« ぐんまちゃん手ぬぐい 夏 | トップページ | ぐんまちゃんと応援キャラクターの集い »

2014年8月19日 (火)

化石のような通信環境

 東京の家では光回線で快適な通信を行っていますが、渋川の家ではいまだにアナログ回線です。

 「ああ、群馬は秘境だから」などと納得されても困ります。(^_^; 家の前の電柱まで光ケーブルは来ています。アナログなのは私だけの事情です。(^_^;

 20年前は外付けモデムをパソコンのRS-232C(懐かしい用語です)に繋いでいました。やがて、何度目かのパソコンの更新をしたときに、そのパソコンにはRS-232Cが付いていませんでした。

 この段階で、アナログは諦めれば良いようなものですが、内蔵モデムを買ってきて、この難局をクリアしました。(^_^)

 「遅いなぁ」とは思いつつ、この環境でインターネットを続けてきましたが、ここに来て、ウィルス対策ソフトのウィルス定義の更新ができなくなりました。今回、350MBをダウンロードしてインストールする必要が生じたのですが、回線を繋ぎっぱなしにしても1昼夜では終わりません。30時間以上掛かって、しかも更新に失敗してしまいます。定義ソフトの更新ができなくては困りますし、電話代も恐ろしい。

 もっと速いモデムがないものかと探したら、USBモデムというのがあることを知りました。今どきまだアナログモデムを売っているのですね。
Usbmodem
 早速買ってきて試したら、無事にダウンロードとインストールに成功しました。(^_^)

 ダウンロードを始めたのが16日の午前1時20分くらいからでしたので、22時間くらいで完了です。前のモデムと比べたら、随分速くなりました。安定性も良いようです。
Norton20140819
……って、十分遅いですけどね。(^_^;

 あと問題は、このパッケージの写真からも明らかなように、モジュラーケーブルをこのUSBモデムに挿すだけです。内蔵モデムなら、モジュラーコンセントが2つ付いていて、1つに外からのケーブルを繋ぎ、もう1つに電話機を繋ぐことになりますよね。このUSBモデムのような構造では、ケーブルを繋ぎ替えないと電話が使えません。

 なかなか厄介です。外からのケーブルに二股コンセントを繋いで2つに分岐し、1つをモデムに、もう1つを電話機に繋げばいいのかなぁ。

« ぐんまちゃん手ぬぐい 夏 | トップページ | ぐんまちゃんと応援キャラクターの集い »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

>群馬は秘境だから・・・

奈良だってなかなか・・・
南部の山岳地帯は別としても、私の通勤路の半分は携帯もつながらない地域。
その道筋に住んでいる同僚がいるのですが、そこはかろうじて携帯は繋がるものの、光もADSLも来ておらず、かといって電話回線でネットをするなんて・・・と嘆いておりました。

パソコンは便利で・・・でも、いつも振り回されているような・不便・不自由を感じています。ワードは売っていないし、パソコン出来るかどうか分からないので、中古のパソコンを買って、とりあえず取り組み何とかいろいろ楽しめるようになりましたが、液晶が壊れそうになてきたので、「XPの終了」も近いのということで、8を買いました。その折、光フレッツに変えました。光に変えて便利になったというよりも、不便になったような・・・「0120-・・・」の使えない場合があって・・・。また、「8から8、1」にアップデートするのに苦労しましたし、今はインターネットで使い、まだ「2003」でバックアップを取りながら過ごしています。時代の進歩についていけないのは…年寄りだから???

三友亭主人さん

 レス、大変に遅くなりまして済みません。

 通勤路、なかなか大変な通信環境ですね。先日ブログを拝見したところによれば、危険な道路もあるようですし。何かあった時に携帯で救助を求めることができないというのは困りますね。

 同僚の方のお言葉によれば、私のような、電話回線でのネットは、やはり相当に時代遅れのようですね。(^_^;

万葉子さん

 パソコンについて行くのもなかなか大変ですよね。

 私も、昔はパソコン雑誌などを熱心に読んでいたのですが、今はもうすっかり。

 通信環境が化石なだけでなく、私自身が化石化しています。(^_^;

 パソコンを自分でどうこうする気もなく、すべて電気屋まかせで、年々せっかちになってます。自分でできる人はすごいし、化石というより、根気強いです。

 奇遇ですね。昨日仕事で渋川へ。ついでに、というか念願の金井東裏遺跡までいきました。榛名二つ岳は遠くて、そこから火砕流なんて信じられない。人間の心理として、水のあるところへ、吾妻川へ逃げようとしてたんじゃないですか? 実際に訪れると考えることもありますね。

 発掘の中心、右島和夫先生が講演でよく話されるのは、県外の方は、群馬は山ばっかりだと思っている人が多いけど、利根川から群馬に入ると、一面に広がった平野で驚かれる。山もあり、広大な平野があって、そこに古代の人が土地を切り開いていった・・・んだとか。
 

 

Wi-Fiはもっとダメですかね?
結構便利ですけど…。

しーちゃんさん

 金井東裏遺跡に行かれましたか。実地踏査は大切ですよね。恥ずかしながら、私はまだ行っていません。

 聞くところによると、よろい人骨は榛名山に向かってうつぶせになっていたようですけど、川の向きとは合いましょうか?

 群馬は平野部分も大きいですよね。前橋以北はなだらかな上りになりますけど、それでも、渋川あたりまでは平野ですものね。

晴南さん

 通信環境が化石なだけではなく、実は私の通信に関する知識が化石なのでした。(^_^;

 無線系に関して知るところがなく。(^_^;

 勉強致します。

 すみません。パソコンの話からこちらの話になって・・・どうも機械に弱くて。

 古代人は、二つ岳を向いてました。振り返ったとか、祭祀の最中だった(今は否定されてます)という説がありました。当時の道路の上にいたようです。

 今日の新聞によると、昨日は別の遺跡の現地説明会やってたんですね。残念!

 

 

しーちゃんさん

 鍛冶の遺跡でしたっけ。あれも金井ですよね。金井東裏遺跡からほど遠からぬ所なのでしょうね。

 よろい人骨はなぜよろいを着ていたのでしょうね。逃げようとしたのなら、重いよろいは邪魔ですよね。貴重な財産なので、着て逃げようとしたのか、あるいは、よろいを着て火山に立ち向かおうとしたのか。

 興味は尽きません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60178049

この記事へのトラックバック一覧です: 化石のような通信環境:

« ぐんまちゃん手ぬぐい 夏 | トップページ | ぐんまちゃんと応援キャラクターの集い »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ