« 天理をふらふら | トップページ | 萬葉学会2日目 »

2014年10月12日 (日)

萬葉学会第1日目

 昨日の記事は天理大学に着いたあたりで終わってしまいましたので、その続きです。

 今回の大会では、三友亭主人さんと初めてお目にかかれて、とても嬉しかったです。穏やかなお人柄が感じられましたが、芯の強さも感じました。怒るとたぶん怖い先生でいらっしゃるのではないかと拝察致しました。(^_^)

 天理大学です。大会の会場は別の建物ですが、この建物、威容を誇っています。
Tenridai
 学会挨拶の、学会代表・京都大学名誉教授の内田賢徳先生。
H26manyo01
 講演の、奈良女子大学名誉教授の奥村悦三先生。「よみを問う、ことばを探る」という演題で、上代の作品を訓読することの難しさと、文書のようなものは果して訓読していたのかという内容のお話しでした。
H26manyo02
 同じく講演の、奈良女子大学名誉教授・高岡市万葉歴史館館長の坂本信幸先生。「天理と万葉歌」という演題で、柿本人麻呂と石上との関係、石上という地名のうたわれ方に関するお話しでした。
H26manyo03
 萬葉学会奨励賞受賞のお二人。
H26manyo04
 アトラクションの、天理大学雅楽部による雅楽演奏。学会の大会でアトラクションがあるというのは珍しいのではないでしょうか。演奏は林邑楽とのことでした。装束は信西古楽図を参照したとのことです。雅楽部というからには部活なのでしょうが、レベルの高さを感じました。国内各地でコンサートを催している他、海外へも演奏に行っているそうです。
H26manyo05
 今回の大会にはこういうネクタイピンをして行きました。頂き物です。天理市にぴったりの品と思います。(^_^)
H26manyo06
 ただ、あまり気付かれず、自分の方からアピールしました。最初にお見せしたのは乾先生でしたか。続いて、蜂矢先生、三友亭主人さん、晴南さんなどなど。(^_^)

 ホテルのフロントで、「牛ですか?」と言われたのは、このぐんまちゃんです。(^_^;

« 天理をふらふら | トップページ | 萬葉学会2日目 »

研究」カテゴリの記事

コメント

私たちが在籍していた頃は、一番上の写真の建物と図書館前の外国語学部研究棟、そして道を挟んだふるさと会館(講演会のあった場所)のちょいと北側にプレハブで国文学国語学科の研究室があったのみでした。

隔世の感しきりです。仕方ないですよね、もう30年もたっているのですから。

そうそう、雅楽部の方は私たちが在籍していた当時は宮内庁雅楽寮に次いだ位置にあると聞かされていたものでした(今はどうなのか知りませんが・・・)。

そんでもって、これもまた今から30年以上前になりますが・・・薬師寺の西塔の落慶法要だったか東大寺の何だかのために、長年途絶えていた伎楽なんてのも復元したりしていました。

奈良へは何度か出かけたことがございますが、天理へは一度もございません。大学の建物は立派で古都にふさわしい雰囲気で・・・いつ頃建てられたのでしょうか。ホントご立派。さてと、ここで、ぐんまちゃんからのお願い・・・ネクタイピンでぼくの目を隠さないでネ先生お願い・・・と言ってますよ。

三友亭主人さん

 建物はずいぶん変わってしまったのですね。

 あれこれ思い出してみるに、天理参考館も今の場所でしたでしょうか? あの建物、前はなかったような……。

 天理図書館に行くときに、近くに野球場があって、天理高校の生徒さん達が練習していたように思います。あの野球場、移転してしまったのでしょうか?

 雅楽部は歴史があるのですね。そして、以前からハイレベルだったことが偲ばれます。

 今回、街中で天理教の黒いはっぴを着た若者をたくさん見かけましたが、いずれも感じよかったです。それで、今ちょっとあのはっぴが気に入っています。売っていそうなお店があったので買えば良かったかなぁとか、通販を調べて、通販でも買えそうだと分かって、どうしようかなぁと思ったり、心が揺れています。(^_^)

万葉子さん

 私も写真を見て、「ありゃ!」と思いました。

 ネクタイピンを着けた時点では大丈夫だったのですが、段々ずれてしまったようです。可哀想なことをしました。

天理参考館は、場所を移動しました。
以前は天理教本部の東の建物にあったのですが、10数年前に移動しました。
実は先日私のブログによく来てくださっていらっしゃる薄氷堂さんが大和に来ておられまして、参考館の方のご案内いたしました。

野球場はだいぶ南の西乗鞍古墳の南側に移動しました。かなり立派な野球場になりましたよ。
そして源さんが覚えていらっしゃる野球場の後に天理大学の研究棟が立っています。

雅楽部は天理教でも使われますので、主には天理教の教会關係の子弟の方々が入部していらっしゃいます。
そうして、技術を身に着けて自分の教会に返って行くみたいです。

あのはっぴは似合う人と似合わない人がいまして・・・源さんはどっちかというとにあうたいぷかな・・・なんて思いますね。女の人なんかはあれが似合う似合わないが一つの基準で「はっぴ美人」なんて言葉もあったりして・・・かなり前の話ですが・・・

三友亭主人さん

 あ、天理参考館も野球場も移転したのでしたか。道理で。

 懸案の、芳月の場所探しで、当時の記憶を辿ろうとしても、どうにも辻褄の合わないところが出てきてしまって。(^_^; 道は多分ほとんど変わっていないはずなのに、建物などが変わってしまっていると、記憶と整合しません。

 芳月から天理図書館に向かう途中、やや北にプールがあったような記憶があります。地図を見ると、このプールはまだあるようですね。とすると、芳月の位置は、川原城の交差点の東ということになりそうです。

 雅楽部のメンバーにはそういう秘密(いや、別に秘密ではないですね)があったのですね。

 私は、あの黒いはっぴ、似合いそうですか。嬉しいです。買っちゃおうかなぁ。(^_^)

 はっぴ美人って、分かる気がします。あれが似合う人は良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60468240

この記事へのトラックバック一覧です: 萬葉学会第1日目:

« 天理をふらふら | トップページ | 萬葉学会2日目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ