« 群馬は下から2番目 | トップページ | 天理をふらふら »

2014年10月10日 (金)

京都をふらふら

 突然ですが、奈良の橿原に来ています。明日・明後日、天理大学で萬葉学会があるため、今日、こちらに移動してきました。

 途中、乗り換えの京都で、少し外を歩きました。行き先は赤穂浪士の小野寺十内の妻女丹さんのお墓です。京都駅からそう遠くない位置にあるようなので、チャンスがあればと思っていました。

 場所は五条堀川の交差点の北西です。

 西本願寺の東沿いの道(堀川通り)を北上して行くとこんな碑がありました。佐女牛井(さめがい)の碑です。源頼義以来、義家、為義、為朝、義経が拠点とした源氏六条堀川邸内にあり、京の名水の1つとして、村田珠光や千利休も愛用したと伝わります。
Samegai
 丹さんのお墓はカギのかかった柵の中にありました。
Tanjo01
 柵の前に標柱が立っています。
Tanjo02
 柵の隙間から撮りました。
Tanjo03
 五条堀川の交差点近くにこういう自販機がありました。地味な茶色です。京都の景観に配慮したものでしょうか?
Kyojihanki
 帰りは、同じ道を通るのもつまらないので、東に進んで南に折れ、東本願寺の東沿いの道(烏丸通り)を南下しました。

 東本願寺の門前に猫が5匹いました。場所が広いせいか、5匹、距離をとって陣取っています。
Ohigashineko01
 アップです。
Ohigashineko02
 もう1枚。
Ohigashineko03
 屋根の上には鳥がいました。何でしょう? 鷺でしょうか。風情のある場所に似つかわしい鳥でした。
Ohigashitori
 東本願寺は工事中でした。左右に工事のための覆い屋があります。中央は京都タワーです。
Ohigashikouji
 宿の部屋から見た二上山です。
Futakami20141010
 この宿のフロントのお姉さん、フレンドリーな人で、目ざとく私のネクタイのぐんまちゃんを見つけて、「かわいいですね」と声を掛けられました。嬉しかったのですが、続けて、「牛ですか?」と言われました。(^_^;  出雲の時と一緒。

 ぐんまちゃん、知られていません。ゆるキャラグランプリ第1位なのに……。懇切に布教活動をしておきました。

 学会で、三友亭主人さんや晴南さんにお目にかかれるのを楽しみにしています。惟光さんにもお目にかかれるのかな。

« 群馬は下から2番目 | トップページ | 天理をふらふら »

史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

もう奈良においででしたか。
橿原というと駅の傍のあのホテルですね。
二上山の夕暮も素敵ですね。

明日はよろしくお願いします。わたしも懇親会の方を申し込んでおきましたし・・・

三友亭主人さん

 はい。早々ともう来てしまいました。(^_^;

 例のホテルです。どこが便利か迷ったんですけど、お気に入りのここにしてしまいました。天理に行くにはJR奈良駅近辺が便利だったかもしれませんね。

 このホテルを予約するときは、いつも、「可能であれば西側の部屋をお願いします」とリクエストしています。大抵実現して、二上山や畝傍山を見ることができます。(^_^)

 明日、初対面を楽しみにしています。どうぞよろしくお願い致します。

二上山、綺麗ですね~。
左女牛井はまだ行ったことないので、今度京都にいったときに付近を歩いてみることにします。情報感謝。

惟光は古事記学者(笑)なので万葉学会には入っていませんので、連休は
神話学者のあの指揮者の方と山中湖で合宿練習です。

今日明日は天気がもつでしょうかね。
朝のお散歩、おきばりやす。

源さん

お早い到着で。
私は、うっかりと参加の申し込みを忘れておりまして、本日懇親会の申し込みをいたします。(^^;)
三友亭さんとは源さんつながりでご挨拶できるとうれしいです。
また、源さん、会場でお目にかかります。
私の発表は…。
データベースの作成は、巻1の半分も終わりませんでした。どうしよう…。

惟光さん

 佐女牛井の碑は堀川通りに面して建っていますので、見つけやすいと思います。通りの西側です。

 神話学者の指揮者の方は川原湯仲間です。というか、元締めでした。(^_^) よろしくお伝えください。

 朝のお散歩はせずに、まだ宿でうだうだしています。折角前泊しているのにね。(^_^; 今日は、会が始まるまで、天理市内と石上神宮あたりをふらふらしてきます。

晴南さん

 懇親会では、発表者の方はご挨拶させられるのでしょうかね。学会によって違いますよね。

 三友亭主人さんとは我々初対面となりますね。楽しみです。

 発表は、「限られた時間ですので、特に巻一前半について詳細に述べることに致します」で、OKですよね。(^_^)

源さん

頼もしいお言葉をありがとうございます。
今晩、簡単でも、おおよそ巻1全般くらいは写真で確認しようと考えております。

三友亭さんは、源さんも初対面なのですね。
楽しみです。
発表者の挨拶があったら、間違いなく対面できるでしょう。
そちらの方が気になって、そわそわしそうです。

晴南さん

三友亭主人さんは長身でいらっしゃるそうなので、それを目印にしようと思っています。

私の目印はぐんまちゃんのネクタイです。他にそういう人がいるとは思えません。(^_^;)

今日はネクタイピンにもご注目いただければと思います。(^_^)

> > 屋根の上には鳥がいました。何でしょう? 鷺でしょうか。

蒼鷺(あをさぎ)です。我國で見られる鷺科のうちでは最大級で、體長1メートル近くにもなる留鳥です。

諒軒さん

 ご教示ありがとうございます。

 そうでした。鳥のことなら諒軒さんにお伺いするのが早道で確実でした。(^_^)

 蒼鷺でしたか。とすると、「鷺でしょうか」というのも丸ハズレではなかったようで、ほっとしました。(^_^;

 確かに大きな鳥でした。

 ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60455759

この記事へのトラックバック一覧です: 京都をふらふら:

« 群馬は下から2番目 | トップページ | 天理をふらふら »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ