« 「八丈・島ことばかるた」 | トップページ | 忠臣蔵ぐんまちゃん »

2013年12月 6日 (金)

金井東裏遺跡から装飾馬具が出土

 昨日付の上毛新聞(ネット版)によれば、例のよろいを着けた古墳人が出土した金井東裏遺跡で、今度は装飾馬具が出土したとのことです。

 「剣菱形杏葉(けんびしがたぎょうよう)」というもので、鉄板に金銅を張って制作されていたそうです。馬の尻を飾る馬具だそうです。

 よろい人骨の出土地から北西約70メートルの地点で発見されたとのことです。

 で、こういう馬具は、通常は古墳の副葬品として出土するもので、古墳以外の場所で見つかるのは、「国内でもほぼ例がない形での出土」ということです。

 この遺跡は、噴火の前はどういう場所だったのでしょうね。野原だったのか、人家のある場所だったのか。大量の土器がまとめて出土していることからは、あるいは祭祀場だったのかもしれません。

 噴火に伴う火山灰や軽石などによって、いろいろなものがパックされてしまったのですね。

 よろい人骨がすごい発見であることは勿論ですが、どうも、よろい人骨だけがすごいのではなくて、この遺跡丸ごとすごいのではないかと思えてきました。

 「日本のポンペイ」まではゆかなくとも、その片鱗くらいの価値は十分にありそうです。

 今後、まだまだいろいろなものが見つかるかもしれませんね。

 大発見があれば全国ニュースで報道されるでしょうが、そこまで行かない場合はローカルニュースに留まることでしょう。今後も、何かありましたら、このブログでお知らせしますね。

« 「八丈・島ことばかるた」 | トップページ | 忠臣蔵ぐんまちゃん »

古代群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/58709929

この記事へのトラックバック一覧です: 金井東裏遺跡から装飾馬具が出土:

« 「八丈・島ことばかるた」 | トップページ | 忠臣蔵ぐんまちゃん »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ