« 萬葉学会 | トップページ | 体内年齢 »

2013年10月13日 (日)

滝沢馬琴硯の井戸

 日付は萬葉学会の1日前になり、話題が前後しますが、一昨日の金曜日の夜、用事で九段下に行きました。

 少し時間があったので、あたりをふらふらと探険していたところ、植え込みの中に「滝沢馬琴硯の井戸跡」という看板(高札?)がありました。

 「はて?」と思って近づくと、下のようなことが書かれていました。
Bakinido01
 かつて馬琴がここに住んでいて、馬琴の使った井戸が残っているということのようですね。

 この井戸の水は、なにも墨を磨るときだけに使ったわけではなく、生活全般に使い、その中に硯の水としての用途も含まれていたということでしょう。

 それでも、この水で磨った墨で『南総里見八犬伝』をはじめとする多くの作品が生まれたわけですから、「滝沢馬琴硯の井戸跡」という言い方も間違ってはいません。そういわれれば、価値ある井戸という気もしてきます。

 ま、ものは言いようです。(^_^)

 井戸は、この立て札から少し入った奥にありました。マンションの入口脇です。不審者と思われかねませんが、近づいてみました。
Bakinido02
 こちらの碑文は「都指定旧跡 滝沢馬琴宅跡の井戸」となっています。こちらの碑文の方が正確ですね。立て札の標題はキャッチーです。(^_^)

« 萬葉学会 | トップページ | 体内年齢 »

史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/58379040

この記事へのトラックバック一覧です: 滝沢馬琴硯の井戸:

« 萬葉学会 | トップページ | 体内年齢 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ