« ぐんまちゃんのぷにもっちぃ | トップページ | 本のデパート、大盛堂書店 »

2015年3月 6日 (金)

昔の渋谷駅のジオラマ

 今、渋谷駅周辺は大規模な再開発が進行中です。東急プラザも取り壊しになるということで、セールが行われています。6階では昔の渋谷の写真展が開催されています。

 子どもの頃から、渋谷が一番身近な大きな街でしたので、懐かしくて、先日見に行ってきました。会場は撮影禁止のため、昔の写真をカメラに収めることはできませんでしたが、会場の一角にあったジオラマは撮影可でした。これだけはバシバシ撮ってきました。

 ほぼ全体像です。左後方が東横デパート、その手前が東横線のカマボコ屋根。右後方が東急文化会館です。中央部はロータリー。今はバスばかりですけど、このジオラマでは都電が多いですね。
Shibuyadiorama01
 東横デパート。
Shibuyadiorama02
 東横デパートの屋上です。もっと昔には、このデパートはもっと低くて、屋上では小鳥などを売っていたという話を亡母(大正12年生まれ)から聞いたことがあります。
Shibuyadiorama03
 東急文化会館です。プラネタリウムに連れて行って貰ったり、ディズニーの映画を見に映画館に連れて行って貰ったりしました。三省堂もありました。右端には「フランセ」があります。このジオラマを見て、「ああ、そういえばあった」と思い出しました。
Shibuyadiorama04
 同じく、東急文化会館の入口付近のアップです。精巧に作り込まれています。
Shibuyadiorama05
 山手線です。これまた、ホームの人物など、精巧です。
Shibuyadiorama06
 会期は3月22日までです。興味のある方は是非。

« ぐんまちゃんのぷにもっちぃ | トップページ | 本のデパート、大盛堂書店 »

日常」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ジオラマの製作者です。突然失礼します。

詳しく紹介ありがとうございます。

もともと個人の楽しみで作ったもですが
今ではみなさんにご覧いただいています。
懐かしい・・・から発見まで、幸いに思います。
変わりゆく渋谷ですが、ジオラマを見て
いろいろ感じ、思い出して頂ければと思います。

個人的には当時は10歳でしたが、子供の目で見てオリンピック開催前、
特に昭和39年の前半は工事などで道路はドロドロに汚れ、車はあふれて交通渋滞。
駅は通勤ラッシュ、朝の時間帯は特に当時通勤の足であった都電もいっぱいでした。
映画や雑誌はその前年くらいから「戦争もの」があふれ・・・
そんな印象をあちこちに盛り込んでいます。

昭和39年の後半はオリンピックに向かい急激に街が綺麗に整備されて
今の東京の形ができて行った記憶があります。

自分もこのジオラマを作ってみて、忘れていた景色(かまぼこ駅舎内から見た都電ターミナル)を見出しました。

初恋天使さん

 なんと! このジオラマの制作者の方ですか。

 コメントを戴きまして、ありがとうございます。全く思いがけないことでした。♪

 私は東京オリンピックの時、中学1年生でした。ほぼ同世代ですね。

 いやぁ、すばらしい作品と存じます。極めて精巧ですよね。拝見しているうちに、あれやこれや記憶が甦ってきました。東急文化会館の正面に、各階の施設名が挙がっていますけど、地下1階の「東光ストア」という名称、すっかり忘れていましたけど、ジオラマを拝見して、そういえばあった、と思い出しました。

 個人的には、玉電で通学していましたので、玉電がないのは何とも残念ですが、そんな勝手は言えません。(^_^)

 本当にすばらしい作品を見せて頂いてありがとうございました。できれば会期末までにもう1度伺って、別の角度からの写真も撮らせて頂きたく思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61240829

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の渋谷駅のジオラマ:

« ぐんまちゃんのぷにもっちぃ | トップページ | 本のデパート、大盛堂書店 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ