« 2015ぐんま冬国体 | トップページ | 前橋は積雪なし »

2015年1月29日 (木)

『日本地誌略字引』

 ネットオークションで入手しました。題簽が痛んでいますが、『日本地誌略字引』という本です。
Chishiryaku01
 奥付に依れば明治8年に刊行されています。
Chishiryaku06
 本文の第1ページはこんな感じです。ここは総説のような部分で、以下、旧国名ごとに、郡名や山川名、名所の名、産物などが列挙されています。「中央」という語の脇には「チユウワウ」というふりがながあり、下には「マンナカ」という説明があるなど、面白いです。
Chishiryaku02
 大和国の産物はこんな感じです。葛や墨は今も変わりませんね。
Chishiryaku03
 上野国の郡名の読みに興味を惹かれました。
Chishiryaku04
 群馬郡(この本では「群」の字が違っていますけど)に、「クルマ」と「グンマ」という2つの訓が付いています。右側に書いてある「クルマ」が正式な訓ということになりましょう。また、邑楽郡は今「おおら郡」と読みますが、ここには「ヲハラキ」とあります。

 群馬郡は古くは「車評」(くるまのこほり)で、和銅の郡郷名二字化の命令によって、「群馬」と表記されるようになりました。表記はこう変わっても、訓みは従来通り「くるま」のままで、江戸時代に至ってもなお「くるま」と読んでいた史料があります。

 邑楽郡は古くは「大荒城評」(おほあらきのこほり)で、母音連続を回避して、実際には「おはらき」と訓まれたとおぼしく、和名抄でもそう訓まれています。この郡名も二字化されて「邑楽」と表記されますが、訓みは従来通り「おはらき」であったと思われます。

 どちらの郡名も、表記は変わっても訓みは従来通りであったものが、やがて表記に引かれて、「ぐんま」「おおら」と変わったものと思われます。

 さて、この「やがて」がいつ頃なのかについてはあまり関心がありませんでしたが、こうして明治8年に至ってもまだ「くるま」「おはらき」と訓まれていることに驚きました。こんな時代まで古代の訓みが保持されていたのでしょうか。

 この文献の訓みが果して明治8年の実体を伝えるものかどうかは、定かではありませんね。この一冊には膨大な地名が載せられていますから、著者は果して1つ1つ確認を取ったのか。古い節用集などに依拠したものもあるかもしれません。そんなことの吟味も必要と思います。

 また別に思うことは、地元では古来から訓まれてきた読み方が表記に引かれて変わってしまうということは考えにくいことかもしれません。その土地以外の人が、正しい読み方を知らずに文字のままに誤読してしまい、それが多数派になったために地元でもそれを受け容れざるを得なくなって変化するのではないでしょうか。

 土井晩翠の名字は「つちい」なのに、多くの人が「どい」と読むので、本人も訂正するのが面倒になって諦めたというエピソードが思い浮かびます。

 そんなことを考えると、こうした地名の読み方が変化したのは、交通や通信が飛躍的に発達し、人の移動も盛んになった明治以降ということもあり得そうに思えます。

« 2015ぐんま冬国体 | トップページ | 前橋は積雪なし »

史料・資料」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

なかなか興味深いものを手に入れましたねえ・・・・お好きだなあ・・・

ざっと見て興味深かったのは「総論」の直後の「日本國」。
「『ニッポン』トモ云」とあってその後「外國ニテハ本州ヲ『ニッポン』ト云ヒ全国ヲ『ジャッパン』云フ」とありますよね。これって、当時の正当な認識なんでしょうかね・・・それとも?
そしてそれを受けるように「本州」には「・・・イフトコロノ『
ニッポン』コレナリ」とありますよね。ということは、北海道はやっと中央政府の権力が及び始めた頃であったから、これは別として九州や四国は「ニッポン」ではなかったことになる・・・?
どういうことなんでしょうかね?

そうそう「樺太」にも「カバフト」と振り仮名があって下に「カラフトトモ・・・」とありますよね。初めに「カラフト」なる地名があって、それに後から「樺太」という字面を当てたのかなと思うんですが・・・これなんかは今字面に引き寄せられずに今でも「カラフト」ですよね。

三友亭主人さん

 小さい字でしたのに、細かくご覧くださって、ありがとうございます。

 ご指摘、いずれもなるほどですねぇ。

 「本洲」の説明には、まず「四大島ノ中央ニ位ル大ヒナル土地ヲ云フ」とあって、これを読めば、我々なら、この「四大島」というのは、北海道、本州、四国、九州のことだと思いますけど、次の行の「四大島」の説明には「四国、九州、北海道及ビ樺太ヲ云フ」とあるので、「あれれ!」と思ってしまいます。

 本州は別格なのでしょうかね。ご指摘のように、「日本國」の説明には「外国ニテハ本州ヲ「ニッポン」ト云ヒ」とありますので、これと繋がりましょうか。記紀にも、本州(あるいは本州の西半分か)を「大倭豊秋津嶋」「大日本豊秋津洲」と言っていて、これまた「オホヤマト」ですよね。

 興味深いです。

 「カラフト」「カバフト」も興味深いですね。この本、細かく見ていったら、あれこれ出てくることでしょうね。何か見つかったら、またご報告しますね。

 著者の永田方正という人は、伊予西条藩士の子で、昌平坂学問所で学び、文久元年、24歳の時に西条藩主の侍講となり、後年はアイヌ語やアイヌ語の地名の研究をしたそうです。

 この本を出した明治8年の頃にはもうすでに地名に対して強い関心があったのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61055509

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本地誌略字引』:

« 2015ぐんま冬国体 | トップページ | 前橋は積雪なし »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ