« 『語り継ぐ古代の文字文化』 | トップページ | 群馬のことばと文化11 »

2014年1月 5日 (日)

ネコのたまと仲間たち

 まほろばには何度か登場した猫のたま。まほろぐには初登場です。
Tama_h260104a
 たまに会うのは年に2~3回ですが、生まれたときからの飼い猫なので、私にも良く懐いてくれます。半分くらい外にいるので、なんか汚れています。(^_^;
Tama_h260104b
 この家で飼っているのはたまだけですけど、よそのネコが勝手に4匹玄関先に住みついています。そのうち3匹は黒ネコの親子で、母ネコと、その子供たち(姉と弟)です。

 黒ネコ母。
Tamatomo_h250105c
 黒ネコ姉。
Tamatomo_h250105a
 黒ネコ弟。
Tamatomo_h250105b
 たまが、「うちに来ればゴハンあるよ」などと言って、連れてきてしまったフシがあります。(^_^;

 もう1匹はご近所の人が引越して行くときにこの家に捨てて行ってしまったようです。ネコ屋敷と思われているのかもしれません。シマネコです。
Tamatomo_h250105d

« 『語り継ぐ古代の文字文化』 | トップページ | 群馬のことばと文化11 »

動物」カテゴリの記事

コメント

 あれまあ、可愛い猫さんだこと。

 失礼いたしました。つい。
 たまちゃんは、自由に外に出られるのですね。今時恵まれた生活です。
 居候の黒猫姉妹、かわいいです。

 我が家にも黒猫の親子がおります。外猫出身のため、彼らと信頼関係を築くのに時間がかかりましたが、1年かけて随分と距離が縮まりました。

 姉妹のお母さんは、鍵尻尾を越えるくるりん尻尾でしょうか。

 縞猫も可愛いです。

朝倉山のオニさん

 コメントをありがとうございます。

 ネコネタにはコメントをくださると思っていました。(^_^)

 昔は町のネコにも自由に外に出られるような飼われ方をしていたのもいたと思いますが、今どきはなかなかそういうわけにはゆきませんものね。

 たまの場合は、自由に外に出られるような出入口があると、他のネコがそこから入ってきてしまう恐れがあるので、外出は許可制のようです。(^_^)

 ニャーニャー鳴くと外に出して貰え、外でニャーニャー鳴くと中に入れて貰えるというシステムです。

 母ネコのしっぽ、良くお気づきですね。さすがです。

 近づくと逃げてしまうので、良くは分からないのですが、鍵しっぽのようです。

 オニさんも黒ネコの親子を飼っていらっしゃるのですか。1匹だと、オニさんの留守中、寂しがっているのではないかと気がかりでしょうが、2匹いればその点は安心ですね。

 元は外ネコさんですか。それはさぞ大変だったことでしょう。今はもう随分慣れたのですね。1年掛かって築いた信頼の絆ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/58891428

この記事へのトラックバック一覧です: ネコのたまと仲間たち:

« 『語り継ぐ古代の文字文化』 | トップページ | 群馬のことばと文化11 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ