« さくら餡入り鶴乃子 | トップページ | 役に立った信玄袋 »

2015年3月30日 (月)

「歌の古代を探る」

 一昨日の「古代史シンポジウム」に続き、また催し物のご紹介です。
Utanokodai01
 これは地元の、群馬県立土屋文明記念文学館の企画展です。会期は2ヶ月近くありますので、忘れずに行くことにします。
Utanokodai02
 土屋文明氏は、歌人であるとともに万葉集の研究者でもあるわけですが、この館の企画展は、従来、近代文学に関するものがほとんどでした。それを残念に思っていましたので、今回のテーマは嬉しいことでした。

 こちらでもまた上野先生のお世話になっています。(^_^)
Utanokodai03

« さくら餡入り鶴乃子 | トップページ | 役に立った信玄袋 »

万葉集」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

詳しいご案内ありがとうございます。前橋からはウイークデェイは一時間に1本あるのですが、土日祝日は2時間に1本ぐらいしかありません。24日の講演会は終了が15時30分でバスが15時45分発になります。思案・思案・・・という次第で・・・でも出かけたい思いでいっぱい・いっぱいでございます。ニュースをありがとうございます。

万葉子さん

 バスの本数、少ないですよね。もう少し便利にならないものかと思います。

 特に、こういう施設は平日よりも土日の方がお客さん、多いでしょうからね。

 24日は、時間が延びなければ、帰りのバスはちょうど良い感じでしょうか。行きにうまいのがあると良いのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61363310

この記事へのトラックバック一覧です: 「歌の古代を探る」:

« さくら餡入り鶴乃子 | トップページ | 役に立った信玄袋 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ