« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

定期券更新

 明日から消費税が増税。それに対する対策として、買いだめや、今日までの定期券の更新などがニュースで取り上げられていました。

 私も、今使っている定期券の期限がうまい具合に4月13日です。継続定期は2週間前から更新できますので、ぴったりのタイミングでした。
Teiki20140413
 今日、無事に更新できました。ニュースと違って、高崎駅では並ばずに更新できました。♪
Teiki20141013
 大儲けした気になりました。(^_^)

 でも、いくら儲かったのだろうかと計算してみると(いえ、そもそも儲かってはいないのですが(^_^;)、2000円弱でした。1ヶ月あたりに換算すると330円ほど。これくらいの金額は、うっかりすると簡単に無駄遣いしてしまいそうです。気をつけねば。

 ついでに、東京・高崎間の新幹線の回数券も多めに買いました。ちょっと買いすぎたかもしれません。有効期限が3ヶ月ですので、それを過ぎたら、ただの紙切れになってしまいます。(^_^;

 ちゃんと計算して買わねばね。というより、なるべく新幹線を使わないようにする方が効果的なのですが。

 というような次第で、グズグズな増税対策なのでした。(^_^;

2014年3月30日 (日)

ペンスタの店長

 東京駅構内にあるSuicaのペンギングッズ専門店ペンスタの前を久しぶりに通りました。

 今日の店長さんは卒業式のイメージでした。明後日から4月。また衣装が替わることでしょう。
Pensta20140330a
 社員証の氏名欄は相変わらず「ないしょ」でした。これでは証明書になりません。(^_^;
Pensta20140330b
 下は4年前に撮った写真証です。この時も氏名は「ないしょ」でした。所属が違っていますね。肩書きは「てんちょう」ですので、今の所属名の方が合っているように思います。(^_^)
Pensta20140330c

2014年3月29日 (土)

金魚の水草

 昨夏8月の暑い盛りの頃、家で飼っている金魚を話題にしたことがありました。下はその時の写真です。
Kingyo20130813
 水槽のバックに水草の壁紙を使っていますが、水槽の中には水草を入れていませんでした。

 ずっと前に別の金魚を飼っていたときには入れていた時期もあるのですが、入れても入れても金魚が抜いてしまい、キリが無いので、やがて入れないようになっていました。

 でも、水草があった方が見た目も良いし、金魚の心の安らぎにもなるかもしれないし、エサ代わりにもなるかもしれないし、日中は光合成で酸素の供給源にもなるかもしれないし、……などと考えると、どうも水草はあった方が良さそうだという結論に達し、入れてやりました。
Kingyo_h2603
 心なしか、金魚も居心地が良さそうです。(^_^) そして、今のところ水草を抜いたりはしていません。以前、水草を抜いてしまった金魚はもっと大きかったかもしれません。

2014年3月28日 (金)

上毛かるた原画展

 当ブログの「古事記かるた」の項にお寄せ頂いたコメントで上毛かるたも話題になっていましたが、折しも、今、群馬県庁で上毛かるたの原画展が開催されています。今日、たまたま県庁に行って知りました。

 全ての札が展示されている訳ではなく、割と小規模な展示でした。

 これ、取材以外は撮影禁止ということでしたので、会場入口の看板だけで我慢しました。
Jomokaruta_gen01
 絵札は一度変わっているようですね。向かって左が昭和42年以前、右が43年以後です。
Jomokaruta_gen02
 1枚目の写真の右上に一部が写っているのは、群馬県の宣伝ポスターです。群馬県出身の中山秀征と井森美幸が登場しています。
Eninarugunma

2014年3月27日 (木)

ぐんまちゃんの名刺

 先日、県庁から「ぐんまちゃん名刺」の希望調査票が来ました。←こんなこと書くのは守秘義務違反? (^_^;

 デザインは2種類です。
Gunmac_meishi01Gunmac_meishi02
 実物はどちらも、ぐんまちゃんの形にくり抜いてあるんです。ちょっと使うには抵抗があります。(^_^;

 また、名刺は定寸定型でこそ整理に便な訳で、サイズや形がバラバラなのはいかがなものかとも思います。決まった形・大きさの中で個性を出すのが良いのではと。

 で、注文は見送りました。先日のぐんまちゃんバッジも身に着けるには抵抗があって、まだ着けていません。

 熱心なぐんまちゃんファンではありますが、ちゃんと選んでいます。選択基準は本人にもよく分かっていませんが。(^_^;

2014年3月26日 (水)

北陸新幹線

 来年、金沢に延伸される北陸新幹線の新車両が、今度のダイヤ改正で長野新幹線に登場しました。私はテツではないので、何系とかいう型番は分かりませんが、1日7編成だったか走っています。

 うまく巡り会えないものかと思っていたところ、今日、乗れました。19:34高崎発の上りです。
Shinkan01
 塗装の銅の色がシブくてお気に入りです。

 ロゴマークもかっこいいです。
Shinkan02
 座席はこんな感じ。枕が上下に動くそうですが、動かしませんでした。
Shinkan03
 窓側だけでなく、それぞれの座席にコンセントが着いています。これは便利かも。
Shinkan04
 新しい洗濯機とか冷蔵庫って、独特の臭いがしますよね。あれはなんの臭いでしょうか。塗料なのか、油なのか。嫌いな臭いではないのですが、ちょっと頭が痛くなることもあります。

 新車両、あれと似たような臭いがしました。

2014年3月25日 (火)

万葉集四季歌巻によまれた景物

 ちょっと必要があって、万葉集の四季分類歌巻(巻八・巻十)によまれた景物を集計してみました。数字は歌数です。→表はこちら(PDFファイルです)

 こういう作業、先行研究がきっとあることと思いますが、自分で数えてみました。単純作業ではありますけど、微妙なところで判断が加わりますので、同じテキストを用いても、10人がやれば10通りの違ったものができあがることでしょう。

 2巻合わせて4例以上の用例のあるもののみ挙げました。

 雨と時雨とを分けました。沫雪と雪と雪消とを分けました。雪消は4例以下のため表には載っていません。この一方、天の川・織女・彦星などは「七夕等」として一括してあります。

 目新しい結果ではありませんが、春にしか登場しないものに桜・柳・若菜・馬酔木・山吹、夏にしか登場しないものに霍公鳥・橘、秋にしか登場しないものに七夕関係・雁・鹿・田(稲穂も)・時雨・蟋蟀など、冬にしか登場しないものはありませんでした。

 雪や梅は冬にも春にも登場します。他にも複数の季節にまたがって登場するものがあります。季節はゆるやかに流れて行くようです。

2014年3月24日 (月)

岩波書店創業100年

 今日は神保町の岩波書店に寄ってから群馬に向かいました。

 岩波に行ったのは何かの打合せなどではなく、勤めている友人との面会です。

 受付で呼び出して貰って、1階のロビーで待っていましたら、岩波書店は大正2年(1913)の創業だそうで、創業以来100年の岩波書店の歴史を示すパネルが架かっていました。

 その歴史を見て、岩波書店の残してきた大きな足跡に改めて思いを馳せました。

 自分の専門に関することで言えば、日本古典文学大系、『国書総目録』、日本思想大系、『校本万葉集』、大日本古記録、『岩波古語辞典』などが真っ先に思い浮かびます。特に『国書総目録』は、本来は国の機関がしてもおかしくない仕事だと思います。それを民間の1出版社が成し遂げたのですから、すごいことです。

 上に挙げたのはほんの一部に過ぎず、『南都六大寺大観』やらなんやら、岩波の偉大な仕事は到底挙げ尽くせません。岩波の子どもの本なども懐かしいです。

 掲示してあったパネルを見つつ、感動しきりでした。

 今思えば、あのパネル、撮影しておけば良かったです。ブログに載せるに当たっても、画像がないと寂しいですし。(^_^) まだしばらく飾ってあると思いますので、また行ってこようと思います。(^_^)

2014年3月23日 (日)

富岡製糸場のポリ袋

Gunmac_tomioka  頂き物です。

 どういうわけか、私がぐんまちゃんファンだということが非常勤先の職員の方々の間にも知られています。

 「どういうわけか」といいますか、私自身がそのような言動をしている訳なのですが。(^_^;

 そういう情報が事務長さんのお耳にも達し、これを事務長さんが入手してくださいました。これ、今はもうなかなか手に入らないのだそうです。

 気に掛けてくださり、ありがたいことです。

 日頃からアピールしておくものですね。♪ 隠し立てはいけません。(^_^)

 2日連続のぐんまちゃんネタは避けたかったのですが、今日は他にネタが見つかりませんでした。(^_^;


2014年3月22日 (土)

ぐんまちゃんnanacoカード

 イトーヨーカドーとセブンイレブンで使えるnanacoカードのぐんまちゃん版が発行されました。

 群馬県内にイトーヨーカドーは伊勢崎店と藤岡店との2店のみしかありません。その2店でしか入手できず、枚数限定というレアものです。
Gunmac_nanaco
 早速入手しました。……と言いたいところですが、3月12日(水)発行で、実際に藤岡店に行ったのは3月18日(火)。藤岡店は勤務先から自転車で35分ほどかかります。無駄足になってもつまらないので、行く前にまだあるということを電話で聞いてみてから出掛けました。

 6日後にまだ在庫があるのですから、そうレアものでもなかったかもしれません。(^_^;

2014年3月21日 (金)

お彼岸の中日

 今日はお彼岸の中日。午前中、目黒のお寺の法要に参加しました。

 といっても、実は寝坊してしまいました。目覚まし掛けたんですけどねぇ。それが鳴ったのを無意識で止めてしまった訳ではなく、ちゃんと止めた意識はありました。止めたあと、さっと起きれば良かったんですけど、ちょっとうだうだしてから起きました。うだうだしていた時間は10分~15分という感覚だったのですが、起き上がって時計を見たら、目覚ましが鳴ってから1時間20分が過ぎていました。

 寝たという感覚は無かったのですが、寝ちゃったんでしょうねぇ。(^_^;

 10時から法話、11時から法要というスケジュールで、法話から出席するつもりだったんですけど、それには到底間に合わず、法要からの参加となりました。法要には間に合いました。

 寝坊したのがお彼岸の法要で良かったと言ったら、お寺さんに失礼に当たりますが、ほんと、入試や卒論の口述試験の時でなくて幸いでした。でも、いつかそういうときに同じ失敗をしでかしそうで、怖いです。気を引き締めなければ。

 寝過ごしたせいか、お寺から帰ってきたとき、結構元気でしたので、一休みしてから八王子の霊園に行ってきました。

 「富士見台霊園」という名で、条件が良ければ富士山の山頂付近が見えます。今日は下の写真のような感じでした。画面中央に白く見えるのが富士山です。右半分が雲に覆われている感じです。
Fuji20140321
 霊園には以前ご紹介した機守神社があります。今日は、八王子織物工業組合が奉納したのぼり旗が揚がっていました。
Hatamori02
 群馬と八王子とは、養蚕や織物を通したご縁がありそうです。JRの八高線もそれと関わりますかね。

2014年3月20日 (木)

卒業式・謝恩会

 今日は勤務先で卒業式がありました。あいにくの雨模様でしたが、大降りでなかっただけ幸いと考えましょう。先日のような大雪でしたら、式もできませんし。
H25sotsu01
 下は卒業証書授与の様子です。
H25sotsu02
 教員は壇上に上る者のみ略礼服です。私は壇上に上らなくて良いので、その必要はありません。ネクタイはおめでたそうなのが良かろうと思い、金のぐんまちゃんのにしました。(^_^)
Gunmac_necgold
 会場では、例年通り、吹奏楽部と箏曲部とが生演奏をしてくれました。
H25sotsu03 H25sotsu04
 夜は高崎で謝恩会がありました。
H25sha01

2014年3月19日 (水)

土屋文明記念文学館所蔵の新古今集

 先日、「やま・さと応縁隊」の成果発表を見に県庁に行ったときに見つけました。県立博物館を縦断する総合予定表です。あ、横断かな?
2013museum_cal01
 群馬県には、高崎市に近代美術館、歴史博物館、土屋文明記念文学館、富岡市に自然史博物館、館林市に館林美術館、という計5館の県立博物館等があります。

 このカレンダーの表紙では、それぞれぐんまちゃんが各館の内容に因んだ扮装をしています。ほんと、ぐんまちゃん大忙し。(^_^)

 さて、この中で、土屋文明記念文学館のぐんまちゃんは、律令官人風の衣装を身に着け、「七百年以上前の短歌だよ!」と言っています。
2013museum_cal02
 土屋文明と700年前の短歌? 万葉集はもっと前だし、「はて?」ですよね。

 これはどういうことかというと、土屋文明記念文学館の収蔵品の中に新古今集の写本があり、それが新古今集の写本としては現存最古級のものらしいのです。これは県立女子大学の石川先生の調査によって明らかになったことで、もう10年以上も前のことです。

 新古今集の最古の写本とされているのは、1274~1275年に書写された、冷泉家に伝わる写本だそうです。土屋文明記念文学館の写本は、残念ながら上下二巻のうちの上巻のみなのですが、書写年代は冷泉家の本と相前後する頃と推定されるそうです。

 実際に見せて貰ったことがありますが、保存状態はとても良好です。貴重なお宝ですね。

2014年3月18日 (火)

古事記かるた

 「古事記かるた」というのを買いました。万葉集のかるたは何種類もありますが、古事記のかるたは珍しいのではないでしょうか。

 企画・制作は奈良県です。3月13日発売ということですので、まだできたてのホヤホヤです。

 下はパッケージです。
Kojiki_car01
 6枚ご披露します。
Kojiki_car02
 読み札は以下の通りです。

あ:天宇受売 踊って神を 誘い出す
す:須佐之男は 出雲国に 追いやられ
や:八俣の大蛇 酒に酔わせて 退治する
お:大穴牟遅が 助けた稲羽の 素兎
な:長い糸 たどって行けば 三輪の山
く:草なぎの 剣が救う 危機一髪

 高天原から追放されるスサノヲに髪の毛がありません。髪と爪とを抜かれてしまったのですね。(^_^;

 どれも漫画のような絵で、親しめます。ほのぼのとした画風ですね。

 ただ、かるたとしては、「どうなの」という点があります。普通、こういうかるたでは、「あ」の札は1枚、「い」の札も1枚、……ですよね。それでこそかるたとして成立します。

 かるたを作る人は、ラ行のような少ないものも苦労して作るわけですよね。

 でも、このかるた、「あ」の札が6枚もあります。以下の通りです。

あをによし 奈良の都で古事記でき
天照大御神は 天の岩屋に 世は闇に
天宇受売 踊って神を 誘い出す
荒波を 静めるために 身を捧げ
天翔ける 大きな白い 鳥になり
虻食べた 蜻蛉にちなむ 蜻蛉島

 「お」は3枚。「い」や「く」も複数枚あります。これだと、「あ」で始まる読み札を読み上げて、「はーい」と取っても、それが正解の札なのかどうか確認がいります。すごく面倒臭そう。(^_^;

 解説には、「『古事記』の世界に、子どもの時から(対象は小学四年生以上)楽しく遊びながら、親しんでもらうことを目的に、奈良県が作ったものです」とあります。

 「あ」の札が6枚もあって、「どれだ?」と考えて取れば、その方が勉強にはなりましょうが、ちょっとハードル高すぎでは、と思います。

 読み札のウラにはその札の内容の解説が書いてあります。そして、取り札を裏返して適切に並べると古事記地図ができあがります。以下の通りです。
Kojiki_car03
 ここに描かれている世界は、葦原中国、高天原、根之堅州国、綿津見神の宮です。黄泉国がありません。黄泉国は根之堅州国と同じと見ているのかもしれません。

2014年3月17日 (月)

ばらつきが多いぐんまちゃん饅頭

 当ブログでぐんまちゃん饅頭を2回取り上げました。1回目と2回目とでデザインが微妙に違っていることが気になっていました。

 先週の土曜日、前橋での用事が終わって高崎に移動し、このお店を覗いたら、ぐんまちゃん饅頭がたくさん並んでいました。
Gunmac_man08
 「1つ買いますので、写真撮って良いですか?」と聞いたら、快く撮らせてくれました。

 一堂に会したのを見るとよく分かります。ばらつき、結構大きいです。(^_^;

 特に前髪の違いが顕著です。左上のぐんまちゃん、突っ張りあんちゃんのような、氣志團のような、欽ドンの「良い子悪い子普通の子」のワルオのような風情です。

 どうなんでしょ? 「みんな違ってみんな良い」と言うべきか。製品としてのばらつきが大きすぎると言うべきか。(^_^;

 ぐんまちゃんのデザインは決まっている訳で、お饅頭を作るに際しては、それに準拠して、お饅頭としてのデザインを決めた訳でしょう。手作りのためにある程度のばらつきが出るのは仕方ないとしても、ちょっとぶれ幅が大きいような気がします。

 ま、買う方で、気に入ったのを選べば良いようなものですが。……で、、この突っ張りぐんまちゃんを買いました。(^_^)

 2回目に買ったのと今回買ったのとを比べてみます。

 上が2回目、下が今回です。
Gunmac_man06 Gunmac_man09
 同じく、上が2回目、下が今回です。
Gunmac_man07 Gunmac_man10
 横から見ると、耳の角度や帽子の角度も違いますね。顔の白い部分の大きさも。

2014年3月16日 (日)

ぐんまちゃの衣装デザイン募集

 14日(金)に「やま・さと」の成果発表を聴きに県庁に行ったとき、ぐんまちゃんの衣装デザインコンテストの募集チラシが置いてありました。
Gunmac_00
 ぐんまちゃんの誕生から20周年を迎えたことを記念して、ぐんまちゃんが着用する衣装デザインのコンテストを開催するということです。というか、すでに開催中で、平成26年3月31日が募集締切だそうです。あと2週間。

 「群馬県の魅力を日本中、世界中にPRできるようなものとしてください」とのことです。「世界中」とはまた大きく出ました。意気軒昂で良いです。(^_^)

 応募用紙は以下の通りです。この絵、ちょっとヘンなような。(^_^;
Gunmac_isho
 募集の詳細や応募用紙は群馬県のHPに載っています。
http://www.pref.gunma.jp/01/b0100176.html
です。

 デザインには全く自信がありませんので、私は応募できませんが、我と思わん方、ぜひ!!

2014年3月15日 (土)

群馬学リサーチフェロー発表会

 今日は、勤務先で開催された群馬学リサーチフェローの研究発表会に行ってきました。
H25research01
 「群馬学リサーチフェロー」というのは、「群馬に関して調査・研究を行う有志のボランティア研究者で、そのネットワークによって個人の研究を深化させるとともに、本学が提唱する「群馬学」の発展に寄与していただこうとするものです。」というものです。この3月で第2期の方々が満期となりますので、今日の会はその研究成果の発表の場ということになります。
H25research02
 リサーチフェローについては大学HPに第2期の募集要項が載っていますので、それで、イメージを掴んで戴けると思います。この募集に応じてメンバーになったのが今日発表の方々です。

 今日は、第2期の9グループ10名と、第1期の継続メンバー9名、他に別枠として2グループの発表がありました。人数が多いので、朝9時半から夕方前まで掛かります。私はあいにく午後は前橋で用事がありましたので、午前の部だけで失礼してしまいました。それでも、テーマは古代が絡むものから現代まで多岐に亘り、面白かったです。

 昨日の「やま・さと」といい、今日のといい、刺激になります。

 1日1人あたりの水使用量が一番多いのは山梨県だそうです。そのあと、徳島県、福井県と続き、群馬県は第4位なのだそうです。いずれも水が豊かな県という感じがします。それに加えて、節水意識があまり高くないということもあるかもしれませんね。水使用量が一番少ないのは福岡県だそうです。夏場の渇水が多いという指摘がありました。

 あれこれ興味を惹かれた中で、次のものも大変に興味深かったです。
H25research03
 小正月のツクリモノの1つに「オニノハ」というのがあるそうです。「鬼の歯」ということでしょうね。発表者も言っていましたが、先端をとがらせた木片に「鬼」とか「急々如律令」などと書いた呪符木簡があちこちから出土しています。「オニノハ」って、どうもこの末裔のような気がします。先端のとがった形が歯と共通しています。大きいので、鬼の歯ということなのでしょう。そうすると、これ、1300年もの歴史がありそうです。

2014年3月14日 (金)

やま・さと応縁隊成果発表会

 今日、県庁で「やま・さと応縁隊活動調査成果発表会」がありました。本当は2月中旬に行われるはずが、大雪で延期になったのでした。
H25yamasato05
 参加団体は3大学4チームです。群馬県立女子大学からは、美学美術史学科と国文学科とが参加しました。
H25yamasato02
 国文チームがトリを務めました。こういうことを言ってはいけないのだと思いますが、一番良かったと思います。(^_^)
H25yamasato04_2
 養蚕語彙に関する方言調査をするためには、調査者みずからが養蚕のことを知っておく必要があるということで、養蚕の体験をした上での方言調査でした。そういう活動を通して地域の方々との交流も生まれました。

 国語学・国文学研究がいかにして地域と交流し合えるかという1つの良き例にもなったと思います。参加した学生達が皆生き生きしていたのが印象的でした。

 養蚕に関する語彙の歳時記もできましたので、その流れで、メンバーがそれぞれ作った俳句の披露があったのも楽しかったです。♪

 発表会場とは別のフロアでは、展示も行われました。展示は今日明日の2日間です。
H25yamasato01_2

2014年3月13日 (木)

暴風雨

 東京の家に来ています。

 そこそこの暴風雨でした。今は雨は上がり、月が見えていますが、風はまだ強いです。

 夕方、雨が結構激しかったとき、雨戸を閉めようかと思いましたが、風雨が盛大に網戸越しにガラス戸を打っているのを見て、やめました。

 このままにしておけば、網戸もガラス戸もきれいになるのではないかと思ったのです。(^_^) なんのための雨戸だか。(^_^;

 無精者は考えることが違います。

 で、正解でした。網戸もガラス戸もきれいになりました。今思うに、洗剤を吹き付けておけばもっと良かったかもしれません。(^_^)
Amido20140313

ぐんまちゃんバッジ

 大分前に買いました。スーツの襟などに付けるバッジです。
Gunmac_badge01
 買いはしたものの、実際に着用するには抵抗があり、まだ着けていません。(^_^;

 毎日、ぐんまちゃんネクタイはしているんですけどね。ネクタイの柄は小さかったり、光線の具合で見えにくかったりというものを選んでいます。

 でも、バッジとなると顔のすぐ近くで、目立ちますし、ヘンな人と思われそうな怖れがあります。
Gunmac_badge02
 そうしたら、先日打合せに来てくれた観光バス会社の営業の人が、まさにこのバッジを着けていました。どんな風に見えるのか、恰好の見本ですので、しげしげと見てしまいました。

 で、結論は、「やっぱり、ヘン」。(^_^; ←失礼(^_^;

 着けるのは当面やめることにしました。(^_^)

2014年3月12日 (水)

残雪その後

 先月26日に「残雪」という記事を載せました。14日に大雪が降って、その12日後、家の北側の日陰の部分にはまだあんなに雪が残っていました。その写真、再掲します。
Yuki20140226
 あの「残雪」の日から2週間を経て、今、こんな状況です。
Yuki20140311
 「おお! さすがに随分消えましたね」という感じでしょうか、それとも、「えっ! まだ残っていたんですか」という感じでしょうか。(^_^) この2週間、積雪の追加はほぼなく、雨まで降ったというのに……。

 日向にはとっくに雪の破片もありません。日の恩は偉大です。それに引き替え、日が当たらないと、この有様です。ずっと寒かったですしね。木の枝もだいぶ折れています。

 今日は気温が上がりそうですし、木・金は雨のようですから、それでさすがに消えるでしょう。

 本当にすごい雪でした。

2014年3月11日 (火)

黙祷

Asama_20140311  震災から丸三年。

 今日は職場で放送を合図に、地震の起きた時刻から1分間の黙祷を捧げました。

 黙祷開始直後に遠くでサイレンの音が聞こえました。あれは玉村町役場か、あるいは玉村町内のどこかの企業による合図と思います。東京の家の近所のスーパーにも、その時間に黙祷をし、その間レジも止める旨の貼り紙がしてありました。全国で黙祷が捧げられたことと思います。

 亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、1日も早い復興をお祈り申し上げます。

 あの日の朝、普段と全く変わらず、「行ってきます」と家を出たきり、それが家族との永遠の別れになってしまった人も大勢いらしたことと思います。お気持ちは想像を絶するものがあります。

 そして、ほんの数時間後にこんなに途方もないことが起ころうとは、誰も想像もしていなかったことでしょう。一寸先は闇とはよくぞ言ったものです。

 明日も、明後日も、5年後も、10年後も、今とほぼ同じような日々が続いているものという前提で、長期的な生活設計もできますが、そうとばかりは言えないということも考えておかなければいけませんね。

 写真は、今日、通勤途中に見た浅間山です。雲がかかっていたり、かすんでいたりすることが多く、こんなに鮮明に見えることはあまり多くはありません。震災とは直接関係ない写真ですが、荘厳な風景のように見えましたので、貼ることにしました。

2014年3月10日 (月)

月替わりぐんまちゃん(3)

 群馬県の広報誌『広報ぐんま』の3月号の表紙に載っているイラストです。
Gunmac_koho201403
 梅の木を下から仰ぎ見ているぐんまちゃんを、上から描いています。

 こういうアングルからのぐんまちゃんのイラストは珍しいと思います。初めて見ました。

 相変わらず寒さ厳しい毎日ですが、水曜日あたりからは暖かくなるようですね。

2014年3月 9日 (日)

確定申告

 1月から3月までは、入試があったり、卒論審査があったり、成績評価があったりで、何かと多忙です。

 でも、3月上旬に成績提出が終われば、ヤマは越えたことになります。

 ヤマを越えたときに、「おお、そうじゃった」と、思い出すのは確定申告です。

 主たる収入は、県から頂いている給与ですが、それ以外に非常勤講師等や、講演料・原稿料(こちらはあらかた無料ですが、たまに有料なこともあります)もありますので、確定申告が必要になります。

 申告書の作成に当たっては、平成18年の分からは国税庁のホームページのシステムを利用しています。こういう書類作成には苦手意識がありますし、年に1度なので、なかなか慣れませんが、今年やっと、「あ、結構簡単かも」と思えるようになりました。遅いです。(^_^;

 国税庁のシステムでは、前年度のデータを呼び出して、それをベースに作りますので、ほぼ数字だけ変えればできてしまいます。今年はすらすらと行きました。(^_^)

 徹底的に控除を目指すようなこともしない、おおらかな書類作成です。(^_^;

 作成した書類はPDFで提供されます。平成18年の分以降のデータはハードディスク上に保存してあります。

 これを見たところ、私の給与所得は平成19年以降、毎年減り続けていました。

 不況の影響ですねぇ。古き良き時代には、給与所得は年々増えていったはずなんですけどねぇ。

 群馬県のHPを見ますと、たとえば、「平成25年度5月補正追加予算について」という標題のもとに次のような文章があります。

>国家公務員給与減額支給措置に準じ、地方交付税等の大幅な削減が見込まれることから、県民サービスの低下を招くことがないように、職員給与等を削減することとし、減額分について、5月定例県議会へ補正予算案を追加提案する。

というようなこともあって、給与所得が減っているのでした。

 厳しいなぁとは思いますが、世の中、もっともっと厳しい状況に置かれている人は大勢いることと思いますので、ありがたいと思わなくてはいけないかもしれません。

 来年の確定申告の時は上昇に転じているといいなぁと思います。

2014年3月 8日 (土)

ネコのたまの仲間たち

 お正月に「ネコのたまと仲間たち」と題する記事をアップしました。

 たまは飼い猫です。そして、たまの人徳(猫徳)を慕って軒下に住みついた黒ネコ親子(母と、その子の姉弟)が3匹と、ご近所の人が引っ越しに際して置き去りにしていったシマネコが1匹。

 昨日また行ってきましたので、その続報です。

 タイトルを「ネコのたま~」ではなくて、「ネコのたま~」としたのは、今回はたまは遠征中で、チラとしか会えなかったからです。この寒空に、どこか外をふらついています。恋なのか、縄張りの拡大なのかは分かりません。

 家主(?)のたまがいなくても、仲間たちはずっと軒先にいます。

 黒ネコ親子。姉弟は真っ黒ですが、母は黒ネコとは言えないかもそれませんね。
Tamatomo_h260307a
 シマネコも含めて、仲良く食事中。
Tamatomo_h260307b
 なお、たまのゴハン容器の上には普段は蓋が載っています。蓋しておかないとネズミが食べてしまうのだそうです。ネズミにエサを横取りされるネコって……。(^_^; そして、たまはネズミを全く捕らないそうです。それで、完全に舐められているのでしょう。

 画面右上から別のネコが1匹接近中。それを食事中のシマネコが牽制しています。
Tamatomo_h260307c
 下の写真、よく見えませんが、画面右下隅に別のネコの足だけが見えています。さらに、画面からは完全に切れてしまっていますが、もう1匹接近中のネコがいます。
Tamatomo_h260307d
 というわけで、飼い猫のたま、軒先に居着いてしまった4匹の仲間たち、予備軍になるかもしれない別の3匹、というネコ集団を見ました。ネコ屋敷と言えましょう。この先、どうなるのでしょう。次回このお宅にお邪魔するのは来年になるかもしれませんが、ネコがどれだけ増えているか、怖いものがあります。(^_^;


2014年3月 7日 (金)

連携手ぬぐい

 群馬県立女子大学の美術の実技ゼミと、高崎市の手染め手ぬぐいの製造企業との連携商品があります。

 発売されたのは大分前なのですが、まほろぐの一昨日の記事に対するのりすけさんのコメントに絡めてご紹介します。

 高崎駅構内の物産店「いろは」で撮しました。
Nakamurasome
 11種類の商品の中に、「おそうじネコ」「ねことさかな」「服猫」「ごろねこ」と、ネコ絡みが4点もあります。「ブレーメンの音楽隊」にもネコが入っていますよね。メンバーの中にネコ好きが多かったのでしょうかね。(^_^)

2014年3月 6日 (木)

うさぎの切手

Usagikitte  4月からの消費税改定に伴い、郵便料金も値上げされるため、3月3日に新しい郵便切手が発売されましたね。

 その中で、うさぎの2円切手がお気に入りです。(^_^) 自分がうさぎ年ということもあり、うさぎには親近感があります。それに、このうさぎ、かわいいし。♪

 郵便切手やお金はコピーしたり、スキャンしたりしてはいけないのですよね。それで、斜めから撮して、赤い線などを入れてみました。(^_^)

2014年3月 5日 (水)

やま・さと応縁隊成果発表会

 昨年12月、当ブログで「やまさと応縁隊」のことを載せました。

 3月14日(金)にその成果発表会が催されます。会場は群馬県庁の2階です。県庁の1階では、14日(金)・15日(土)の両日に亙って、その展示が行われます。
Yamasato02
 この催し、当初は2月17日に行われるはずだったのですが、例の記録的な大雪の影響で延期になりました。準備を整えていた隊員達はがっかりしていたことと思います。早い時期で開催が決まったことは幸いでした。

2014年3月 4日 (火)

また『歴史読本』

 あまり雑誌の宣伝をしてもナンですが……。

 先日発売された『歴史読本』も古代特集でした。
Rekidoku_h26_04
 歴史学で「古代」というと、平安末までを含む訳ですが、この表紙に見るように、実際の対象は飛鳥・奈良時代ですね。

 この雑誌の特集は、以前は、戦国・江戸・幕末が中心で、ときどきそれ以外の時代が取り上げられるという感じだったのですが、数年前に年末年始に記紀を特集したあたりから、古代も取り上げられる機会が増えたように思います。嬉しいことです。(^_^)

2014年3月 3日 (月)

新町のひなまつりにぐんまちゃん

 先月このブログでご紹介した新町のひなまつり、3月3日の今日が最終日でした。
Shinhina20140303a
 今日はぐんまちゃんも登場するということでしたが、ずっと出づっぱりというわけでもないでしょう。「会えたらラッキー」というほどの気持ちで通りかかったら、うまい具合にいました。(^_^)
Shinhina20140303b
 ツーショットも撮れました。♪
Shinhina20140303c
 しかし、ひなまつり当日が最終日というのも寂しい気がします。雛人形を仕舞うのが遅くなると婚期が遅れるという俗信によるのでしょうけどね。

 同種のイベントで、旧暦の3月3日まで雛人形を飾っておく地域があることをつい先日聞きました。それ、なかなか良いアイディアと思います。もともと旧暦の行事ですしね。「桃の節供」っていったって、新暦じゃまだ咲いていませんもの。

2014年3月 2日 (日)

新幹線の車中から撮影(1b)

 群馬県渋川市の吾妻川のほとりに、甲波(かは)宿祢神社の旧社地というものがあります。字は「甲波」と書きますが、意味は「川」なのでしょう。川の神様。

 この神社は、天明三年の浅間山の噴火による火砕流が吾妻川を下ったために、それによって流されてしまい、高台に移転しました。旧社地には標柱が立っていて、それと分かるようになっています。

 この旧社地は、新幹線の高架のすぐ近くにありますので、新幹線の車中から撮影できるはずだと思い、昨年9月に無事撮影し、このブログにも載せました

 その折は、旧社地を撮すことしか念頭にありませんでしたが、あとから考えると、折角新幹線から撮すなら、吾妻川と旧社地との位置関係が分かるような写真を撮りたいと思いました。

 で、今日、撮影に成功しました。(^_^)

 画面左端に見えているのが吾妻川です。右端中央付近、赤丸で囲んだのが旧社地です。
Kawasukune20140302
 火砕流、川幅よりも相当に大きな幅で流れ下って、いろいろな物を押し流していったのでしょうね。改めてそのすさまじさを感じました。

 旧社地、あまりにも小さくてよくわかりませんね。下に拡大しました。
Kawasukune20140302b

2014年3月 1日 (土)

変化するぐんまちゃん饅頭

 2月7日に玉村町の福嶋屋さんのぐんまちゃん饅頭を購入し、ブログでご紹介しました。

 昨日、久し振りにそのおまんじゅうを買ってみましたら、微妙に変わっていました。

 まず、先日は離れていた両手が本体と一体になっていました。下の写真が前回の、その下のが今回のです。
Gunmac_man03 Gunmac_man06
 そして、耳の傾きが違います。全体は立っていたのが、今回は後ろに傾いています。これも同じく、下のが前回の、その下のが今回のです。
Gunmac_man05 Gunmac_man07
 手の方は仕様変更でしょうが、耳の傾きはどうでしょうね。作っている職人さんの差だったりして。(^_^)

 しばらくしたらまた買ってみます。(^_^)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ