« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

ニューデイズ&ゆるキャラ

 今日、高崎駅のニューディズに寄ったら、パンのコーナーに、くまモンやらさのまるやら、ゆるキャラの絵が袋に描いてある品が並んでいました。パンの種類はゆるキャラ毎に異なります。

 ぐんまちゃんのパンもありましたので、どんなパンなのかよく見ないまま買ってしまいました。(^_^)
Gunmac_pan
 他にいくつか買い物をしれレジに行くと、クリアファイルを呉れました。ゆるキャラのパンを買うだけでクリアファイルが貰えるとすると、随分太っ腹です。店員さんに聞いてみたら、対象商品(ゆるキャラパンですね)を含めて500円以上の買い物をすると呉れるのだそうです。
Newdays_gotochi
 500円なら、クリアファイルを毎日1枚ずつ貰えそう。(^_^)

 よく分からぬまま買ってきたパンの中身は、群馬県産豚肉を使ったボロネーゼ&ポテトでした。

2014年10月30日 (木)

『歴史手帳』リニューアル

 吉川弘文館の『歴史手帳』が60年ぶりに全面改訂されました。奥付には、1954年(昭和29)11月20日 第1版とあります。日本史好きの私は、高校生の頃に初めてこれを買ったのでしたが、その遥か昔から出ていたのですね。これ程の歴史があったとは思いませんでした。
Rekitecho01
 判型が大きくなって、文庫本サイズになりました。内容も更新されたし、紙面が広くなったので見やすくなりました。
Rekitecho02
 今、スケジュール帳は下の写真の右側のを使っているのですが、これくらいの大きさの差ならば、『歴史手帳』に変えられそうに思います。
Rekitecho04
 スケジュール面、やや狭いですけど、1日に幾つもスケジュールが重なることはそうはありませんので、大丈夫そうです。
Rekitecho05
 この手帳、抽籤でリニューアル記念プレゼントが貰えます。吉川弘文館がこういう企画をするというのは極めて珍しいのではないでしょうか。
Rekitecho03
 そのうちのC賞100名様は「小社出版物よりお好きな1冊」が貰えるのですが、金額の制限が書いてありません。どうなんでしょうね? まさか、いくらの本でもOKというわけではないでしょうねぇ。

2014年10月29日 (水)

グランクラス

 長野新幹線のE7系のグランクラスに乗ってしまいました。(^_^;

 いえ、かねてから気になっていて、いつか乗ってみようと思いつつ、高そうなので、踏み切れませんでした。

 明日、東京で会議がありますので、今日、東京に移動することにしていました。ところが、群馬の勤務先での会議が遅くまでかかってしまったので、東京に向かう新幹線の車中で夕飯を取ることにしました。車中で食事をするのに、隣の席に人が座っていると、肘が当たって迷惑かもしれない、というやや(かなり)強引な理由で、乗ってしまったのです。(^_^;

 座席は、通路を挟んで、一方が一人掛け、もう一方が二人掛けという贅沢なものでした。
Granclass01
 こんな操作盤が付いていました。座席は複雑に動かせるようです。私はそのままで十分でしたので、全く動かしませんでした。貧乏性かも。(^_^;
Granclass02
 座り心地は良かったのですが、贅沢すぎて、居心地はちょっと悪かったです。貧乏性かも。(^_^;

 降りる頃になって、座席の使用説明書があるのに気付きました。コンセントはもちろん、読書灯など、あれこれの装置が付いているようです。
Granclass03
 高崎から東京への移動でしたが、お値段は、自由席新幹線で高崎・東京往復して、もう少し移動できるほどでした。倍ちょっとですね。

 もう乗ることはないかもしれません。(^_^;

2014年10月28日 (火)

静岡方言かるた

 ネットオークションで手に入れました。方言かるたって、いろいろな県のが作られているようですね。山形、栃木、群馬などのを確認しています。
Shizucard01
 このかるたは、テレビ静岡制作で、読み札を読んだCD付きです。読み手はテレビ静岡のアナウンサー。
Shizucard03
 静岡も広いし、かつては、遠江、駿河、伊豆の3国から成っていたわけですから、ひとくちにざっくりと「静岡方言」と言ってしまって良いのだろうかという気もしますが。

 取り札を何枚かご紹介します。
Shizucard02 が:がんこがんこだに(※すごく頑固だよ)
け:けっこい花を部屋いっぱいに飾らまい。(※きれいな花を部屋いっぱいに飾ろう。)
と:とびっくらで一等賞!(※徒競走で一等賞!)
ぬ:ぬくとい風呂はたまらんけねぇ。(※温かいお風呂はたまらない。)
ま:まめったい男が近ごろモテモテだっちょー。(※かいがいしい男が近ごろモテモテだそうだ。)
る:るすから聞こえるネズミの鳴き声。(※天井裏から聞こえるネズミの鳴き声。)

 「けっこい」というのを見て、学生時代の友人の斎藤くん(浜松出身)が使っていたなぁ、と思い出しました。もう40年も昔です。「けっこい」とは関係ありませんけど、彼は銀行のキャッシュカードを持たなかったんです。カードがあるとすぐにおろしてしまうからと。(^_^) しっかりしていました。

2014年10月27日 (月)

峠の釜めしにピンクリボンの掛け紙

 一昨日、峠の釜めしのポスターを見たせいでしょうか、食べたくなってしまい、今日の夕飯に買いました。ほんと、ちょろい客です。(^_^;
Kamameshi_pink01
 東京のスーパーと違って、高崎駅ではいつでも売っています。(^_^)

 この釜飯、掛け紙がいつもと違います。ピンクだし。

 見ると、ピンクリボン活動に協賛しているという趣旨でした。
Kamameshi_pink02
 峠の釜めしの掛け紙は、善光寺ご開帳記念やら、富岡製糸場世界遺産登録応援やら、さまざまなバージョンを作っていますので、普通の掛け紙がどんなのだったか、忘れてしまいました。(^_^)

 隅っこにはこんなマークが。
Kamameshi_pink03
 このぐんまちゃんちょっとヘンじゃないですかね。口の位置が上過ぎるのかなぁ。(^_^; 全体的にも、なんか違うような。(^_^;

2014年10月26日 (日)

上野三碑も世界遺産登録を目指して

 こんなチラシを見ました。
Kozuke3hi_sekai01
 上野三碑の世界記憶遺産登録を目指そうという動きが始動したようです。11月1日(土)に高崎でシンポジウムが開かれます。会場は高崎駅に隣接するビルの中ですので、行きやすい場所です。

 ぐんまちゃんも来るようですので、行ってこようと思います。
Kozuke3hi_sekai02
 いえ、それは冗談で、ぐんまちゃんには関わらず、行ってみようと思います。(^_^)

 午後からは、バスを使っての、解説付きの上野三碑ツアーもあるようです。でも、この日と翌日は勤務先の大学祭ですので、高崎会場だけで失礼しようと思います。
Kozuke3hi_sekai03

2014年10月25日 (土)

峠の釜めし完売

 今日は卒論の中間発表会でした。毎年恒例の行事で、この時期にやっています。時期的にはもう終盤なんですけどね。(^_^;

 かなり進んでいそうな学生さんやら、かなり厳しそうな学生さんやら、さまざまとみました。

 ま、例年、「間に合うのかなぁ?」と思えた学生も、多くは最終的にはそれなりに形をなしてきます。最後の追い込みはなかなか侮れません。いえ、侮ってはいませんけどね。(^_^)

 それが終わって、東京に移動してきました。

 近所のスーパーの入口にこのようなポスターが貼ってありました。
Oginoya_tokyu
 思いがけないところで峠の釜めしに出会いました。「好評につき終了しました」という貼り紙が貼ってあるところを見ると、完売のようです。もっとも、私が立ち寄ったのは7時過ぎですので、もうとっくに販売時間は過ぎていますけど。でも、こういう貼り紙があるところを見ると、時間前に完売したものと思います。

 群馬の駅弁が人気で、なんか嬉しいです。私はぐんまちゃんは好きですけど、群馬県が好きかどうかは定かではなかったのですが、もしかしたら群馬県も好きなのかもしれません。(^_^)

 この写真を撮っている時、通りすがりの人に不審な目で見られました。確かにヘンですよね。(^_^; 「報道の使命は重い」と思いつつ、耐えました。

2014年10月24日 (金)

富岡製糸場の建造物、国宝へ

 今日はまた、月に一度県庁方面に行く日でしたので、県庁に寄ってきました。

 正面玄関から中に入ると、正面の吹き抜けにど~んと垂れ幕が下がっていました。
Tomioka_kokuho01
 また、玄関ホールには、富岡製糸場の模型が展示してありますが、その脇にもど~んと立て看板が設置してありました。
Tomioka_kokuho02
 模型の各建物に付けられている解説プレートにも「国宝」の文字が。プレートの色が違いますので、「国宝」プレートがあとから付加されたものであろうことを伺わせます。
Tomioka_kokuho03
 恒例により、地下売店にも立ち寄ってみました。何か新しいぐんまちゃんグッズがあるかと思い、いつも立ち寄ることにしています。

 そうしたら、新しい売り場ができていて、ぐんまちゃんグッズは全部、そちらに移っていました。新製品があれこれ出るので、置ききれなくなって、独立させたそうです。ぐんまちゃんグッズだけ固まっていて、探しやすいです。今までの売店は、ぐんまちゃんグッズがなくなって、広くなったような感じでした。(^_^)

2014年10月23日 (木)

群馬学連続シンポジウム

 よそ様の企画展のことばかりご紹介してきましたが、来月、勤務先でもシンポジウムがあるのでした。(^_^)

 毎年2~3回開催している群馬学連続シンポジウム、来月29日(土)に第27回目が開催されます。今回のテーマは伊香保温泉です。
Gunmagaku27c
 これまで26回も回を重ねて、群馬を多角的に考えてきたのですが、温泉をとりあげたことはまだ1度もありませんでした。そこで、今回の伊香保温泉を皮切りに、今後数年にわたり、年に1回は温泉をとりあげることになりました。来年は草津ですかね。まだ何も決まっていませんけど。

 このポスター兼チラシのデザインは、いつものように本学美学美術史学科の高橋教授です。毎回、すばらしいデザインをしてくださっています。

 ちなみに前回のポスターは以下の通りです。毎回、鶴舞う形の群馬県の地図が中央に大きく描かれているのは共通です。その制約の中での工夫、「今度はどんな風に?」と、毎回楽しみです。♪
Gunmagaku26c
 このシンポジウム、まだ1ヶ月以上先なので、ちょっと早いかと思いましたが、日が近づいたらもう1度ご紹介してもよいかと思い、載せることにしました。

2014年10月22日 (水)

かぶってしまった山村暮鳥

 昨日のブログで、群馬の文運隆盛振りをご披露しました。

 高崎の土屋文明記念文学館では山村暮鳥展、館林の田山花袋文学館では藤村・花袋展が開催されるというものでしたが、県内にはもう1つ、前橋に萩原朔太郎記念前橋文学館があります。

 この文学館では何か特別展があるのだろうか、それを確かめてから3つセットでブログに書けば良かったかなぁ、などと思いつつ調べてみましたら、前橋文学館の展覧会も山村暮鳥でした。(^_^;
H26bocho03
 生誕130年ということでかぶってしまったのでしょうが、調整しなかったのでしょうかね。それとも、蓋を開けてから双方で「あっちゃー!」となってしまったのか。土屋文明記念文学館の館長様は勤務先のOBで、よ~く存じ上げていますので、今度伺ってみることにします。(^_^)

2014年10月21日 (火)

文学の秋、文学の群馬

 職場にいろいろなチラシが回ってきます。

 群馬県立土屋文明記念館では「山村暮鳥」の展覧会を開催中です。生誕130年記念展だそうです。
H26bocho
 また、館林市の田山花袋記念文学館では「藤村と花袋」の展覧会が今週土曜日から開催されます。こちらは館林市制施行60周年記念だそうです。
H26katai
 花袋記念館の方は、会期中に3回、展示解説会があります。文明記念館の方では、記念講演会が3回。競争のようですね。良いことです。(^_^)

 大学の国文学科は減少傾向にありますし、国語国文学関係の学会の会員も減っているようですが、そんな中で、県内各所でこういう展覧会が開催されているのは嬉しいことです。

2014年10月20日 (月)

対比:七支刀

 どうもこだわりが過ぎていけません。(^_^;

 昨日の朝倉山のオニさんのコメントに触発されて、七支刀の本物とネクタイピンとを並べてみることにしました。

 七支刀の本物の写真は、先日石上神宮に行ったときに購入したクリアファイルを使いました。2枚一組で、1枚が表、もう1枚がウラです。そして、両方とも片面が全体像、別面が3分割の拡大像(釈文付き)です。
7shito04
 左がネクタイピンです。実物と比べると線が太くなってしまっていますが、かなりよくできていると思います。
7shito03

2014年10月19日 (日)

満徳寺の『親父の小言』展

 こんなチラシが回ってきました。群馬県太田市の満徳寺資料館でこのような展覧会が開催されています。
Oyajikogoto01
 満徳寺は、鎌倉の東慶寺と並んで、江戸幕府から公認されたただ2つの縁切り寺です。

 『親父の小言』というのは、恥ずかしながら知りませんでしたが、ネットで検索すると、画像がいろいろと出てきます。処世訓のようなもので、これを書いた湯呑み、額、手ぬぐいなど様々なグッズが販売されているようです。

 この『親父の小言』は、福島県浪江町の大聖寺の昭和3年版45ヶ条が起源とされていたそうですが、昨春、法政大学講師の小泉吉永氏がネットオークションで嘉永5年版を入手されたそうです。こちらは、昭和版45ヶ条の内容全てを含む81か条からなっているとのことで、昭和版の祖本ですね。

 さらに吉永氏は成田山仏教図書館に明治元年頃の版(こちらも81ヶ条)があるのも確認したそうで、今回の展覧会にはこの3本が一堂に会しています。
Oyajikogoto02
 ネットオークションもなかなか侮れません。いえ、全く侮っていません。ネットオークションはワンダーランドです。(^_^)

 81ヶ条に中には次のような項があります。
「朝早く起きろ」
「人に恥をかかせるな」
「人を羨むな」
「恩はどうかして返せ」
「子供の頭を打つな」
「人には貸してやれ」
「生き物を殺すな」

2014年10月18日 (土)

精密な七支刀ネクタイピン

 先日ご披露した七支刀のネクタイピン。
H26manyo06
 刀身に何か文字のようなものが書いてあるのは承知していたのですが、単にイメージのようだと思っていました。そもそも私の目ではよく見えません。
7shito01
 ところが、ふと思い立って、アップで撮って拡大して見たらこんな具合でした。
7shito02
 まさか、これほど精巧な出来だとは思いませんでした。石上神宮、侮れません。いえ、侮ってはいませんでしたけど。(^_^;

2014年10月17日 (金)

富岡製糸場の建物、国宝に指定へ

 NHKのニュースに依れば、今日開かれた文化庁の文化審議会が、富岡製糸場内の3つの建物を新たに国宝に指定するよう、文部科学大臣に答申したとのことです。

 これまで、富岡製糸場は国の史跡には指定されていたのですが、今回、施設内の建造物が国宝に指定されることになったわけです。

 これらの建物は、木造の骨組みに、れんがを積み上げた木骨煉瓦造といわれる造りで、明治初期の日本が独自に開発した和洋折衷の構造だそうです。

 実は、群馬県には山上碑、多胡碑、金井沢碑という古代の石碑が3基、それぞれ国の特別史跡に指定されているものの、国宝は1件もありませんでした。これでやっと群馬県内にも国宝が誕生する運びになります。

 折しも最近入手したタオルです。(^_^)  記事とは関係ありません。
Gunmac_tomiokat01
 同封されていた解説です。
Gunmac_tomiokat02

2014年10月16日 (木)

天理今昔

 ちょっと執念のようになってきました。(^_^;

 三友亭主人さんからのコメントで、野球場も天理参考館も40年前と今とではその場所が違うことを教えて頂きました。とすれば、これは40年前の地図を見ないと私の記憶はよみがえらないのではないかと思いました。

 地図はどこかで見つかると思いますが、ネットで捜しているうちに、国土地理院のHPで今と昔の航空写真を見つけました。無断で加工して貼ってしまっていいのかとも思いますが、やってしまいます。(^_^;

 これが今の姿です。赤丸を3つ付けました。左端中央が川原城の交差点です。右側上方が天理教本部、右下隅が天理図書館です。青い丸が2つ。これは40年前に私が泊まった芳月の候補地です。上の青丸は川原城の交差点で東に折れた場所、下の青丸はもう1つ南の交差点で東に折れた場合です。どちらで折れたのか、記憶が曖昧です。
Tenri_gen
 下が昔(1979年~1983年)の航空写真です。私が訪れた時よりも数年後ですが、大きく変わってはいないでしょう。芳月から天理図書館へ行く道中で大きく変わってしまった部分を黄色い丸で示しました。三友亭主人さんから教えて頂いたとおり、かつて野球場のあったところ(天理図書館のすぐ北の黄色い丸)に今は大きな建物が建っています。40年前に何もなかったところ(中央付近の黄色い丸)に今は天理参考館の建物があります。
Tenri_kyu
 さらに、左側(縦に長い黄色い丸)には、今は南北に新しい道路ができています。この道路、芳月の候補地のあたりを貫いています。この道の事は、今回の実地踏査でも、昔はなかった道だとは全く気付きませんでした。

 40年前に天理図書館に行く時、野球場のすぐ近くを通った記憶があります。8月の炎天下で天理高校の野球部員達が練習していました。こんな暑いところで猛練習しているのだから、それは強いわけだ、などと思ったものでした。

 この野球場がなくなってしまっていたので、なおさら記憶が混乱してしまったのだと思います。芳月の場所についても、新しくできた道が記憶を混乱させているものと思います。

 この航空写真を手に、また天理に行ってみたいです。オニですな。(^_^;

2014年10月15日 (水)

阪神×近鉄つながって5周年

 12日(日)の朝、橿原神宮前駅構内にいたとき、鉄道グッズを売るというアナウンスがありました。キョロキョロと見回したら出店が出ていました。

 私はテツではないのですが、ついタオルを買ってしまいました。相変わらずちょろい客です。(^_^;
Hankin5a
 阪神と近鉄とが難波で繋がった話は聞いたことがあったのですが、わりと最近のような気がしていました。もう5年も経つのですね。
Hankin5b
 アップをもう1枚。
Hankin5c
 神戸方面と奈良方面とが繋がって便利になったことでしょう。

2014年10月14日 (火)

天理大学の宣伝3件

 萬葉学会でお世話になった天理大学でいくつかチラシを貰いました。そのうち3つご紹介します。

 まず、天理図書館の手紙展。これ、良寛の手紙が発見されたということで、新聞記事で読んだ記憶があるのですが、その良寛の手紙を含め、29点が展示されます。
Tenritegamiten
 手紙の差出人は以下の面々です。

藤原定家、後花園天皇、板倉勝重、伊達政宗、伊藤仁斎、井原西鶴、松尾芭蕉、雨森芳洲、賀茂真淵、与謝蕪村、本居宣長、上田秋成、良寛、小林一茶、滝沢馬琴、頼山陽、宇田川玄真、野村望東尼、西郷隆盛、久坂玄瑞、新島襄、森鴎外、夏目漱石、南方熊楠、正岡子規、徳冨蘆花、樋口一葉、谷崎潤一郎、石川啄木

 誠に壮観です。残念なことに、会期は19日からなので、見学することはできませんでした。大古事記展も会期が合っていなくて、残念でした。

 続いて、天理図書館善本叢書の新版。
Tenrishinzenpon01
 カラーの高精細で撮り直し、解題も新たに作成しての出版のようです。何冊か買いたいものはありますが、現行版も、必要なものは持っていたり、勤務先の図書館で閲覧することはできますので、購入するかどうか、ちょっと微妙です。同様に考えている方は多いのではないでしょうか。
Tenrishinzenpon02
 そして、雅楽部のチラシです。
Tenrigagaku
 字が小さいですが、10月25日に第46回天理公演、2月15日に広島公演、2月22日に第40回東京公演、3月7日に第34回大阪公演などが組まれています。

 すごいです。

2014年10月13日 (月)

萬葉学会2日目

 2日目の研究発表会は発表者の写真撮影は遠慮しました。

 それで、写真はお昼のお弁当しかありません。(^_^;
H26manyo07
 おいしゅうございました。♪ 三色団子も嬉しかったです。(^_^)

 お弁当、多分注文したとは思いつつ、イマイチはっきりしませんでした。お弁当の係の人に、正直に「注文したかどうか、はっきりしないんですけど」と言ったのですが、「どうぞ、どうぞ」と、あっさり渡してくれました。

 数は足りるという見通しがあってのことだったのでしょうが、太っ腹です。帰宅して、振替票の金額を見たら、お弁当代、ちゃんと払ってありました。(^_^) 無銭飲食にならず、ほっとしました。

 お弁当を食べていたとき、蜂矢先生が西山古墳のことを教えてくださいましたので、あとで行ってきました。天理参考館の南で、分かりやすい場所でした。
Nishiyama01
 解説板に依れば、一段目が前方後方墳、二段目が前方後円墳という珍しい形状だそうです。
Nishiyama02
 これは、駅の近くにあった案内板のてくちゃん、りんちゃん。昨日の立体のよりも表情豊かです。
Tekurin02
 往復とも駅と大学との間は徒歩移動で、あちこちキョロキョロしながら、40年前を偲びました。

2014年10月12日 (日)

萬葉学会第1日目

 昨日の記事は天理大学に着いたあたりで終わってしまいましたので、その続きです。

 今回の大会では、三友亭主人さんと初めてお目にかかれて、とても嬉しかったです。穏やかなお人柄が感じられましたが、芯の強さも感じました。怒るとたぶん怖い先生でいらっしゃるのではないかと拝察致しました。(^_^)

 天理大学です。大会の会場は別の建物ですが、この建物、威容を誇っています。
Tenridai
 学会挨拶の、学会代表・京都大学名誉教授の内田賢徳先生。
H26manyo01
 講演の、奈良女子大学名誉教授の奥村悦三先生。「よみを問う、ことばを探る」という演題で、上代の作品を訓読することの難しさと、文書のようなものは果して訓読していたのかという内容のお話しでした。
H26manyo02
 同じく講演の、奈良女子大学名誉教授・高岡市万葉歴史館館長の坂本信幸先生。「天理と万葉歌」という演題で、柿本人麻呂と石上との関係、石上という地名のうたわれ方に関するお話しでした。
H26manyo03
 萬葉学会奨励賞受賞のお二人。
H26manyo04
 アトラクションの、天理大学雅楽部による雅楽演奏。学会の大会でアトラクションがあるというのは珍しいのではないでしょうか。演奏は林邑楽とのことでした。装束は信西古楽図を参照したとのことです。雅楽部というからには部活なのでしょうが、レベルの高さを感じました。国内各地でコンサートを催している他、海外へも演奏に行っているそうです。
H26manyo05
 今回の大会にはこういうネクタイピンをして行きました。頂き物です。天理市にぴったりの品と思います。(^_^)
H26manyo06
 ただ、あまり気付かれず、自分の方からアピールしました。最初にお見せしたのは乾先生でしたか。続いて、蜂矢先生、三友亭主人さん、晴南さんなどなど。(^_^)

 ホテルのフロントで、「牛ですか?」と言われたのは、このぐんまちゃんです。(^_^;

2014年10月11日 (土)

天理をふらふら

 今日は天理市内をふらふらしてから、学会会場の天理大学に行きました。

 以前、まほろばに書いたことがありますが、天理に初めて来たのは学部の4年、昭和50年の夏休みでした。当時は旅行嫌いでしたし、自宅通学でもありましたので、初めての一人旅でした。

 その時、宿を予約したはずでしたが、その宿に着くと予約がされていなくて、しかも満室だというので、困っていたら、その宿で、別の宿を紹介してくれました。芳月という名前で、客室は4~5室しかない小さな日本旅館でした。そこでよくして貰ったので、翌年の夏、また天理に行くことになったとき、迷わずそこを予約しました。予約の電話をしたときに憶えていて呉れたのも嬉しかったです。2年とも、そこに2泊か3泊して天理図書館に通ったのでした。

 その後、天理図書館に行くことはなく、その旅館ともそれきりになってしまいました。

 それから20年近く経った平成4年か5年、石上神宮に行った帰りに、その旅館の所まで歩きました。訪問するつもりはありませんでしたが、懐かしくて、前を通ってみたいと思ったのです。

 迷わずにその旅館のところまで来ると、建物はありましたし、「芳月」という看板も残っていたのですが、人気はなく、空き家のようでした。

 感無量の思いがしました。

 それからまた20年。今度もそこへ行ってみることにしました。しかし、今回は、私の記憶が曖昧になってしまっていて、場所自体がもうはっきりしなくなっていました。20年前には迷わずに行けたのに。

 そんなわけで、今日は本当に「天理をふらふら」でした。

 天理駅前にはせんとくんではなくて、こんな2人組がいて、出迎えてくれました。てくちゃんとりんちゃんだそうです。
Tekurin
 堂々とした天理教本部です。これははっきりと記憶があります。
Tenrihonbu
 石上神宮。これも記憶は確かです。
Isonokamimon
 石上神宮には鶏がいました。白いのが多かったですけど、こういうきれいなのもいました。そういえば、熱田神宮にも鶏がいますね。あちらには人が棄てていった名古屋コーチンもいるとのことでした。
Isonokamitori
 石上神宮境内の万葉歌碑です。これは昭和51年の時にも見たような。
Isonokamikahi02
 天理図書館前に建つ石上宅嗣の顕彰碑です。これも昭和51年に見たはずですが、あまり記憶がありません。そればかりでなく、天理図書館の内部もあまり記憶がありません。情けないことです。(^_^;
Yakatsuguhi
 万葉歌碑はあと2基見ました。1基は川原城の交差点付近にあったもので、平成9年の建碑。書は西本願寺本からとったものです。
Isonokamikahi01
 もう1基は石上神宮付近にあったもので、平成10年の建碑。書は元暦校本からとったものです。どちらも建碑者は、「天理市に万葉歌碑を建てる会」です。
Isonokamikahi03
 様々な写本の文字を使うというのはなかなか良いですね。

 学会のことは別項で。

2014年10月10日 (金)

京都をふらふら

 突然ですが、奈良の橿原に来ています。明日・明後日、天理大学で萬葉学会があるため、今日、こちらに移動してきました。

 途中、乗り換えの京都で、少し外を歩きました。行き先は赤穂浪士の小野寺十内の妻女丹さんのお墓です。京都駅からそう遠くない位置にあるようなので、チャンスがあればと思っていました。

 場所は五条堀川の交差点の北西です。

 西本願寺の東沿いの道(堀川通り)を北上して行くとこんな碑がありました。佐女牛井(さめがい)の碑です。源頼義以来、義家、為義、為朝、義経が拠点とした源氏六条堀川邸内にあり、京の名水の1つとして、村田珠光や千利休も愛用したと伝わります。
Samegai
 丹さんのお墓はカギのかかった柵の中にありました。
Tanjo01
 柵の前に標柱が立っています。
Tanjo02
 柵の隙間から撮りました。
Tanjo03
 五条堀川の交差点近くにこういう自販機がありました。地味な茶色です。京都の景観に配慮したものでしょうか?
Kyojihanki
 帰りは、同じ道を通るのもつまらないので、東に進んで南に折れ、東本願寺の東沿いの道(烏丸通り)を南下しました。

 東本願寺の門前に猫が5匹いました。場所が広いせいか、5匹、距離をとって陣取っています。
Ohigashineko01
 アップです。
Ohigashineko02
 もう1枚。
Ohigashineko03
 屋根の上には鳥がいました。何でしょう? 鷺でしょうか。風情のある場所に似つかわしい鳥でした。
Ohigashitori
 東本願寺は工事中でした。左右に工事のための覆い屋があります。中央は京都タワーです。
Ohigashikouji
 宿の部屋から見た二上山です。
Futakami20141010
 この宿のフロントのお姉さん、フレンドリーな人で、目ざとく私のネクタイのぐんまちゃんを見つけて、「かわいいですね」と声を掛けられました。嬉しかったのですが、続けて、「牛ですか?」と言われました。(^_^;  出雲の時と一緒。

 ぐんまちゃん、知られていません。ゆるキャラグランプリ第1位なのに……。懇切に布教活動をしておきました。

 学会で、三友亭主人さんや晴南さんにお目にかかれるのを楽しみにしています。惟光さんにもお目にかかれるのかな。

2014年10月 9日 (木)

群馬は下から2番目

 今日のアサヒコム群馬に「魅力度、群馬は全国46位、富岡市は大躍進」という記事が載っていました。

 民間のコンサルタント会社「ブランド総合研究所」(東京)が発表した2014年の「地域ブランド調査」で、こんな結果が出たとのことです。

 一昨年、群馬は最下位となって話題を呼び、昨年は44位に上昇したのでしたが、今年は再び後退してしまいました。最下位でこそインパクトがあるのであって、下から2番目というのは中途半端です。

 富岡製糸場が世界遺産に登録され、ぐんまちゃんもがんばっているのに、どうしてこんなに低いのでしょうかね。(^_^;

 ちなみに、最下位は茨城です。群馬のライバル栃木は41位。北関東勢、不人気です。

 さらにちなみに、1位は北海道、2位は京都、3位は沖縄、4位は東京、5位は神奈川です。

 新聞記事には上位は5位までしか載っていませんでしたので、「ブランド総合研究所」のHPを見てきました。この下は、6位奈良、7位福岡、8位大阪、9位長野、10位長崎です。奈良が上位にいるのは嬉しいことです。(^_^)

2014年10月 8日 (水)

月食

 今日の月食のこと、すっかり忘れていましたが、夜7時のニュースで採り上げられたのを見て、「おお、そうじゃった」と思い出して、外に出てみました。

 曇り空で、時折、雲の切れ間から月が顔を出すといった状況でした。

 コンパクトデジカメでは、こんなあたりで限界でしょうか。手持ちでしたので、ブレました。
Gesshoku20141008a
 さらに大ブレ。三脚を使わないと無理ですね。(^_^; 時刻はどちらも19時12分台です。
Gesshoku20141008b

2014年10月 7日 (火)

エコ通勤キャンペーン

 もう終了してしまいましたが、こういう催しがありました。
Ecotsukin
 群馬は車社会ですので、それを少しでも変えようという趣旨なのでしょう。

 エコ通勤のメリットとして、環境にやさしい、運動不足解消、安全な通勤、渋滞緩和という4項目が挙がっています。

 いずれももっともなのですが、実際にエコ通勤が普及するためには、公共交通機関の発展が前提になりましょう。

 以前はもっと電車やバスが便利でしたが、自家用車を使う人が増えて、電車やバスの本数が減ったり、バス路線が廃止されたりして、不便になり、それがまた自家用車の普及を後押しし、それでまた本数が減り、……という循環です。

 なんとも。

2014年10月 6日 (月)

台風半過

 ゆっくりした動きの台風でしたが、東海地方に接近したあたりからは一気にスピードを上げて行きましたね。

 今日は東京からの出勤でした。台風が来るのは分かっているのですから、昨日のうちに群馬に移動しておけば良いようなものですけど、在来線が止まってしまっては、渋川の家からでもやはり出勤に支障があります。新幹線が一番確実なことを考えると、東京からでも良いかなと。

 今年の冬の大雪の時に、新幹線はいち早く動き出したのに、群馬県内の在来線は数日間動かず、その時にこんなことを思ったのでした。

 今日は、東京の家から東京駅まで行くのに、いつものようにはゆきませんでしたが、上越新幹線は定時運行していました。

 これが、入試や公開講座などのある日だったら、たぶん高崎あたりに泊まったことでしょう。ケースバイケースですね。

 写真は、12時半頃の赤城山です。雨はもう上がっています。青空も見えていますが、まだ雲も多く、台風一過の日本晴れというところまではいっていません。
Akagi20141006

2014年10月 5日 (日)

上野三碑と楫取素彦

 高崎市の多胡碑記念館で、明後日からこのような展覧会が開催されます。
3hikatori01
 楫取素彦は第二次群馬県の初代県令で、来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公(吉田松陰の妹)の夫です。

 昨年の大河ドラマ「八重の桜」の主人公の夫(新島襄)も群馬県ゆかりの人物でしたが、番組には群馬はほとんど出てきませんでした。「花燃ゆ」にはたくさん出てくることでしょう。

 富岡製糸場世界遺産に続き、またまた群馬が話題になります。(^_^)

 多胡碑記念館では、無理矢理多胡碑と楫取素彦とをくっつけようとしているわけではなく、実際、楫取素彦は多胡碑の保存に尽力したそうです。

 多胡碑記念館の敷地には、楫取素彦が多胡碑をよんだ歌碑(大正5年建碑)が建っています。
Tagokatorihi01
 解説板です。どちらも7年前に撮影しました。
Tagokatorihi02
 様々な機会を捉えて、あまり知られていなかった人や物に光を当てるのはすばらしいことと思います。

2014年10月 4日 (土)

文化14年の温泉番付

 昨夜、雪崩れの後始末をしました。

 その最中に今度は大雪崩れ。もう絶望的な気持ちになりました。三途の河原の石積みか。

 気を取り直してよく見ると、どうも土台のあたりがズレてしまっています。そのズレが雪崩れを招いたのでしょう。そして、雪崩れのせいで、ズレも拡大してしまった可能性があります。

 そこで、少し下のあたりから積み直しました。他の場所に移したものもあれば、廃棄したものもあります。2時間かかって修復完了。山は、前よりも大分低くなりました。(^_^) いつか、山そのものを片づけたいところです。
Nadare20141004a
 昨夜は、月に1度(少ない)の資源ゴミ回収に備えて、新聞を縛る予定でした。それが、この作業でパー。今日の午後、出掛けに少しだけ縛って、結局出せたのは、1ヶ月分に足りるかどうかという程度でした。新聞はたくさん溜めてしまっていますので、1ヶ月分以下しか出せないと滞貨が減りません。いろいろと課題の多い日々の暮らしです。(^_^;

 雪崩れの後始末をしている時に、以前ネットオークションで買った温泉の番付が発掘されました。右下欄外に文化十四年(1817)とあります。200年ほど前のですね。下半分は上州草津温泉の図です。東の大関に草津温泉がいます。東方は全て東日本ですが、西方は西日本中心ながら、下の方に行くと東日本が混ざってきます。
Bunka14kkusatsu01
 東方です。上州は、草津温泉の他に上段に伊香保温泉、3段目に先日話題にした川原湯温泉がいます。
Bunka14kkusatsu02
 西方です。西の大関は摂津の有馬温泉です。そして、但馬の城の崎温泉、伊予の道後温泉と続きます。西方の3段目に上州の嶋温泉と老神温泉がいます。嶋温泉は今の四万温泉でしょうね。
Bunka14kkusatsu03
 昔のものは見ていて楽しいです。

 なんていいながら、山の中に埋もれさせてしまっていたのですから、世話はありません。(^_^;

2014年10月 3日 (金)

鱈めしの鬱憤

 「鱈めし」という駅弁があります。新潟の直江津駅のです。
Tarameshi01
 以前、この駅弁は東京駅の駅弁屋によく並んでいました。私はこれがお気に入りで、しばしば買っていました。おいしいです。(^_^)
Tarameshi03
 この駅弁は、大宮駅・高崎駅・長野駅・新潟駅で開催された「駅弁味の陣2012」(H24.10.6~11.30)で優勝していますので、私の味覚もまんざらでもありません。♪
Tarameshi05
 ところが、近年、東京駅の駅弁屋ではあまり見かけなくなりました。仕入れなくなったのか、それとも私の立ち寄る時間とずれているだけなのか、定かではありません。

 それが、一昨日の夜、東京駅の駅弁屋で見かけたのです。久しぶりに食べられます。やれ嬉しやと思い、いそいそとレジに持って行きました。すると、レジのお兄さんは、「やば!」とつぶやいて、「すみません。これは賞味期限を過ぎてしまいましたので、お売りできません」と言うではありませんか。10分ほど過ぎてしまっていたようです。時間を過ぎる前に店頭から回収しなくてはいけなかったのでしょう。それで、「やば!」というつぶやきになったものと思います。

 賞味期限って言ったって、そんなの十分に余裕を持って設定しているものでしょう。1時間や2時間過ぎたって、5~6時間過ぎたって、どうということはありますまい。

 「本人が構わないと言ってもダメですか?」と粘ってみましたが、「衛生上の問題がありますので」ということで、売って貰えませんでした。

 「久しぶりに食べられる♪」と思っただけに、ダメージは大きかったです。

 「くそっ! 今日は鰻重を食べてやる」と、よく分からない脈絡で、近所のスーパーに寄ったのですが、鰻重はなく、またしても鬱憤は解消されませんでした。

 ぐんまちゃんの梅酒を飲んでやっと気が散じたのでした。

 衛生管理は大事ですけど、食糧自給率の低い日本で、こういうことで良いのでしょうか。客が良いと言えば、客の自己責任で売ってくれれば良いのにと思います。

2014年10月 2日 (木)

りぼんぐんまちゃんの梅酒

 以前、こんなものを買いました。カップ酒です。
Gunmac_sake02
 裏です。
Gunmac_sake03
 昨日、高崎駅構内の土産物店に似たような物が並んでいるのが目に入りましたが、何か違います。よく見ると、ぐんまちゃんが女の子バージョンです。そして、カップの中身も清酒ではなくて梅酒でした。
Gunmac_umeshu01
 裏です。
Gunmac_umeshu02
 蓋です。
Gunmac_umeshu03
 ぐんまちゃんの女の子バージョンは、以前、ぐんまちゃんがまだ「ゆうまちゃん」だったころは、「ゆうこちゃん」という名で呼ばれていたりしました。それが、2代目ぐんまちゃんを襲名すると、「ぐんこちゃん」とか「ぐんまこちゃん」にはならず、名前不詳でした。

 ところが、このカップを見ると「りぼんぐんまちゃん」とあります。これは初めて見ました。なかなか奥が深いぐんまちゃんなのでした。(^_^)

2014年10月 1日 (水)

小雪崩れ・中雪崩れ

 今朝起きてダイニングキッチンに行くと、小雪崩れが起きていました。先日の地震では何ともなかったのに。(^_^;

 「遅刻、遅刻」と呟きながら、15分ほど掛けて積み直しました。

 朝食を済ませてふと山を見ると、どうにも不安定そうです。また雪崩が起きてはいけないと思い、少し手直しをすることにしました。それが失敗。修復するはずが、中雪崩れを招いてしまいました。それが下の写真です。
Nadare20141001a
 右側に2つの山があります。2つ目の山は、実は右端の山より高かったのですが、上部が崩れてしまいました。そして、この2つの山の左側には2つの山がありました。それが2つとも崩落してしまいました。

 山の裏側です。
Nadare20141001b
 ぐんまちゃんも生き埋め。(^_^;
Nadare20141001c

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ