« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

水草復活

 9月9日に、「夢と消えた完全水槽」という記事をアップしました。下はその時の写真です。
Kingyo_h260909a
 金魚が水草を食べてしまって、こんな閑散とした状況になってしまっていました。水草の残骸は水面に浮いています。

 今日、新しい水草を買ってきました。←え? 3週間もあのまま放置していたのですか、と言われそう。(^_^;

 回収した水草です。ほんと、食べ尽くされてしまった感じです。
Kingyo_h260930a
 新しい水草を入れて、下のようになりました。やはり、この方がずっと良いです。(^_^)
Kingyo_h260930b

2014年9月29日 (月)

進学ガイドの表紙

 このようなパンフレットを見かけました。看護職を目指してはいませんが、ぐんまちゃんの絵が描いてありましたので、貰ってきてしまいました。(^_^;
Gunmac_kango2014a
 発行者は群馬県健康福祉部医務課です。ほんと、群馬県はぐんまちゃんをフル活用しています。

 イラストのうち、右側のはお医者さん姿のぐんまちゃん、中央上は赤ちゃんの世話をしているぐんまちゃんですが、左側のはどう理解すれば良いですかね。

 アップです。
Gunmac_kango2014b
 小さい子に健康指導をしている看護師さんかと思ったのですが、首の所の紐が看護師さんの服とは違うような。

2014年9月28日 (日)

富岡で出前講座

 今日は富岡で出前講座をしてきました。

 「富岡学 第22回公開講座 兼とみおか市民大学校公開講座」というもので、これは、富岡のことを深く知ろうという講座です。富岡製糸場世界遺産登録に浮かれることなく、地に足が着いた立派な活動と思います。

 今日の私のテーマは、「富岡の万葉集「真金吹く丹生」」というもので、新ネタです。

 レジュメはこちら。すみません。地図など入れたので、1.3MBほどあります。

 万葉集東歌に、「真金(まかね)吹く丹生(にふ)の真朱(まそほ)の色に出て言はなくのみそ吾が恋ふらくは」(三五六〇)という歌があります。未勘国歌です。確かに、丹生郡、丹生郷、丹生神社、丹生川上神社などはあちこちにありますので、どこの国と決めがたいのですが、木簡、和名抄、延喜式神名帳で見る限り、東歌の範囲にある「丹生」は、上野国甘楽郡丹生郷しかありませんので、富岡市の丹生と考えて良いと思います。

 富岡市に丹生神社という神社があり、その境内には昭和11年に建った万葉歌碑があります。今日の会場は、その神社からほど近い丹生小学校の体育館でした。

 この富岡学の会場は定まっていません。今日の話は丹生の歌がテーマなので、あえてこの小学校が会場に選ばれたものと思います。なかなかきめ細かいです。

 その万葉歌碑、かねてから写真に収めたいと思っていたのですが、あまり交通が便利な地ではありませんので、行きそびれていました。ところが、今日は駅まで車で迎えに来てくださるというので、途中、その神社に寄って頂きました。会場の丹生小学校へ行く途中ですので、そうご迷惑は掛けなかったと思います。
Nifukahi
 そこで撮った写真は、さっそく講演の際に、プロジェクターでスクリーンに映しました。講演の30~40分前に撮った写真を講演で使うというのは初めてです。すごい泥縄。(^_^;

 講演は熱心に聴いてくださり、終了後、多くの方々からご質問を頂きました。熱意を感じました。

 送迎してくださった車のドアにはお富ちゃんが。(^_^)
Otomichan
 今日は「真朱」の歌に因んで、赤いネクタイをして行きました。柄はもちろんぐんまちゃんです。(^_^)

 出前講座はやはり緊張します。夕飯の時に、先日のゆず酒を飲みました。ほろ苦いというより、結構甘かったです。口当たりが良く、おいしく頂きました。♪

2014年9月27日 (土)

記事補足

 9月25日(木)付けのアサヒコム群馬に「JR吾妻線 水没予定区域の運行終了」という記事が載っていました。

 そこに、こんな文がありました。

> 川原湯区の区長、美才治章さん(67)は東京で就職後、家業の材木会社を継ぐために帰郷し、30歳から同地区で暮らす。当時、駅舎を出ると左右にはたばこ屋やまんじゅう屋、タクシー会社、床屋などが並び、国道の反対側に喫茶店、ドライブインなど20~30軒が立っていた。特に紅葉シーズンはにぎわったという。
> しかし、八ツ場ダムの建設が決まると住民らの立ち退きが相次いだ。区長になった8年前に約200軒あった住宅や店舗は現在40軒ほどで、駅の利用客もめっきり減ったという。

 これによれば、かつては駅の近くにたくさんお店があったようですね。もう記憶が薄れてしまっていますけど、石川さゆりさんとのツーショットは、この記事にあるたばこ屋さんの前で撮ったものかもしれません。

 25日(木)の「ぐんまちゃんと学ぶ ぐんまの農業」の記事では、「ぐんまちゃんも上州牛食べたいなぁー」というセリフに対して、「牛を食べる馬って……。」というツッコミどころを指摘したのですが、26日(金)の「ゆず酒」に対しては、下駄を履いているぐんまちゃんに対して、「馬なのに下駄を履いて」というツッコミができたのに気付きませんでした。

 馬は蹄が分かれていないので、鼻緒の着いたものは履けませんよね。全くそこに気付かなかった~。無念です。修行の足りなさを猛省しています。

……って、いったい私は何を目指しているのか。(^_^;

2014年9月26日 (金)

ゆず酒

 今日は、月に1度、群馬県庁の近くに行く日でしたので、また県庁の売店を覗いてきました。

 そして見つけたのがこれです。
Gunmac_yuzushu01
 ゆず酒というのは聞いたことがなく、「はて?」と思いましたが、ま、ぐんまちゃんのラベルが付いているし、と思って、買ってしまいました。ぐんまちゃん効果で1本売れたのでした。(^_^)
Gunmac_yuzushu03
 あとから、つらつら考えるに、梅酒やアンズ酒というのはありますので、そこから類推すれば、ゆず酒というのは、ゆずや氷砂糖を焼酎に漬けたものなのかなぁと思いました。

 帰宅してじっくり眺めると、ベースは焼酎ではなくて、日本酒ですね。どうやって作ったのでしょうね。
Gunmac_yuzushu02
 「ほろ苦い想い出の味」というのもよく分かりません。(^_^ 青春時代はほろ苦い想い出もあるもので、それがゆず酒のほろ苦さと重なる、ということでしょうか。

 ぐんまちゃんは旧制高校生のような姿だし……。
;

2014年9月25日 (木)

ぐんまちゃんと学ぶ ぐんまの農業

 群馬県農政部が作成した「ぐんまちゃんと学ぶ ぐんまの農業」というパンフレットがあります。
Gunmac_nogyo01
 全22ページで、群馬の農業全般について、ビジュアルに解説してあります。ぐんまちゃんもたくさん登場しています。群馬県のHPからも見ることができます。
Gunmac_nogyo02
 この畜産のページに上州牛のことが載っていて、「ぐんまちゃんも上州牛食べたいなぁー」という吹き出しのセリフがあります。
Gunmac_nogyo03
 牛を食べる馬って……。(^_^; と、つい突っ込んでしまいたくなります。(^_^)

 ま、ぐんまちゃんは、馬ではなくて、限りなく人に近い「何か」なのでしょう。♪

2014年9月24日 (水)

石川さゆりとツーショット

 昨日、懐かしい川原湯温泉駅に行ったことで、思い出しました。

 「おお、そうじゃった。昔、川原湯駅前で石川さゆりとツーショットを撮ったんじゃった」(なぜか、金水敏氏の「役割語」の様な口調に(^_^;)

 その写真を探したら、幸いに見つかりました。
Kawarayu06
 右下の日付を見ると、撮影は1983年(昭和58)3月29日です。この3日後の4月1日から母校の助手になったのでした。

 このポスターの貼ってあった場所、駅舎なのか、駅の近くにあったお店か何かだったのか、もう記憶がありません。昨日見た限りでは、駅のすぐ近くにお店はありませんでした。

 しかし、30年前、当然ながら今と大違いです。特に髪の毛など。(^_^;

2014年9月23日 (火)

さらば川原湯温泉駅

 今日は午前中にお寺でのお彼岸の法事に参列し、午後は吾妻線の川原湯温泉駅に行ってきました。

 この駅は、八ッ場ダム(民主党が政権交替した折に待ったを掛けたダムですね)ができるとダムの底に沈んでしまいます。高台に新駅がすでに完成し、10月1日からは新駅での営業が始まります。今の川原湯温泉駅に列車が止まるのは明日までです。25日から30日までは区間運休、バス代行運転になり、その間に線路の付け替えや試運転が行われるようです。

 川原湯温泉駅の駅舎は、築70年を超え、吾妻線で唯一残る木造駅舎だそうです。

 ということで、連日、大勢の人が駅に訪れているようです。

 私は、テツではないのですが、大学院生の時に川原湯温泉には何度も来ています。叔父さんが川原湯で温泉旅館を経営しているという院生がいて、一時期、夏休みや冬休みなどに大勢で押しかけていたのです。今思えば旅館には迷惑だったことと思います。(^_^;

 恩師O先生が参加されたこともありました。

 もう30年以上も前のことで、そのころは群馬で就職するなんて全く思ってもいませんでした。

 群馬に来てからは川原湯には一度も行っていません。そんなわけで、懐かしさもあって、行ってみようと思った次第です。

 駅舎です。
Kawarayu01
 後方に見える高架は線路ではなくて道路だそうです。大分高いところに建設中です。
Kawarayu02
 帰りの上り列車が来るまで1時間以上もありましたので、少し歩いてみました。下は吾妻渓谷です。紅葉のころの美しさが想像されます。この渓谷もまたダムの底に沈んでしまいます。
Kawarayu03
 駅の跨線橋です。大分老朽化が進んでいます。
Kawarayu04
 そうこうしているうちにやってきた下り列車です。単線ですので、やがて入線する上り列車を待って、同時に上り、下り両列車が出発します。
Kawarayu05
 感無量なものがありました。来て良かったです。

2014年9月22日 (月)

きめ細やかなのぼり旗

 一昨昨年のデスティネーションキャンペーンが効果的だったのでしょう。群馬県では、その後、毎年「ググッとぐんま観光キャンペーン」を開催しています。

 今年も、10月からそれが始まるというので、しばらく前から宣伝ののぼり旗を見るようになりました。

 下は、高崎駅構内の土産物店に立っているのぼり旗です。
Gugutto_h2601
 東京品川の大井町駅にものぼり旗が立っていました。
Gugutto_h2602
 群馬にお客さんを招こうというのですから、県外に立てないと効果がありません。がんばっています。

 この2つ、同じ絵柄ですけど、文字が違います。大井町のは「ぐんまを遊ぼう。」、高崎のは「ようこそぐんまへ」。なかなか藝が細かいです。

 そして、大井町駅には別の絵柄ののぼり旗も立っていました。
Gugutto_h2603
 こちらも「群馬を遊ぼう。」ですが、「群馬」が、仮名ではなくて漢字です。重厚なSLには仮名よりも漢字の方が似つかわしいということなのでしょうかね。

 もろもろ、きめ細やかな配慮と見ました。

2014年9月21日 (日)

1/12ぐんまちゃん

 高崎駅構内のぐんまちゃんショップで買いました。
Gunmac_cho02
 貯金箱です。
Gunmac_cho03
 ぐんまちゃんグッズはたくさん出ているので、いちいち買ってはいないのですが、これは、ちょっと面白く感じて買ってしまいました。
Gunmac_cho01
 パッケージに、「1/12SCALE」とあります。
Gunmac_cho04
 ぐんまちゃんに決まった大きさがあるとは思っていませんでした。(^_^)

 測ってみると13.6cmあります。12倍すると163.2cmです。これ、要するに着ぐるみの身長ですかね。着ぐるみは、本物のぐんまちゃん(って何でしょ?(^_^;)の等身大に作ってあるのでした。

2014年9月20日 (土)

宇都宮城をゆく

 昨日の宇都宮出張の帰り道に、宇都宮城跡に寄ってきました。

 宇都宮城は戊辰の役の折に建物が焼失したり、近代以降の都市開発によって遺構が失われたりして、今は土塁の一部などしか残っていないようです。
Utsunomiyajo01
 しかし、城跡には櫓2基や塀などが復元され、往時を偲ぶことができます。

 富士見櫓です。高い建物が無かった頃には、ここから本当に富士山が見えたのではないかと言われています。
Utsunomiyajo02
 富士見櫓の中には入れます。その内部です。
Utsunomiyajo03
 清明台櫓です。
Utsunomiyajo04
 清明台櫓から見た堀。
Utsunomiyajo05
 本丸広場です。
Utsunomiyajo06

2014年9月19日 (金)

宇都宮で出前授業

 今日は宇都宮に行きました。下の写真は駅前の餃子像です。
Utsunomiya01
 行った目的は高校の出前授業です。テーマはおなじみの「語源の話」。

 高校1、2年生が進路を考える参考にするための企画で、ジャンルの異なる14人の大学教員が模擬授業をします。私は国語学ですが、国文学のジャンルで、N女子大学のT先生がいらしていました。万葉集のお授業をされるようです。「あ、先生こんにちは」という感じで、全く思いがけない遭遇でした。(^_^)

 宇都宮駅からその高校まではレンタサイクルで行きました。新潟、新津、宇都宮とレンタサイクルづいています。
Utsunomiya02
 あいにく普通の自転車が全部出てしまっているということで、電動自転車を借りました。生まれて初めての電動自転車です。確かに楽な気がしました。バスで25分だそうですが、この自転車で30分ほどで着きました。♪
Utsunomiya03
 宇都宮駅に各地の案内パンフレットが積んであるところがあって、そこに、「G列車で行こう」も「ググっとぐんま」も置いてありました。
Utsunomiya04

2014年9月18日 (木)

たま駅長

 先日の新潟訪問の際、新潟駅で見かけました。
Tamaekicho_p
 和歌山電鉄貴志川線貴志駅のたま駅長です(今は、出世して社長代理だそうですが)。まだ実物には会ったことがありません。ポスターとはいえ、思わぬ所で会えて、新潟に来た甲斐があったというものです。(^_^)

 たま駅長に会ったことがないというか、まだ和歌山県は未踏の地です。

 和歌山県には、有間皇子関係の故地や、九度山の真田庵などもありますので、是非訪れたいと思っています。

 かねて思っていたのですが、この沿線に鎮座している伊太祁曽神社って、不思議な名前です。イタケソ、イタキソ、いずれにしても日本語っぽくない気がします。

 たま駅長に会えて新潟に来た甲斐があったと思ったのですが、このポスター、勤務先の最寄り駅である新町駅にも貼ってありました。(^_^;

2014年9月17日 (水)

G列車で行こう

 駅でこんなパンフレットを見ました。
Gressya
 「A列車」ならぬ「G列車」。なかなかうまいキャッチコピーと思います。

 「G」は「Goki」ではなくて、「GUNMA」ですよ~。

2014年9月16日 (火)

鉄道の街、新津

 先日、新津駅の写真をご紹介し、昨日は新津の鉄道資料館をご紹介しました。

 今日は新津絡みのおまけです。

 新津駅にあったステンドグラスです。一番下のが少し見にくいですが、上から順に、青、緑、茶色のSLが描かれています。
Niitsust05
 駅の窓から見えた三新軒の看板です。雪だるま弁当や、村上牛しぐれなど、東京駅で時々買っています。駅を出て、わざわざこの看板のあるビルまで見に行ってきましたが、そこが三新軒のお店というわけではありませんでした。残念。
Niitsu01
 マンホールの蓋にもSLが描かれていました。
Niitsu02
 駅構内に鉄道資料館のサテライトがあり、そこでレンタサイクルを借りて高校訪問をし、帰りに鉄道資料館に寄ったのでした。鉄道資料館は駅から東に2kmほどの所にあります。歩いて行くにはちょっと遠いので、それでレンタサイクルを扱っているのかもしれません。料金は無料です。(^_^)

2014年9月15日 (月)

新潟市新津鉄道資料館

 高校訪問の帰り道にちょっと寄り道して、新津の鉄道資料館に行ってきました。
Niitsutetsu01
 建物の外には、C57蒸気機関車と200系新幹線とが仲良く並んで展示されていました。
Niitsutetsu02
 昔の、人力による発券機です。
Niitsutetsu03
 運転台。
Niitsutetsu04
 線路の断面。
Niitsutetsu05
 上越新幹線の大清水トンネルが貫通した時の貫通石。
Niitsutetsu06
 様々な記念プレート。などなど、いろいろな物が展示されていました。
Niitsutetsu07
 特注品の自動販売機です。
Niitsutetsu08
 側面です。
Niitsutetsu09

2014年9月14日 (日)

新潟のレンタサイクル

 先日、新潟に高校訪問に行ってきました。行き先は、新潟市の中心部と、新津方面です。新潟市中心部はレンタサイクルで回りました。

 市内中心部の高校を廻るに際して、バスが便利そうですが、路線がよく分かりません。他に何か良い手段がないかと調べたら、レンタサイクルがあることが分かりました。市内の結構多くの場所に基地(?)があって、どこで乗って、どこで降りても良い、というシステムです。
Niigatarenta01
 料金は、3時間で100円。それを過ぎると、1時間ごとに100円です。

 これに飛びつきました。お天気も良く、幸いでした。

 前かごです。
Niigatarenta02
 軸(正式名称は何というのでしょうね)です。
Niigatarenta03
 鳥屋野潟です。
Toyano01
 信濃川に架かる昭和大橋から東を望む。
Shinanogawa01
 白山神社です。
Hakusanjinja01
 気持ち良く高校廻りができました。

ぐんまちゃんUSB補足

 この件、ずいぶん引っ張って済みません。(^_^;

 パッケージの中に説明書が入っていました。デジカメなんかだと、説明書はちゃんと読むんですけど、USBメモリーでは普通読まないです。(^_^; それで、「何か紙が入っているな。説明書だな」ということは承知しながら、そのままにしていました。

 ふと取り出してみたら、使い方の図が載っていました。
Gunmac_usb09
 中身の取り出し方、間違えて理解していたようです。(^_^;

 ま、使えれば、どちらから外しても支障ないと思います。

 毎日ブログの更新を心掛けていますが、この記事で今日の分というのはナンですので、あとで新潟の話などアップします。

2014年9月13日 (土)

ぐんまちゃんのUSBメモリー

 新潟旅行のことを書こうと思ったのですが、一昨日アップしたぐんまちゃんのUSBについて、構造がイマイチ分からないというメッセージを頂きましたので、写真を追加します。
Gunmac_usb05
 上の写真は、首を少し倒しかけたところです。さらに倒すと下のようになります。
Gunmac_usb06
 もっと倒したのが下の写真です。「頸の皮1枚で繋がっている」状態です。(^_^;
Gunmac_usb08
 このまま使っても良いのですが、ノートパソコンに挿す時は、これでは頭が邪魔になりそうです。

 そこで、すぽんと抜いてしまえば、邪魔にならずに挿せるという仕組みです。

2014年9月12日 (金)

新津駅

 昨日今日、高校訪問で新潟に来ています。廻ったのは新潟市中央区と新津、亀田あたりです。

 私はテツではないのでよく分かりませんが、新津駅はその筋の人には有名な駅のようです。

 駅舎です。
Niitsust01
 ホームにはちょうどこういう列車が止まっていました。お座敷列車のようです。お客さんが乗っていましたが、さすがに車内を撮すのは憚られました。(^_^;
Niitsust03
 駅員さんがお見送りをしていました。これも撮すのは躊躇したのですが、テツ2人が撮していましたので、便乗しました。一応、会釈しました。(^_^;
Niitsust04
 こういう看板も掛かっていました。
Niitsust02

2014年9月11日 (木)

一見、何の変哲も無さそうですが

 新しいぐんまちゃんを入手しました。
Gunmac_usb01
 後ろです。
Gunmac_usb02
 何の変哲も無さそうですが、後ろには、2本の切れ目のようなものが見えます。

 正体はUSBメモリでした。
Gunmac_usb03
 表です。
Gunmac_usb04
 普通、こういったUSBメモリは、首チョンパになることが多いと思いますが、なかなか複雑な構造になっています。(^_^)

 しかし、ぐんまちゃんグッズ、いろいろと出ています。

2014年9月10日 (水)

公開講座のポスター

 勤務先では、毎年公開講座か開講されています。これはそのポスターで、美学美術史学科の絵画実技の教員が作成してくれています。
H26koukaikouza_p01
 画面左側の円形の中、馬に乗った中世(かな?)の西欧風の人物像が描かれていますが、建物はうちの大学ですし、背後の山は赤城山です。
H26koukaikouza_p02
 なんか、おしゃれと感じました。(^_^)

2014年9月 9日 (火)

夢と消えた完全水槽

 1ヶ月ほど前に「金魚の水草」という記事をアップしました。
Kingyo_h260811b
 あの時、いい感じだったんですけどね。今はこんなです。出掛けで急いでいたので、カメラを構えている自分の姿が映っているという、お粗末な写真です。(^_^; 何か見えているの、霊ではありません。……たぶん。
Kingyo_h260909a
 水草は形跡もありません。上に何か浮いていますね。それです。

 アップです。
Kingyo_h260909b
 金魚が、水草をみんな抜いて食べてしまいます。私が留守がちで、あまりエサをやっていないのもいけないんだと思います。(^_^;

 また水草を買って来ることにしましょう。しかし、1ヶ月もたないなんて。

2014年9月 8日 (月)

ぐんまちゃんに遭遇

 今日の夕方、高崎駅でぐんまちゃんに遭遇しました。(^_^) 今回は全く情報なしで、正真正銘の遭遇です。
Gunmac_gg140908a
 着ているはっぴを見ると、ゆるキャラグランプリの選挙運動ではなくて、群馬への集客のための宣伝のようです。

 私が出会ったときは、もう仕事を終えて、引き上げてきたところでした。

 最後まで、お客さんに挨拶していました。良い子です。左側にいるのは、付き添い兼通訳のお姉さんです。
Gunmac_gg140908b
 そじて、ナゾのドアの向こうに消えて行きました。
Gunmac_gg140908c

2014年9月 7日 (日)

明日は仲秋の名月

 先ほど、郵便を出そうと思って外に出たら、月が煌々と照っていました。そういえば、夕方寄ったスーパーにお月見セットが積んでありました。

 明日は仲秋の名月ですね。

 月の写真は明日撮って載せれば良いようなものですが、明日、晴れるかどうか分からないので、1日前ですが、今日撮った写真を載せます。
Tsuki20140907
 という、説得力のありそうな文章ですが、実は、夜が更けても、今日書くべきネタが思い付かないので、たまたま見た月を使ってしまおうとの算段です。(^_^;

 ネタが無い時の見分け方、その1。ぐんまちゃんネタが続く。

 その2。自分の後頭部の写真でも平気で載せるという捨て身の手段も厭わない。

 その3。自分の健康診断のデータも載せてしまうなど、自分の個人情報も犠牲にする。

 その4以下もありそうです。思い付いたらまた。

2014年9月 6日 (土)

2015ぐんま冬国体追加

 昨日アップしたチラシは、3つ折になっていまして、他の面にもぐんまちゃんが描かれていました。

 それをご披露します。なんか材料を小出しにしているようで……。(^_^; いえ、実際そうなんですけど。(^_^)
Gunmac_2015kokutai03
 フィギュアスケートのぐんまちゃんがかわいいです。それぞれの絵の下にその競技の紹介文が書いてありました。それは省略。(^_^)

 もう1つ。
Gunmac_2015kokutai04

2014年9月 5日 (金)

2015ぐんま冬国体

 夏も終わりに近づいた今日この頃、こんなチラシが回ってきました。
Gunmac_2015kokutai01
 今度の冬の国体は群馬県で開催されるようです。そして、群馬関係のチラシには必ずぐんまちゃん。(^_^) なんか素敵なデザインです。

 中央の縦の文字の周囲にぐんまちゃんが4つ描かれています。そこの部分だけ切り貼ってみました。どれもかっこいいです。(^_^)
Gunmac_2015kokutai02
  ゆるキャラグランプリ2014は、22:50現在、ぐんまちゃんがトップで62608票です。2位のふっかちゃん(埼玉県)は28621票。まだ始まったばかりですが、快調です。♪

2014年9月 4日 (木)

高崎で出前講座

 今日は高崎で出前講座をしてきました。テーマはおなじみの「群馬の万葉歌」で、会場は高崎総合福祉センターです。こちらでは平成20年からほぼ毎年同じテーマで講演をしています。

 新ネタを話す時は、授業でも公開講座でも、終わったあと反省すべき点があれこれあって、翌年のレジュメにはかなり手が入ることがありますけど、3年目くらいになると微調整で済みます。

 今回のレジュメは、前年と同じものになりました。(^_^; ま、仕方ないですね。取り上げる歌も高崎やその近辺の歌が中心になりますので、変える余地があまりありません。

 ただ、プロジェクターで映す写真は大幅に増やしました。新幹線から撮した佐野の舟橋の碑や甲波宿祢神社の旧社地の写真は出前講座では初お目見えです。(^_^)

 下はよく使う写真です。今日も使いました。入山峠を通るバイパスができた時の竣工記念碑です。ただの竣工記念碑ではなく碓氷峠をよんだ上野の防人歌を彫ってあるのは嬉しいことです。ただ、惜しいことに誤りがあります。
Hinakumorihi
 最終句、「忘れえぬかも」とありますけど、原文は「和須良延奴加母」ですので、「忘らえぬかも」ですね。そして、碑では歌のあとに「万葉集東歌」とあるのは防人歌の誤りです。大間違いですね。

 この巨大な碑は昭和46年に建てたものです。誤ったまま40年以上。揮毫者は某政治家。当人の誤りというよりは、「こう書いてください」と原稿を用意した人の誤りなのでしょうけれど、碑面にあるのはその政治家の名前。この先、100年後、200年後もこのまま誤ったまま存在し続けているのでしょうかね。

 功績を末代まで残そうとして建てた碑が、恥を末代まで残すことになるとは皮肉なことです。気付いているなら造り直せば良いのにと思いますが、もしかしたらまだ気付いていないのか、あるいは気付いていても大したこととは思っていないのか。

 どうなんでしょうね。

 出前講座でこの写真を見せる度、誤りを指摘しなければならないので、指摘しています。指摘するとウケるし。(^_^;

2014年9月 3日 (水)

白滝姫と続日本紀

 群馬県の桐生市で、「織都桐生千三百年記念」の様々な催しを行うようです。こういうチラシが回ってきました。主催は桐生織物協同組合です。
Kiryu1300a
 描かれている女性は白滝姫です。

 この白滝姫については、以前、当ブログでも「白滝姫」と題して触れたことがありました。私は、東京の八王子で機守(はたがみ)神社という小さな祠のような神社を見かけ、そこの解説板で白滝姫のことを知ったのでした。その文中にも上野国が登場していました。

 さて、平城遷都千三百年、風土記撰進の詔千三百年、多胡碑千三百年に続いて、「織都桐生千三百年」です。その理由はチラシの裏に書いてありました。
Kiryu1300b
 続日本紀の和銅六年(713)五月十一日の条に「相摸・常陸・上野・武蔵・下野の五国の輸(いだ)す調、元来(もとより)是れ布なり。今より以後、*(糸ヘンに「施」のツクリ・あしぎぬ)・布並に進(たてまつ)らしむ。」とあります。

 さらに、その翌年の和銅七年(714)正月二十五日の条に「相摸・常陸・上野・武蔵・下野の五国に令して、始めて*(糸ヘンに「施」のツクリ・あしぎぬ)の調を輸(いだ)さしむ。但し布を輸(いだ)さむことを欲(ねが)ふ者には許す。」とあります。

 この記事ですね。

 ま、うるさいことを言えば、これは上野国が調として「あしぎぬ」を納めたという記事で、直接桐生の話ではないのですが、このあしぎぬの中に今の桐生産のものも含まれていたかもしれません。

 ともあれ、続日本紀好きの私としては、思いがけないところで続日本紀という名を見て、嬉しかったです。

 続日本紀好きといいますか、私が初めて公にした論文は、国語国文学関係の雑誌ではなくて『続日本紀研究』に載せて貰ったものでした。その後、続日本紀の研究からは離れてしまいましたが、今でも続日本紀には大いに関心があります。また戻って来たいです。

2014年9月 2日 (火)

ひし丸くん

 今日、高崎駅で見かけました。山梨のゆるキャラ「ひし丸」くんだそうです。初めて知りました。何でしょうね。犬ですかね。山梨には甲斐犬という種類の犬がいます。あるいはそれかもしれません。
Hishimaru01
 今日からゆるキャラグランプリ2014が始まるので、その選挙運動、というわけではなく、純粋に山梨の宣伝のようです。群馬から山梨へ鉄道で行くのは、ちと厄介です。
Hishimaru03
 後ろ姿です。
Hishimaru02
 この一行のスタッフの方から手提げ袋を貰いました。富士山がど~んですね。ひし丸くんの腹掛けにも富士山。袋の中には、山梨の観光マップとパンフレット4通が入っていました。
Hishimaru04
 あと、マグネットと携帯用消臭剤。
Hishimaru05
 ぐんまちゃんもこんな感じで他県に遠征しているのかもしれません。

2014年9月 1日 (月)

8月の人気ページランキング

 8月の、まほろぐ人気ページランキング、ちと異変でした。(^_^)

No.タイトル                     PV
1.まほろぐ〔トップ〕               1,136
2.飛鳥の都塚古墳             193
3.ぐんまちゃん〔カテゴリー〕         161
4.和式トイレの使い方           154
5.ぐんまちゃんnanacoカード        118
6.だっこして ぐんまちゃん        113
7.東海道新幹線50周年記念弁当    95
8.ゆるキャラグランプリに向けて      77
9.後頭部はこんな風だったのか……   63
10.nanacoカード富岡製糸場バージョン 58

 第1位はトップページで、これは不動の別格です。

 第2位は、いつもなら「ぐんまちゃん」カテゴリーが定位置なのですが、今回は都塚古墳が取って代わりました。毎月調べているわけではないので、確言はできませんが、「ぐんまちゃん」カテゴリーが2位の座を明け渡したのは初めてではないでしょうか。

 ぐんまちゃんブログと誤解されていそうな当ブログとしては、良いことと思います。

 ただ、「飛鳥の都塚古墳」の記事は、ほとんど新聞記事の紹介に留まっていますので、検索で折角見に来てくださったお客様には申し訳ないことです。

 「和式トイレの使い方」と「東海道新幹線50周年記念弁当」は、いずれも少し前の記事ですが、なぜか根強い人気を保っています。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ