« 親指シフト | トップページ | 佐野のわたし駅再び »

2015年1月11日 (日)

土屋文明記念文学館で出前&保渡田古墳群

 今日は群馬県立土屋文明記念文学館でオープンセミナーをしてきました。愛知大学教授の和田明美先生との掛け合いシンポジウムのような感じで、今回が3回目になります。今回のテーマは東歌の地名でした。私は「地名の果たす役割」という題で話をしました。和田先生の題は「東歌の地名と言語イメージ-上野国の地名を中心に-」です。

 二人、異なるテーマでありながら接点もあり、面白かったです。私のレジュメはこちら。地図は、実際の配付資料ではモノクロですが、ここではカラーでご覧いただけます。(^_^)

 会場に少し早く着いたので、隣接する古墳などを見てきました。

 復元した竪穴住居がありました。初めて見る気がしましたが、作りたてとは思えません。今まで見過ごしていたのでしょうか。(^_^; 背後の古墳は二子山古墳です。
Bunmei201501a
 竪穴住居の内部です。
Bunmei201501b
 別の角度から撮影。背後に見えるのは八幡塚古墳です。
Bunmei201501c
 八幡塚古墳です。手前の埴輪も初めて見るような気がしますが、これも今まで見過ごしていたのか?
Bunmei201501d
 左側は八幡塚古墳の後円部、中央部手前は外濠の中島(珍しいと思います)、右側は土屋文明記念文学館、中央奥は榛名山です。
Bunmei201501e
 記念文学館の敷地内にある山村暮鳥の詩碑。
Bunmei201501f
 同じく土屋文明の歌碑です。太陽の向きがちょうど良く、鮮明に撮れました。ただ、「文明」という署名が影になってしまったのが残念です。
Bunmei201501g

« 親指シフト | トップページ | 佐野のわたし駅再び »

公開講座等」カテゴリの記事

古代群馬」カテゴリの記事

コメント

 保渡田の古墳は何回か行ってますが、住居跡は前からあったように思います。手前の埴輪は覚えていません。本物ではなく、これも市民が作って焼いてる作品の一つでしょうね。本物は藤岡産の埴輪です。

 レジュメもありがとうございました。泡輪神社にある歌も載ってますね。阿波から移ってきた人たちと関係あるんでしょうかね。

しーちゃんさん

 住居跡は以前からあったようでしたか。見たところ確かに新しいようには見えませんでした。

 私が迂闊で気付かなかったのか、前に見たのを忘れているのか。(^_^; いずれにしても情けないです。(^_^;

 レジュメをご覧戴き、ありがとうございます。

 泡はアワ、阿波はアハなので、関係があるとみるのは厳しいかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60959855

この記事へのトラックバック一覧です: 土屋文明記念文学館で出前&保渡田古墳群:

« 親指シフト | トップページ | 佐野のわたし駅再び »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ