« 文学の秋、文学の群馬 | トップページ | 群馬学連続シンポジウム »

2014年10月22日 (水)

かぶってしまった山村暮鳥

 昨日のブログで、群馬の文運隆盛振りをご披露しました。

 高崎の土屋文明記念文学館では山村暮鳥展、館林の田山花袋文学館では藤村・花袋展が開催されるというものでしたが、県内にはもう1つ、前橋に萩原朔太郎記念前橋文学館があります。

 この文学館では何か特別展があるのだろうか、それを確かめてから3つセットでブログに書けば良かったかなぁ、などと思いつつ調べてみましたら、前橋文学館の展覧会も山村暮鳥でした。(^_^;
H26bocho03
 生誕130年ということでかぶってしまったのでしょうが、調整しなかったのでしょうかね。それとも、蓋を開けてから双方で「あっちゃー!」となってしまったのか。土屋文明記念文学館の館長様は勤務先のOBで、よ~く存じ上げていますので、今度伺ってみることにします。(^_^)

« 文学の秋、文学の群馬 | トップページ | 群馬学連続シンポジウム »

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60528809

この記事へのトラックバック一覧です: かぶってしまった山村暮鳥:

« 文学の秋、文学の群馬 | トップページ | 群馬学連続シンポジウム »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ