« 萬葉学会2日目 | トップページ | 阪神×近鉄つながって5周年 »

2014年10月14日 (火)

天理大学の宣伝3件

 萬葉学会でお世話になった天理大学でいくつかチラシを貰いました。そのうち3つご紹介します。

 まず、天理図書館の手紙展。これ、良寛の手紙が発見されたということで、新聞記事で読んだ記憶があるのですが、その良寛の手紙を含め、29点が展示されます。
Tenritegamiten
 手紙の差出人は以下の面々です。

藤原定家、後花園天皇、板倉勝重、伊達政宗、伊藤仁斎、井原西鶴、松尾芭蕉、雨森芳洲、賀茂真淵、与謝蕪村、本居宣長、上田秋成、良寛、小林一茶、滝沢馬琴、頼山陽、宇田川玄真、野村望東尼、西郷隆盛、久坂玄瑞、新島襄、森鴎外、夏目漱石、南方熊楠、正岡子規、徳冨蘆花、樋口一葉、谷崎潤一郎、石川啄木

 誠に壮観です。残念なことに、会期は19日からなので、見学することはできませんでした。大古事記展も会期が合っていなくて、残念でした。

 続いて、天理図書館善本叢書の新版。
Tenrishinzenpon01
 カラーの高精細で撮り直し、解題も新たに作成しての出版のようです。何冊か買いたいものはありますが、現行版も、必要なものは持っていたり、勤務先の図書館で閲覧することはできますので、購入するかどうか、ちょっと微妙です。同様に考えている方は多いのではないでしょうか。
Tenrishinzenpon02
 そして、雅楽部のチラシです。
Tenrigagaku
 字が小さいですが、10月25日に第46回天理公演、2月15日に広島公演、2月22日に第40回東京公演、3月7日に第34回大阪公演などが組まれています。

 すごいです。

« 萬葉学会2日目 | トップページ | 阪神×近鉄つながって5周年 »

研究」カテゴリの記事

コメント

雅楽部の演奏会は何度かいったことがありますが本当のおすすめものです。
萬葉学会の時は気を利かすてくださって「平安時代」以前のものは聞くことが出来なかったのですが、それも演奏会に行けば聞くことが出来るでしょうし、それに演目の中には珍しい「伎楽」も書いてあります。

「手紙」展ですが、ご存知かもしれませんがこの時期天理図書館では毎年このような展示会が行われています。天理教の秋の大祭に合わせているようです。そして、毎年同じ内容の展覧会が次の年の五月ごろ東京の神田、天理ギャラリィーにて行われますので、それまでお待ちいただければ・・・と思います。

三友亭主人さん

 雅楽部の公演、本当に心惹かれます。私は雅楽をナマで聞いたのは先日が初めてだったかもしれません。

 あ、天理図書館の展示は、翌年、神田で出開帳が行われるのでしたね。待つことに致します。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60480335

この記事へのトラックバック一覧です: 天理大学の宣伝3件:

« 萬葉学会2日目 | トップページ | 阪神×近鉄つながって5周年 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ