« カバンの金具破断 | トップページ | 貧乏くさい(^_^; »

2014年8月10日 (日)

『東国文化副読本』

 群馬県では、富岡製糸場だけでなく、ここ数年、古代群馬にも関心を向けています。

 昨年4月には『東国文化副読本』を作成し、県内の全中学1年生に配布しました。市販もしたようです。

 今年の7月23日、この増補改訂版が発行されました。県庁や銀座のぐんまちゃん家に行けば買えるというので、どちらかに行くつもりでいましたら、先日、たまたま寄った高崎駅構内の書店で平積みになっているのを見かけ、早速購入しました。
Togokuside
 A4判、オールカラーで68ページ。800円くらいかと思ったら、なんと200円でした。さすが副読本。

 よろいを着た古墳人のことも載っています。

 表紙にはやはりぐんまちゃん。(^_^)

« カバンの金具破断 | トップページ | 貧乏くさい(^_^; »

古代群馬」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60130483

この記事へのトラックバック一覧です: 『東国文化副読本』:

« カバンの金具破断 | トップページ | 貧乏くさい(^_^; »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ