« ぐんまちゃんから年賀状♪ | トップページ | やまさと応縁隊2014 »

2015年1月16日 (金)

舒明天皇陵? 蘇我蝦夷墓?

 昨夜のNHKニュースで、舒明天皇陵と見られる遺構が発見されたとの報道を何度か見ました。

 TVでは詳細が分かりませんでしたので、今日、新聞を読みました。

 それによると、明日香村から未知の巨大な遺構が現れ、石材を貼りつけた古墳の堀割と見られること。墳丘は失われているものの、規模は石舞台古墳よりも大きいとのことです。その石は、奈良県東部産の「榛原石」で、この石で墳丘を覆う古墳が造られたのは7世紀中頃に限られること、蘇我馬子の墓とされる石舞台古墳を上回る墓を築ける人物として、舒明天皇の名が浮上したとのことです。

 場所は、県立明日香養護学校のある場所で、甘樫丘の南端とのことです。亀石の北西ですね。

 舒明天皇陵に関しては、日本書紀に2つの記事があります。

 ・ア.息長足日広額天皇を滑谷岡に葬りまつる。(皇極元・12・21)
 ・イ.息長足日広額天皇を押坂陵に葬りまつる。(皇極2・9・6)

 一度葬られた後、わずか9ヶ月後に改葬されたようです。

 このうちイは、現在宮内庁が舒明天皇陵に指定する段ノ塚古墳(桜井市)が確実視されており、今回発見された遺構は、アに当たると考えられるとのことです。

 猪熊兼勝氏は、舒明の没後、妻の皇極天皇が即位すると、蘇我氏はそれまで力が均衡していた天皇家より優位に立った。蝦夷、入鹿父子は甘樫丘に邸宅を造って周辺を開発。丘の南端にあった舒明陵も改葬させたのでは、と推測しています。

 なるほど、と思います。この古墳の墳丘がいつごろ壊されたのかは分かりませんが、抜け殻になった天皇陵ならば壊されてもおかしくないように思います。

 一方、白石太一郎氏は、当時の飛鳥は蘇我氏の本拠地。蘇我氏と張り合った舒明がそこに墓を造ったとは思えない。とのことで、この遺構は蘇我蝦夷が生前に築いたと日本書紀に記された「大陵」と推測しています。

 これまた、なるほどです。

 今後の発掘調査や推定に注目して行きたいと思います。

 しかしまぁ、飛鳥でも未知の古墳が新たに発見されることがあるのですね。意外でした。

« ぐんまちゃんから年賀状♪ | トップページ | やまさと応縁隊2014 »

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

コメント

いやあ、また出てきましたね。
私の立場からすると、この遺跡が出てきた明日香養護学校の方々は、発掘の為に工事が遅れてちょいと困っているんじゃないかと心配するのですが、これほどの発見ですからねえ・・・いかんともしがたい。

そうそう・・・この遺跡については私の高校の先輩の石野博信先生が古墳じゃないんじゃないか・・・どなたか皇子級の人の住宅の石組じゃないのかって考えを毎日新聞に示していました。

三友亭主人さん

 出ますねぇ。思いもしないものが出てくるので、楽しみが尽きません。(^_^)

 確かに明日香養護学校では困っているでしょうね。でも、出てきたものが凄すぎると仕方がないですね。

 古墳ではない可能性もあるのですね。確かに発見されたのは遺構の一部のようですから、発掘が進めば、古墳ではありませんでした、となるかもしれませんね。

 やはり、注目し続けて行きたいと思います。

たしか推古朝に欽明の帝の大后だったかを改葬してませんでしたっけ?

単に改葬ブームだったのではないですかね。


蘇我氏専横とかいって、
氏族単位でくくって、地域と結び付けて、勢力の優位性で、判断してゆく白石さん的な発想法って、ふた昔前くらいによく見ましたけれど、アレ、どんな根拠なんですか?

義理人情、営利追求の前に、氏族単位の行動ってどれほど有効なんでしょうかね?
父系だけでなく母系もからむだろうし。

「日本古代史年表」見たら、
・636年「大派王、群卿百寮の朝参の怠りを指摘するが、蘇我蝦夷従わず(紀)」
・643年「入鹿、山背大兄王らを襲う」
・644年「蘇我蝦夷、入鹿、甘樫丘に邸宅を並び立てる、城柵、兵庫を作り、変に備える」、等々ありました。

 元々舒明天皇自体、蘇我蝦夷が推したから天皇になれたようですね。
 
 641年以前に、蘇我氏の本拠地、甘樫丘の南端に舒明天皇の墓を築いても不思議はないですが、643年には、桜井市の古墳に改葬したそうですよね。改葬自体珍しいものではないでしょうが、644年に蘇我氏が邸宅作った背景には、次の皇極天皇側との反目があるのでしょうかね・・・
 まぁどっちにしても、蘇我氏抜きにしては語れない遺物でしょうね。

 推古天皇20年2月に「皇太夫人堅塩媛を檜隈大陵に改め葬る。」という記事がありますね。

 欽明天皇のきさきであった蘇我堅塩媛を、欽明天皇陵に合葬したとの記事ですね。合葬したのは、欽明と堅塩媛とを両親とする推古天皇ということになりましょうか。

 改葬がブームだったとしても、天皇陵などでは費用も時間もかさみましょうから、人もやるから自分も、といった程度のことではなく、何かしかるべき理由がありましょう。同じような理由によるのか、理由は千差万別なのか。

 堅塩媛のケースは、推古天皇が両親を同じ墓で眠らせてやりたいと願ったという可能性が考えられると思います。あるいは堅塩媛の地位を向上させたいという蘇我氏の思惑がありましょうか。

 舒明天皇の場合も、改葬するにはするなりの理由がありましょう。蘇我氏によって甘樫丘南端の地を追われたというのは1つの説明になっていると思います。

たしか、平城京を作るとき、古墳をナデ切りにしてましたよね。
で、きちんとお祭りするのを怠らないようにとかいう詔がでてませんでしたっけ?

けっこう、ドライですよね。当時の為政者たち。

改葬されたというのは、
「追われた」というより、現世の者のためにお移りいただいたと云うほうがいいように思うんですけどネ。
また擁立者の蘇我氏だから和やかに改葬もできたことであるのではないかと思うのですよ。

惟光さん

 なるほど。確かに平城京を作るときに既存の古墳を犠牲にしていますね。その詔は記憶にありませんでしたが、きちんとお祭りすることで勘弁して頂くというのは、なかなか合理的な考えですね。

 「追われた」という表現は、確かに不穏当でありました。(^_^;

 改葬先が立派であれば、何とか了解して貰えそうですしね。

いやあ・・・盛り上がっていますね。
今日18日には橿原考古学研究所の現地説明会が予定されているのですが無理なので、昨日雰囲気だけでもと現地の方へ・・・まあ、たまたま香具山の方に用事があったので・・・出かけてみました。休日の事とて明日香養護学校の校門は固く閉ざされ、いつもと違うのはその前にガードマンで反なかったかと思いますが、見張りのような人が数人ちらほらと・・・はてさてこれからいかなる方向に発掘が進んで行くのやら、楽しみですね。

三友亭主人さん

 はい。皆さんがたくさんコメントをくださって、嬉しく、ありがたいです。♪

 現地説明会、きっと盛況だったことでしょうね。古代史ファン、多いですよね。

 私も行ければ行きたかったのですが、なにぶん遠方であり、そして、今日はセンター試験の監督でしたので、もういかんともし難かったです。(^_^; ま、たとえセンター試験でなくても、さすがに飛鳥にビュンというわけにはゆきません。

 三友亭主人さんは折角お近くなのですから、ご都合が付かず、さぞ残念だったこととお察し致します。

 今後の発掘が楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60984604

この記事へのトラックバック一覧です: 舒明天皇陵? 蘇我蝦夷墓?:

« ぐんまちゃんから年賀状♪ | トップページ | やまさと応縁隊2014 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ