« いち早い「おもてなし」 | トップページ | 峠の釜めし 富岡製糸場バージョン »

2014年4月14日 (月)

明治3年の世界国尽くし

 先日の『大日本道中記』に続き、また明治初期の史料を入手しました。今度のは『絵入 智慧の環』です。一種の教科書ですね。
Chienowa01
 明治3年の刊で、入手したのは明治6年の改訂版です。本来は四編8冊からなるうち、第二編2冊のみの端本でした。
Chienowa02
 第二編上の内容は世界国尽くしです。パラパラ見ているうちに、いくつか興味深いものが目に入りました。

 北アメリカの地図で、今のカナダが「イギリスアメリカ」(原表記は漢字)となっていました。
Chienowa03
 大洋洲のリストで、今の「ニュージーランド」「ニューカレドニア」「ニューギニア」がそれぞれ「新じいらんど」「新かりどにや」「新ぎにや」(「新」にはそれぞれ「しん」のルビ)となっています。そして、呂宋(フィリピン)も大洋洲なのですね。
Chienowa04
 イギリスの国旗が、赤地で、左上の部分のみユニオンジャックになっています。
Chienowa05
 私は海外のことに疎いので、このようなあれこれに興味を持ったのですが、無知故の関心だったかもしれません。(^_^;

« いち早い「おもてなし」 | トップページ | 峠の釜めし 富岡製糸場バージョン »

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

またまた見入ってしまいました!!

明治3年の割りには領土の区分けがきちんと
描かれている(アラスカは1867年からアメリカ領
らしいです)と思ったら、著者は福沢諭吉の
お弟子さんなんですね。
ご本人も海外に視察に出たのか、諭吉から
聞いたり資料を読んだりしてまとめたものか
わかりませんが、初等教育教科書の草分けとか。
http://www.tamagawa.ac.jp/museum/archive/1991/018.html

他の巻には文法項目もあるようですから、
さらに惹かれます。

明治3年ごろは仮名垣魯文の西洋道中膝栗毛が
出た頃で、もちろん大人向けの戯作ということも
ありますが、海外に行ったことのない人たちが
伝え聞いた話をさも見てきたかのように
書いていた時代です。それはそれで、奇想天外で
面白いのですが、こちらの本は教育的で、
かつ内容的にかなり早いですね。

「新じいらんど」は初めて見ました。中国語を
そのまま取り入れた表記、呼び名はあったと思いますが
このような交ぜ書きは珍しいですね。

源さんの後輩さん

 コメントをありがとうございます。この本もネットオークションでした。(^_^;

 体系性もなく、興味を持ったものを次々に入札しています。(^_^)

 やはり、同時代史料というのは楽しいですね。当時のあれこれがストレートに伝わってくる気がします。

 著者は福沢諭吉のお弟子さんでしたか。

 明治になったばかりだというのに、当時の人たちの前向きで積極的な姿勢はすばらしいですね。大いなるバイタリティーを感じます。

 「新じいらんど」には目を見張りました。この伝で行けば、「ニューヨーク」は「新よーく」、「ニューデリー」は「新でりー」ということになりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/59470997

この記事へのトラックバック一覧です: 明治3年の世界国尽くし:

« いち早い「おもてなし」 | トップページ | 峠の釜めし 富岡製糸場バージョン »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ