« 「くっつきのを」の看板(?)差し替え | トップページ | ぐんまちゃんの「おくすり手帳」 »

2013年11月25日 (月)

群馬のことばと文化7

 今日は、県民公開授業「群馬のことばと文化」の第7回目がありました。

 講師は、群馬県立女子大学地域日本語教育センターのヤン・ジョンヨン先生(本学専任講師)で、テーマは「非母語話者との対話とは」でした。
Yan01
 群馬県には大泉町(人口の15%が外国人)をはじめとして定住外国人の多い地域があります。本学は、群馬県の県立大学として、定住外国人達への日本語教育に資することを目的に、今年、地域日本語教育センターを設立しました。

 今日のご講義も、定住外国人と対話をするときの方法(単語や語法の選択等)についてのお話しでした。

« 「くっつきのを」の看板(?)差し替え | トップページ | ぐんまちゃんの「おくすり手帳」 »

群馬のことばと文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬のことばと文化7:

« 「くっつきのを」の看板(?)差し替え | トップページ | ぐんまちゃんの「おくすり手帳」 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ