の観光キャンペーン »

大学生活」カテゴリの記事

コメント

いやあ、昨日の写真といい、大分寒そうなところですね。
我が職場の都祁もこの8日には雪が不定ましたが・・・さすがこれほどではありません。

けっこう・・・高度があるんでしょうね。

三友亭主人さん

 例年の研修旅行ではこんなことはありません。今年はかなり例外的でした。

 榛名湖の湖面の標高は1,084mだそうです。結構高いですよね。

榛名湖,行ってみたいですね。
でも,こんな雪景色ではちょっといやです。
最初の写真,榛名富士とは違うなと感じたのですが,やっぱりそうですよね。

先日,退職後初めて街道歩きをしました。
奥州街道を栃木県鍋掛から福島県白河まで歩いて,五街道制覇しました。
そういえば,どこかの町で,萩原朔太郎妻の生家というのがありました。
白河だったかな・・・?

萩さん

 榛名湖、是非いらしてください。夏にボートに乗ったり、秋に紅葉を見たり、楽しいと思います。(^_^)

 1枚目の写真、確かに「○○富士」と言えるようなきれいな円錐形ではないですものね。私は本当に迂闊です。(^_^;

 五街道制覇、おめでとうございます。大願成就ですね。

 朔太郎の生家跡は前橋市内にありますが、奥さんは白河あたりの出身でしたか。それは全く知りませんでした。

白河宿本町(もとまち)の説明板に
次のような記述がありました。

⑩萩原朔太郎の妻・美津子の生家
 この地は,日本を代表する大正・昭和期
の詩人である萩原朔太郎ゆかりの地である。
当地の大谷忠一郎は,家業の酒造業を営み
ながら詩人として活躍した。忠一郎は,萩
原朔太郎にも師事し,『北方詩人』などを主
宰した。萩原は,当地の忠一郎のもとを度
々訪ねており,そのような縁で忠一郎の妹
美津子とt昭和13年(1938)に結婚した。
          本町復起会

萩さん

 解説板の引用をありがとうございます。

 なるほど、朔太郎と奥さんとはそういうご縁でしたか。

 本当に、「ご縁」と感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61435413

この記事へのトラックバック一覧です: H27研修旅行(4・終)榛名湖、前橋文学館:

« H27研修旅行(3)宿へ。宿で。 | トップページ | 春の観光キャンペーン »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ