« グランプリから3日 | トップページ | 全国大学国語国文学会弘前大会(1) »

2014年11月 7日 (金)

弘前なう

 明日・明後日、弘前で全国大学国語国文学会の大会がありますので、前日の今日、弘前に移動してきました。

 弘前駅に着いたときはもう夜で、コンビニに寄っただけでホテルに直行しましたので、今日はどこにも行っていません。初弘前ですが、多分どこにも行かぬまま帰ることになりましょう。(^_^;

 残念ではありますが、大会がメインなので仕方ありません。

 初弘前といいますか、これまで盛岡以北には行ったことがありませんでしたから、これで北限が北上しました。(^_^)

 東京駅で少し時間がありましたので、テツではありませんが、新幹線を撮りました。揃い踏みです。私が乗ったのは一番手前のはやぶさです。東京駅始発なので、指定席は取らなくても良いかと思ったのですが、念のために取ったら、全席指定でした。(^_^)
Zenkokuhirosaki01
 弘前駅には大きなリンゴのオブジェがありました。
Zenkokuhirosaki02
 弘前駅で買った駅弁。この駅弁は東京駅でも買えますので、できればここでしか買えないのを買いたかったのですが、ビビビッと来るのがなくて、これにしました。
Hotatedabe01
 帆立づくしでした。おいしゅうございました。
Hotatedabe02

« グランプリから3日 | トップページ | 全国大学国語国文学会弘前大会(1) »

研究」カテゴリの記事

駅弁」カテゴリの記事

コメント

源さん

私も前泊組です!仕事を終えてからまいりましたので、昨夜10時半に到着しました。
ただいま駅前のビジネスホテルに逗留中です。
午前中に市内をちょっと見て回ろうかと思います。
私も初青森です。
北海道は何度か出かけていますが、東北は北限が秋田まででしたので、北上しました!

せっかくの青森なのにどこにも行けず残念ですね。
私は東北の生まれながら、郷里にいたころはあちらこちらに旅行するような時代ではなく・・・
北はせいぜい中学校の遠足で出かけた平泉、南は小学校の修学旅行で出かけた会津ぐらいで、あとは家族で出かけた常磐ハワイアンセンターぐらい(奈良へは父の仕事の関係でしばしば着てましたがね・・・)。

ですから案外東北を知らないんですよ。かえって関西のほうをよく知っているほどで・・・
たまに帰郷しても目的が目的ですからあちらこちら回るようなことはあんまりなく・・・

今の青森だったらいいでしょうねえ・・・ちょいと寒いかな・・・・

晴南さん

 夜遅くのご到着、お疲れ様でした。

 午前中は市内を回られますか。そうですね、私も「どこにも行けない」などと言っていないで早起きすれば、お城くらいは行けるのに……。(^_^;

 私はまだ北海道に行ったことがありませんので、本当に北限です。これまでの北限盛岡に行ったもこの学会の折でした。それまでの北限は仙台・多賀城・松島です。

 では、2時間半ほど後にお目にかかります。(^_^)

三友亭主人さん

 意外と、灯台もと暗しということはありますよね。関東人の私も、出不精ということもあって、ずっと東京の一部と神奈川のごく一部しか知りませんでした。千葉に行ったのは学生時代、埼玉・群馬は院生時代、栃木は勤めてからが最初だったと思います。茨城は去年が最初でしたしね。(^_^)

 弘前はもう寒いとは聞いていたのですが、昨日、東京はわりと暖かでしたので、コートを着て行く気にはなれず、薄いダウンを手提げに入れただけでした。昨夜はこれで十分でした。今日の最高気温は12度だそうで、これで行けそうと思います。

源さん
本日はお世話になりました。
一足お先に弘前を失礼しました。
明日の朝、お城のあたりをお散歩なさいませ!とてももみじが美しかったですよ!!

晴南さん

 お目にかかれて嬉しゅうございました。

 懇親会、折角の会場でしたのに、残念でしたね。

 明日の朝、早起きすれば良いのですが、多分しないので、弘前城には行けなさそうです。折角遠くまで来たのに勿体ないことです。(^_^;

源さん

懇親会は残念だったなと思います。
会場となる料亭の前は朝の市内観光の際に通りましたよ、素敵なたたずまいでした。
シンポジウムはお三人目の途中で退席しましたが、刺激を受けました。
普段伺わない歴史学の視点や近代の視点の入った大きなお話が続き、いつもせこせこと重箱の隅をつつくような研究発表ばかりの日々を思うと、その先がみえてくるような気が致しました。
古代ではともすると空想の世界になってしまう他民族との攻防など、実感を伴って伺いました。
今日も含めもう二日ですか?
何もお手伝いできず恐縮いたします。

晴南さん

 北東北や北海道のことを知らない私には刺激的で面白かったです。もっと広く勉強せねばと思いました。

 その土地で、その地域のことをテーマにするのは良いですね。実感が湧きます。

 現代は学問が細分化されてしまっていますが、思えば、国学って、史学や国文学や国語学や民俗学を初めとするさまざまな領域にまたがる学際的な学問ですよね。

 必要なことだと思います。

晴南さん

 あ、答弁漏れ(?)がありました。

 私は今日で失礼してしまいます。明日の旅行はパス。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60614021

この記事へのトラックバック一覧です: 弘前なう:

« グランプリから3日 | トップページ | 全国大学国語国文学会弘前大会(1) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ