« 群馬は危険? | トップページ | 雪の山が…… »

2014年2月23日 (日)

赤穂市の『忠臣蔵』完結&一誠堂書店

Chushin_v07  赤穂市が編纂・刊行中だった全7巻の『忠臣蔵』が、先頃無事に完結しました。相当の長期間にわたる編纂作業が結実して慶賀の至りです。

 この本、かつて5冊くらい刊行されていたときに、神保町の一誠堂書店から既刊分を一括購入しました。

 今回、完結した訳ですが、赤穂市では分売はしないということのようです。さて、どうしたものかと思って(思っただけで、忘れて)いたところ、最終回配本分が一誠堂から届きました。

 同封されていた手紙には「さてこの度、全巻のご注文を頂いておりました書籍 赤穂市発行『忠臣蔵(全7巻)』の最終巻「第七巻」一冊を入手いたしましたので、……」とありました。全く記憶にありませんでしたが、既刊分5冊を購入したとき、続刊の2冊も刊行され次第送るという特約(?)付きだったのかもしれません。

 さらに、そういえば、最初に入手した分は一括して書架の同じ所に並んでいるのですが、第6回配本分は別のところに積んであります。この巻も後から一誠堂から送られてきたような気もします。

 もう、いろんなこと、片っ端から忘却しています。ぼけ老人です。(^_^;

 古本屋さんというと、店主1人だけとか、夫婦2人とか、親子2人とかで経営している店が多いように思います。そんな中で、一誠堂の社員数はたぶん10数人、ひょっとすると20人台かもしれません。それでこういう顧客管理ができるのかもしれませんが、すごいなぁと思いました。既刊分買ったの随分昔ですもの。

 写真は、カメラを縦位置にして、内蔵ストロボで撮りました。それで、影が不自然な方向に出ています。光の向きも大切ですね。

« 群馬は危険? | トップページ | 雪の山が…… »

史料・資料」カテゴリの記事

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/59187248

この記事へのトラックバック一覧です: 赤穂市の『忠臣蔵』完結&一誠堂書店:

« 群馬は危険? | トップページ | 雪の山が…… »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ