« ぐんまちゃんと羊 | トップページ | 親指シフト »

2015年1月 9日 (金)

烏川のコハクチョウ

 勤務先の最寄り駅から勤務先に向かう時に、烏川という川を渡ります。そこに毎年コハクチョウが飛来します。

 今シーズンもしばらく前にやってきました。それを写そうと思いながらも、出勤途中に川岸まで行っていたのでは遅刻してしまいます。といって、帰りにはもう日が暮れています。

 そんなことで、なかなか撮影の機会に恵まれませんでしたが、今日、やっと写せました。(^_^)
Kohakucho201501a
 数十羽います。

 群から離れて優雅に泳いでいるのも。
Kohakucho201501b
 コハクチョウの群とは別の所に黒いのが2羽いました。
Kohakucho201501c
 この写真はやや露出オーバー気味でこのような色になっていますが、見た目はもっと黒っぽいです。形は白鳥と同様ですね。コクチョウでしょうか。筒井先生にお教え頂きたく存じます。

« ぐんまちゃんと羊 | トップページ | 親指シフト »

動物」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

今朝の上毛新聞に、烏川に「黒鳥」到来の記事が載ってました。やはり黒鳥だったんですね。
そういえば、何年か前まで、前橋のバラ園に白鳥と黒鳥がいましたね。

しーちゃんさん

 おお! 今朝の上毛新聞に載っていましたか。わが報道は上毛新聞に先立つことができました。(^_^)

 黒鳥で正解だったのですね。

 つい最近知ったことですが、黒鳥は南半球に住んでいる鳥で、赤道を越えて北半球に飛来することはなく、北半球にいるのは人為的に移送されたのが繁殖したもののようです。

 鳥にも歴史ありです。

すみません、すこし慌しくしてゐて、この記事を見落してゐました。しーちゃんさんが書かれてゐるとほり正しく黒鳥ですね。オーストラリア原産、英名Black swan。

私は實見したことがなく、珍しい鳥だと思ひます。都内では5年前に練馬區石神井公園の池に飛來したさうで、やはり新聞に出たとのことです。

我國には20世紀半ば過ぎに移入され、茨城縣千波湖などで繁殖してゐるさうですが、手許にある日本野鳥の會刊『フィールドガイド日本の野鳥』には出てゐませんでした。Web上では
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/20480.html
http://forestwalk.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-ebbe.html
にまとまつた情報が見られます。

筒井先生

 ご教示頂きましてありがとうございます。

 すみません。厚かましくも指名してしまいまして。(^_^;

 単純に、白鳥に似ていて黒いから黒鳥かと思ったというだけの根拠でしたが、正解だったのですね。

 日本ではあまり見かけないとすると、これを間近に見られたのは幸いでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60948870

この記事へのトラックバック一覧です: 烏川のコハクチョウ:

« ぐんまちゃんと羊 | トップページ | 親指シフト »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ