« タイムリーな『歴史読本』 | トップページ | どーもくんあわせ »

2014年8月27日 (水)

ばかうけ 焼きまんじゅう味

 うさうささんから頂きました。わざわざ、ありがとうございました。ベイシア限定だそうです。
Gunmac_bakauke01
 ちょっとヘンな角度からの撮影です。パッケージが反射光で光ってしまいます。なるべく光らない角度を探したら、こういうことになりました。(^_^)

 パッケージの右側にはぐんまちゃんが描かれています。群馬といえばぐんまちゃん。♪
Gunmac_bakauke02
 これはよく分かりますが、左側には、お富ちゃん。これはタイムリーな狙いですね。
Gunmac_bakauke03
 実は今まで、「ばかうけ」というお菓子を知りませんでした。少し柔らかめのお煎餅ですね。確かに焼きまんじゅう味ですけど、あまり濃厚な味ではなく、控えめだと思います。

 作っているのは新潟の会社でした。新潟は、亀田のあられなど、米菓のメーカーが多そうですね。さすが、米どころ。
Gunmac_bakauke04
 隣県の群馬版だけではなく、地元版もありましょうかね。笹団子味で、レルヒさんの絵が描いてあったりするの。

« タイムリーな『歴史読本』 | トップページ | どーもくんあわせ »

ぐんまちゃん」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

菓子」カテゴリの記事

コメント

早速!取り上げていただき、ありがとうございます。
源さんは「ばかうけ」自体お初だったのですね☆

外装にちょこっとぐんまちゃんが居るだけなのが残念(T_T)
「やきまんじゅう味」と言われるととりあえず買ってしまうのは
やはり郷土愛の成せる業(^^;)??
そして、県外のベイシアでどれだけ手に取ってくれる方がいるのでしょう(u。u;)
あ!だからぐんまちゃんと世界遺産の助けを借りようとしているのか!?

うさうささん

 わざわざお送り頂きましてありがとうございました。恐縮です。

 「ばかうけ」という名前は聞いたことあったのですが、食べるのは初めてでした。お店でも見かけなかったような気がします。

 焼きまんじゅう味のばかうけは、群馬限定というわけではないのでしょうかね。

 他県でも売っているとしたら、パッケージのぐんまちゃんとお富ちゃんのツーショットは強力ですよね。

 昨日、家から高崎へ向かう電車の中に、富岡製糸場に行ってきたと話しているおばあさんがいました。京都から来たそうです。前日に行ったそうなのですが、雨だったので空いていたと言っていました。

 しかし、その電車、水上発の上越線です。全く方角違い。富岡に行ったあと、水上か伊香保の温泉にでも泊まったのかもしれませんね。

 県内のあちこちを見ていってくれると嬉しいです。(^_^)

 さっそく、買いたいです。ばかうけは、常備している菓子です。新聞で見て知ってたのですが、いつもおかずは、別の店で買ってたのでみかけませんでした。

 ただベイシアが近くにあったか不明です。ベルクならありますが・・・

 富岡製紙は7月の炎天下、マイクロで仕事仲間と行ってきました。前に自分で行った時とくらべ、はるかに込んでました。
 見られる場所は前と同じで、テレビで秀ちゃん(中山秀征)が入ってた建物には入れず、その点がっかりしました。かりんとまんじゅう買って帰りました。

しーちゃんさん

 ばかうけは御愛用の品でしたか。(^_^)

 焼きまんじゅう味の、見つかると良いですね。

 富岡製糸場は連日混み合っているのでしょうね。昨日の人の情報に依れば、雨の日が狙い目ということになりそうですね。

 見学できる建物を増やすことは考えてはいるようですね。実現すると良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/60220072

この記事へのトラックバック一覧です: ばかうけ 焼きまんじゅう味:

« タイムリーな『歴史読本』 | トップページ | どーもくんあわせ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ