« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

ぐんまちゃん生ロールケーキ

Gunmac_roll01
 昨日、高崎駅構内のお菓子屋さんで見つけました。生ロールケーキです。

 売っていたのは、福嶋屋さんという玉村にある和菓子屋の高崎駅支店です。いつぞや、まほろばでご紹介した「たまたんサブレ」もこのお店の品です。

 ロールケーキがおいしいということで、地元ではよく知られたお店です。そのお店が、得意のロールケーキでぐんまちゃんを作ってしまいました。(^_^) お店の人に聞いたら、1週間ほど前に売り出したようなのですが、私は迂闊にも昨日初めて知りました。
Gunmac_roll02
 おいしゅうございました。ただ、1度に全部は食べられないので、どうしてもぐんまちゃんの顔にナイフを入れることになります。(^_^;

 ま、仕方ないですね。(^_^;

2013年10月30日 (水)

群馬のことばと文化4

Itabashi01
 今日は、県民公開授業「群馬のことばと文化」の第4回目がありました。

 え? 一昨日、第3回目をしたばかりだったんじゃないですか? と思われるかもしれません。

 この授業は月曜日の5時限目なのですが、例のハッピーマンデー対策で、今日は水曜日ながら、振替月曜日ということで、月曜の時間割で授業を行います。それで、一昨日に続き、今日もまた「群馬のことばと文化」です。

 月曜日は、これ以外にも私は2科目授業がありますが、その2科目も一昨日に引き続き、中1日おいて、今日また授業でした。学生さん達も、中1日でまた私の顔を見るのはイヤだったことでしょう。(^_^;

 話しは戻って、今日の講師は國學院大學文学部兼任講師の板橋春夫先生で、テーマは「出産とジェンダー ―男性産婆の伝承―」でした。
Itabashi02

2013年10月29日 (火)

卒論中間発表会

 昨日の群馬県民の日は通常の授業を行いましたので、今日はその振替休日でした。それを利用して、国文学科では卒論の中間発表会を開催しました。時期的には中間ではなくて終盤のはずですが、そこはなかなか……。(^_^;

 4教室を借りて、上代・中古文学、中世・近世文学、近代・現代文学、日本語学・日本語教育学の4分野並行で行いました。

 順調に進んでいるらしい学生もいれば、あまり進んでいなさそうな学生もいました。締切の12月20日は52日後です。残り少なくなったとはいえ、52日というのは決して少なすぎる日数ではありません。後悔のないようにがんばって欲しいです。

 3年生があまり来ていない中、1年生を見かけました。大変結構です。♪
Photo
 今日、少し寒かったです。画像がないと寂しいので、「風邪をひかないように」ということで、手を洗っているぐんまちゃんの絵を貼りました。ほとんど無理矢理です。(^_^;

2013年10月28日 (月)

群馬のことばと文化3

Imaim01
 今日は、県民公開授業「群馬のことばと文化」の第3回目がありました。講師は富岡製糸場総合研究センター所長の今井幹夫先生です。

 テーマは「他国(県)文化の受容性について―信州諏訪神社建築様式の受容―」とのことでしたが、今日のパワーポイントでは、「長野県文化の甘楽郡への移入―大隅流建造物の流入―」となっていました。両者、文言は異なりますが、趣旨は同じと思われます。
Imaim02
 江戸前期の日光東照宮のような華麗な彩色の社寺建築とは異なり、江戸後期には彫刻自体がよく分かるような白木造りの社寺建築が行われるようになったそうなのですが、そういう建築の流派に関するお話しでした。

2013年10月27日 (日)

新町図書館で出前講座2

Shinmachi_to
 今日は、高崎市立新町図書館で出前講座をしてきました。ここで出前をするのは9月に続き2度目です。それでタイトルに「2」を付けました。

 テーマは「上野三碑を考える」です。→レジュメはこちらをご覧ください

 しばらく前の記事に上毛かるたの「昔を語る多胡の古碑」のことを書きました。セレブな石碑です。(^_^) その上毛かるたの絵(英文の上毛かるたですが)をレジュメに載せました。

 途中、半分以上過ぎたところで入ってきた人がいました。90分の講座が終わって、20分ほどにも及ぶ熱心な質疑応答の後、その遅刻してきた人が近寄ってきました。若い女性です。何か質問かと思ったら、新聞記者だそうです。遅れてきて前半を聴いていないので、前半、どんな話しだったのかかいつまんで話して欲しいということでした。

 ひとこと「ヤダ!」と言って終わらせました。ずぼらで、失礼な記者です。

白滝姫

 10月25日付「桐生織展」に頂いたのりすけさんからのコメントへのレスで、八王子の織物に関する神社のことを書きました。その写真が見つかりましたので、アップします。

 神社の名前は機守(はたがみ)神社です。
Hatagami01
 側に解説板があります。
Hatagami02
 字が小さいので、以下に解説をそのままアップします。

----------------------------------------------------------

   機守(はたがみ)神社の由来

 天平の時代、孝謙天皇にお仕えした白滝姫は類い稀な美しい女性でありましたが、姫を垣間見た上野国の役人山田舎人は、それ以来姫を恋い焦れ、慕情を歌にしておくりました。
 やがてこの事を天皇がおきゝになり、その心をあわれとされて姫を山田の妻におゆるしになりました。
 姫は上野国に養蚕や機織の道を興されました。姫の歿後人々は姫を養蚕機織の神白滝観音として祭りました。
 文政のころ、八王子宿に信仰心の篤い与平という老人がいました。或る夜、夢の中で白滝姫におあいし機織の秘法を授かりました。翌朝目覚めた与平は大変よろこんで、白滝姫のお姿を模写し、大善寺のかたわらに小祠を建て機守神社として、朝夕崇拝したと云います。
 以来、八王子織物の業に携わる人々から厚い信仰を受けておりました。その後三回の祠の修復が行なわれ、昭和五十七年十二月この地に遷座されました。

    昭和五十七年七月七日
         宗教法人 大善寺
         八王子織物工業組合

-------------------------------------------------------

 前半は奈良時代の白滝姫の話、後半は江戸時代後期のこの神社の由来の話です。

 前半の白滝姫についてググってみますと、結構いろいろと出てきました。

 桐生にもこの姫の伝説があるようです。そこでは、桓武天皇の時代、上野国山田郡とあります。

 他地域にも同様の伝説が伝わっているようです。「山田」というのが、地名または氏の名として共通しています。

 中には、この姫は藤原豊成の娘で、かの当麻寺の中将姫の妹とする伝承もあるようです。

 なんか、奥が深そう。

2013年10月26日 (土)

群馬学連続シンポジウム

 今日は勤務先で、第25回群馬学連続シンポジウムがありました。今回のテーマは、「県令・楫取素彦(かとりもとひこ) ―薫陶と遺産―」です。

 楫取素彦は第二次群馬県の初代県令(県知事)です。楫取素彦は長州の出身で、吉田松陰の妹を娶っています。群馬県令としては、教育(特に初等教育)に力を尽くしたこと、殖産興業(特に養蚕)に力を尽くしたこと、他県に先駆けて廃娼に力を尽くしたこと、などの業績があり、また、地域の教育者を顕彰することにも熱心であったということです。

 明後日の10月28日は第1次群馬県が成立した記念日で、群馬県民の日となっています。今日のシンポジウムは「群馬県民の日記念」でもありました。
Gunma25_07

2013年10月25日 (金)

桐生織展

 今日は群馬県庁の敷地内で仕事のある日でした。少し時間がありましたので、県庁のホールを覗いたら、桐生織展を開催していました。

 伝統的な手織りの他に、今は手書きの意匠図を画像処理してジャガート機という織機で織ることもしているそうです。というか、工業製品としてはそちらの方が主流なのかもしれませんね。

 下が意匠図です。方眼が引かれています。
Kiryuishozu01_3
 下は拡大図です。
Kiryuishozu02
 意匠図の右端は以下のようになっています。全部で9色あります。各段(横糸)それぞれについて、どの色が使われているのか、それをここに示しているのでしょう。
Kiryuishozu03_3
 上の意匠図をコンピューター処理して、下のような紋紙ができるようです。これをジャガート機に掛けると、布が織り上がるという仕組みなのでしょう。
Kiryumongami
 シャトルも展示されていました。古事記の天岩屋戸の段に出てくる「梭」ですね。
Kiryuhi

2013年10月24日 (木)

ぐんまちゃんせんべい

Gunmac_senbe
 高崎駅構内のぐんまちゃんショップで買いました。ほんと、いろいろな商品があります。(^_^)

 9月1日にこのブログに「本に対する関心が低い」という記事を書いて、おうふうの坂倉さんのお名前を勝手に出したのですが、その記事を当の坂倉さんがお読みくださっていることが昨日判明しました。(^_^;

 こりゃぁ、ぐんまちゃんのことばかり書いていてはまずいなぁ、と思ったのですが、今日、書くことがありません。そこでやむなく、ぐんまちゃん。(^_^;

 困ったときのぐんまちゃんです。(^_^;

2013年10月23日 (水)

金井東裏遺跡で鏡と赤玉が出土

 10月22日付のアサヒコム群馬によれば、例の古墳時代のよろい人骨が発見された金井東裏遺跡から鏡と赤玉が出土したそうです。

 この情報は昨日ブログにアップできたのですが、ぐんまちゃんケーキを優先させてしまいました。(^_^;

 発見された鏡と赤玉は、よろい人骨と同時期の古墳時代後期(6世紀初頭)のもので、人骨の人物像特定の手がかりになる可能性があるそうです。

 どちらも、よろい人骨から数十メートルの場所で出土し、鏡は国産で祭祀用とみられ、赤玉は赤い土状の素材を団子状に丸めたもので、使途不明ながら100個以上あるとのことです。

 よろい人骨の周囲からは、今後もまだまだ何かが見つかりそうで、目が離せません。(^_^) 楽しみです。♪

2013年10月22日 (火)

ぐんまちゃんケーキ

 高崎駅構内のお店で見つけました。♪
Gunmac_cake01
 パティスリー・リアンというお店ので、本店は高崎市問屋町にあるのだそうですが、高崎駅構内の駅ナカ、イーサイトに店を出していまして、そこで買いました。

 壊さないように持ち上げるのが極めて困難ですので、台紙の後ろにちゃんと把手が付いています。(^_^)
Gunmac_cake02
 後ろはこんなです。
Gunmac_cake03
 なかなかよくできていると思います。しっぽがありませんが、前から見れば、首から上なのでしょうね。生首といえば、そうですけど、そんな風には考えないことにします。(^_^;

 自宅の最寄り駅から自宅まで、自転車で10分ほどですが、慎重に15分ほどかけて運びました。何とか無事に着きました。(^_^)

 その昔、外付けハードディスクがまだヤワだった頃、振動を与えると壊れるというので、自転車の荷台に積んで、普段の倍くらいの時間を掛けて運んだことを思い出しました。

 SCSIボード付きで、40MBだか80MBだかのが12万円だった時代です。GBじゃなくてMB。こんなのでも、フロッピーディスクを入れ替えなくてもパソコンが使える、速度も圧倒的に速い、ということで感動的でした。

2013年10月21日 (月)

群馬のことばと文化2

Ito01
 今日は、県民公開授業「群馬のことばと文化」の第2回目がありました。講師は本学国文学科准教授の伊藤健人先生で、テーマは「情報サービスと「やさしい日本語」」でした。
Ito02
 群馬県には、ブラジルから移住してきた人々をはじめとして、大勢の定住外国人がいます。

 災害の時などに、その人達にどうやって災害情報、避難のための情報、救援のための情報を伝えるか。

 英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語等の多言語に訳して伝えるという方法が考えられるが、定住外国人の国籍は100ヶ国以上にも及ぶということで、この方法には限界がある。また多くの言語に翻訳するには時間を要するという問題もある。

 そこで、定住外国人に「やさしい日本語」を教授し、いろいろな情報は「やさしい日本語」で伝達するのが効果的ではないか。では、「やさしい日本語」とは具体的にどういったものか。

というのが、今日のお話の内容でした。

 我々日本人には特に難しいとは思えない言い回しも、外国人にとっては意外に難しいこともあるということに気付かされました。

 大変に有意義なお話でした。

2013年10月20日 (日)

ハロウィン

 頂き物です。

 高齢者の私にも、こういう異国の風習が渡来してきました。(^_^)
Halloween01
 中身はお菓子です。パッケージが立体的で、よく工夫されていると思います。
Halloween02
 日本にもハロウィンが広まり出したのはいつ頃でしょうかね。

 子供の頃、「月光仮面」などの国産のテレビドラマはありましたが、そのころはまだ「名犬ラッシー」「スーパーマン」「パパは何でも知っている」「うちのママは世界一」「ビーバーちゃん」などなど、アメリカのテレビドラマがたくさん放送されていました。

 そういうドラマにもハロウィンが登場した記憶はありません。もう少し後の「奥様は魔女」なんかにも出てこなかったような。

 記憶が定かではありませんが、アニメのスヌーピー(チャーリーブラウンが谷啓、ルーシーが一城みゆ希)に出てきたような気がします。

2013年10月19日 (土)

満月

 一昨日が十三夜でしたから、今日は満月ですね。

 雲がかかって、朧月のようでした。かろうじて雲が薄くなった時を狙って撮りました。
H251019tsuki01
 松と建物の屋根とを入れてみました。
H251019tsuki02
 思えば、先月の満月は飛鳥で見たのでした。1ヶ月前とは思えません。もっとずっと日が経ってしまったような気がします。

 あの折の、唐招提寺や薬師寺の写真、遅ればせながらそのうち載せるかもしれません。

2013年10月18日 (金)

検索キーワード&ぐんまちゃんタンブラー

Gunmac_tumb  「まほろぐ」においでくださるお客様の中には、検索キーワードに導かれてというケースもあります。

 「まほろぐ」を開設している「ココログ」では、利用された検索キーワードを知ることができます。

 今日までに利用された検索キーワードの上位は以下の通りです。

1.ぐんまちゃん(ぐんまちゃんショップ、ぐんまちゃんクッキーなどを含む)16
2.高崎駅(高崎を含む)10
3.上野国分寺(上野国分寺現地説明会、国分寺跡を含む)7
4.しかまろくん(しかまろ、鹿まろ君を含む)6
4.たまたん(玉村町たまたんを含む)6
4.ゆるキャラグランプリ 6
4.複廊(古代東大寺の複廊を含む)6
8.水煙 5
9.クッキー 4
9.半自動(半自動ドア、品川駅半自動を含む)4
9.土屋文明 4
9.海洋堂 4
9.鹿島(鹿島神宮を含む)4

 「ぐんまちゃん」が第1位でした。(^_^)

 となれば、これからはもっとぐんまちゃんネタを増やさなければいけないのかもしれません。(^_^)

 というのを大義名分にして、ぐんまちゃんネタです。(^_^;

 写真は、歌舞伎座の前に店を構えているぐんまちゃん家で買ったタンブラーです。絵柄からすると、この店限定かもしれません。

【画像追加】

Gunmac_tumb02
 バラすと、上のような構造になっています。

2013年10月17日 (木)

忠臣蔵トランプ

 先日、のりすけさんから忠臣蔵トランプを頂きました。歌舞伎座で購入されたようです。

 ウラはこういう柄です。
Chucal01
 表は、スペードのAが歌川国貞描く仮名手本忠臣蔵大序の錦絵、以下、同じシリーズで、ダイヤのAが三段目、クラブのAが五・六段目、ハートのAが九段目、ハートのKが十段目です。
Chucal03
 Kの残り3枚は、国貞、月岡芳年、窪田俊満描く忠臣蔵の錦絵。QとJは大正十年の「義士大観」からの名場面集。
Chucal04
 残りの各マークの2~10は、歌川国芳描く「誠忠義士伝」の肖像画となっています。ダイヤの10が浅野内匠頭、スペードの10が吉良上野介、クラブの10が大石内蔵助、ハートの10が大石主税です。9は片岡源五右衛門、原惣右衛門、堀部弥兵衛、堀部安兵衛といった面々です。
Chucal02
 さて、2~10では9枚しかありませんし、マーク4種で9×4=36です。そのうち浅野と吉良が入っていますので、残りは34枚。これでは四十七士を網羅するだけのスペースが足りません。47-34=13人がはみ出してしまいます。

 誰が落ちたんだろうと思って調べてみると、入れて貰えなかったのは、貝賀弥左衛門、大高源吾、岡島八十右衛門、武林唯七、杉野十平次、勝田新左衛門、前原伊助、矢頭右衛門七、茅野和助、横川勘平、三村次郎左衛門、神崎与五郎、寺坂吉右衛門でした。

 四十七士の中にも、映画やTVドラマなどで活躍する有名な人とそうでない人とがいます。あまり光が当たっていない人が落ちたんだろうなという先入観で調べてみたのですが、そうではないですね。結構有名な人が落ちています。どうも身分の低い人を落としたようです。ある意味公平ではあります。

 ジョーカーは2枚。どちらも大石内蔵助で、1枚は上村松園描く遊興に耽る大石内蔵助、もう1枚は下村観山描く大石内蔵助の一人杯の絵です。

【画像追加】
 のりすけさんからのリクエストによって、仮名手本忠臣蔵の五・六段目のカードを追加します。
Chucal05

 ちょっと大きめにしました。

2013年10月16日 (水)

昔を語る多胡の古碑

 10日ほど先に、「上野三碑を考える」というテーマで出前講座をすることになっており、そのレジュメを作成中です。

 お客様サービスとして、なるべく親しみやすいレジュメにしようと思いました。そこで、群馬県民ならばほとんど誰もが知っている「上毛かるた」の中に「昔を語る多胡の古碑」という札がありますので、この絵札の画像を入れることにしました。

 「上毛かるた」は家にもあるはずですが、例によってすぐには見つかりません。そこで、新しいのを買ってくることにしました。

 高崎での乗り換え時間を利用して買うことにしましたが、今日は台風の影響で、列車ダイヤが大幅に乱れています。実際に列車が出発する時間が読めませんので、大急ぎで買い物を済ませました。

 無事に買えて、乗れたのですが、帰宅して、買った物を見たら、英語版の「上毛かるた」でした。(^_^;

 「ありゃぁ!」と思いましたが、ま、そんな話もすれば、その方がウケるかと思い、これを使うことにしました。(^_^) 柔軟です。♪
Mukashiwo
 読み札のウラには、英文による解説もあります。この札のウラは次のようになっています。
Mukashiwo2

2013年10月15日 (火)

奈良の柿

 スーパーの店頭に柿が並んでいます。

 どれにしようか、となれば、やはり奈良の柿を選んでしまいます。(^_^)
Narakaki01
 奈良に対する親近感と、三友亭主人さんに対する敬意からです。(^_^)

 小ぶりでしたが、とてもおいしゅうございました。
Narakaki02
 下の写真は、以前、飛鳥寺から撮したものです。手前に写っているのは、飛鳥寺の南側の塀の屋根瓦です。
Narakaki03
 奈良の柿というと、こういった情景が思い浮かびますが、店頭に並ぶような柿は、果樹園で作るのでしょうね。

2013年10月14日 (月)

体内年齢

 毎日、体重を量っています。体脂肪なども表示される機械です。

 これ、性別、身長、年齢をあらかじめ登録することになっています。性別は変わりませんが、身長は微妙に変動しています。年齢はもちろん毎年1つずつ増えます。それで、誕生日ごとに身長と年齢の数字を更新しています。

 毎日量っていると、体脂肪、内臓脂肪、基礎代謝などの数値は結構動いています。骨量、筋肉などはあまり変わりません。

 そんな中で、体内年齢だけはそよとも動きません。年に1度、登録データの年齢を1つ増やすと、体内年齢も1つ上がり、また1年間そのままです。

 この1年間、体内年齢は36歳でしたが、昨日、誕生日が来て実年齢を1つ増やしたら、体内年齢は37歳になりました。
Tainen201310
 しかしまぁ、実年齢に比べて途方もない数字です。(^_^)

 筋力とか持久力とか瞬発力とか、そういった体力的な要素は入れずに、体内の状態のある一面だけを捉えた数字のはずですが、数字が低いのはやはり嬉しいです。(^_^)

2013年10月13日 (日)

滝沢馬琴硯の井戸

 日付は萬葉学会の1日前になり、話題が前後しますが、一昨日の金曜日の夜、用事で九段下に行きました。

 少し時間があったので、あたりをふらふらと探険していたところ、植え込みの中に「滝沢馬琴硯の井戸跡」という看板(高札?)がありました。

 「はて?」と思って近づくと、下のようなことが書かれていました。
Bakinido01
 かつて馬琴がここに住んでいて、馬琴の使った井戸が残っているということのようですね。

 この井戸の水は、なにも墨を磨るときだけに使ったわけではなく、生活全般に使い、その中に硯の水としての用途も含まれていたということでしょう。

 それでも、この水で磨った墨で『南総里見八犬伝』をはじめとする多くの作品が生まれたわけですから、「滝沢馬琴硯の井戸跡」という言い方も間違ってはいません。そういわれれば、価値ある井戸という気もしてきます。

 ま、ものは言いようです。(^_^)

 井戸は、この立て札から少し入った奥にありました。マンションの入口脇です。不審者と思われかねませんが、近づいてみました。
Bakinido02
 こちらの碑文は「都指定旧跡 滝沢馬琴宅跡の井戸」となっています。こちらの碑文の方が正確ですね。立て札の標題はキャッチーです。(^_^)

2013年10月12日 (土)

萬葉学会

 今日は萬葉学会の講演会に行ってきました。会場は本郷の東京大学です。
Akamon
 お目当ては、乾善彦先生の講演です。乾先生は文字表記の研究で知られますが、今日の講演は、万葉集の仮名表記主体の巻に注目された、万葉集の構造に関わる御論でした。興味深く拝聴しました。

 晴南さんにもお目に掛かりました。

 そして、蜂矢先生をお見かけしたので、ご挨拶したところ、蜂矢先生はこのブログをご覧くださっているとのこと。びっくりしました。光栄ですが、ヘンなこと書いていなかったかどうか、頭の中で、あれこれ思い出していました。(^_^;

 何が「ヘンなこと」か難しいところですが、ぐんまちゃんのこと、結構書いていますからねぇ。(^_^;

 蜂矢先生は、幼少の頃、初代ぐんまちゃんの作者である馬場のぼる氏の絵に親しんでいらしたそうで、懐かしく思われたとのことでした。

 東大の構内では、関東大震災の折に焼失した図書館を発掘中とのことです。下がその写真です。今日は土曜日のため、発掘作業はお休みで、ブルーシートが懸かっています。
Todaihakkutsu
 今日は乾先生の講演だけで失礼してしまいました。まだ早い時間でしたので、久し振りに銀座のぐんまちゃん家に寄ろうと思い、本郷三丁目の駅から地下鉄に乗りました。

 スマホでメールチェックしたら、西秋書店からメールが来ていました。昨夜、ネットの「日本の古本屋」経由で西秋に注文した本の在庫があるという連絡でした。

 直接取りに行く方が早いと思い、淡路町駅で降りて、西秋まで歩きました。

 そのあと、一誠堂に寄ったりしたら、もう銀座まで行くのは面倒になり、ぐんまちゃん家はまたそのうちということにして、帰りました。ほんと、柔軟な、といいますか、行き当たりばったりの日々です。(^_^;

2013年10月11日 (金)

初代ぐんまちゃん

 昨日の記事に対する、のりすけさんからのコメントにお答えする形で、立てました。

 かつての「ゆうまちゃん」が2代目ぐんまちゃんを襲名したことで、初代ぐんまちゃんはすっかり影が薄くなってしまいました。

 前橋駅から北に延びるケヤキ並木の右側に、こんなプレートがまだ残っています。
1gunmac03
 また、下のはネットオークションで入手した初代のぬいぐるみです。
1gunmac05
1gunmac07
 これらの写真、まほろばには載せたような気もするのですが、のりすけさんはまほろぐ世代ですものね。

2013年10月10日 (木)

ぐんまちゃん来たる

 今日、学校に着いたら、私を見つけた学生が駆け寄ってきました。

 「はて?」と思っていたら、「ぐんまちゃん、来てます!」「えっ! どこに」「円形広場です」

ということで、早速行ってみました。いましたいました。(^_^)
Gunmac_joshidai01
 今開催中の、ゆるキャラグランプリ2013の選挙運動でした。

 しばらく追っかけしました。(^_^;
Gunmac_joshidai02
 ツーショットも撮れました。♪
Gunmac_joshidai03
 学科研究室に着いたら、「事務局から電話があって、『ぐんまちゃんが来ているので、そのことを北川先生にお知らせください』とのことです」(^_^;

 私がぐんまちゃんファンだというデマが、多方面にかなり浸透しているようです。(^_^;

2013年10月 9日 (水)

卒業アルバムの写真撮影

 今日は、4年生の卒業アルバムのための集合写真の撮影がありました。

 ずっと前からの、毎年今頃の年中行事です。学科別に「秋の庭」で撮影します。

 外での撮影ですので、雨が降ったら講堂か体育館での撮影になりますが、不思議とそういう記憶がありません。毎年天候には恵まれています。

 今年は恵まれすぎといいますか、日射しが強く、暑かったです。

 毎日まだ暑いので、一応ネクタイはしているものの、上着は着ていません。今日は仕方ないので、カバンに上着を入れて行き、撮影の時だけ着ました。(^_^)

 あ、ハレの写真なので、ネクタイは赤のぐんまちゃんのにしました。

 撮影風景を撮してここに載せたいところですが、自分も撮される側ですので、それが叶いません。(^_^;

 日を改めて個人写真の撮影もあります。うちは小規模の大学なので、卒業生と教員全員の顔写真が載ります。教員は、新しく撮影しても良いし、過年度のを使っても良いことになっています。

 もうだいぶ昔になりますが、卒業アルバム委員の学生がやってきて、「個人写真の撮影をお願いします」と言われたので、「去年のを使って」と言ったら、「今年の先生の写真は今年しか撮れませんので、是非お願いします」と言われました。

 「なるほど」です。とても説得力がありましたので、撮影してもらいに行きました。

 私は、恩師である、かのO先生から「キミは頑固だな」と言われたのを自慢にしていますが、私は「物わかりの良い頑固」ですので、納得できれば、素直に従います。(^_^)

2013年10月 8日 (火)

先日の出前授業

 先日の日立北高校での大学模擬授業のことが、日立北高のHPに載っていました

 それによると、模擬授業を行った15人の教員の所属は、室蘭工業大学、山形大学、筑波大学、茨城大学、茨城県立医療大学、群馬県立女子大学、千葉大学、都留文科大学、和歌山大学だそうです。

 高校生の進路選択の参考にするためにこういった形の大学模擬授業を実施している高校は他にもあるでしょうが、これだけ広範囲な地域から教員を招いて実施するというのは珍しいのではないでしょうか。

 生徒の進学先大学という観点からの選択もあったかもしれませんね。ま、あまり詮索してもナンですが。(^_^;

 15人の講師のうち3人は日立北高校の卒業生だそうです。先輩が来て話をしてくれるというのは、高校生にとっては親近感もわくでしょうし、励みにもなるでしょうから、とても良いことだと思います。

2013年10月 7日 (月)

群馬のことばと文化1

 今年度もまた、リレー方式による県民公開授業「群馬のことばと文化」が始まりました。今年度は私が担当します。

 第1回目の今日は、群馬県埋蔵文化財調査事業団の坂口一先生をお招きして「古墳時代における榛名山麓の火山災害」というテーマでご講義戴きました。
Sakaguchi01
 こういうテーマですが、メインは、昨年11月に発掘された、甲を着た状態で火砕流の直撃を受けた古墳人骨の話です。担当者の役得で、このテーマだけは何としても外せないと思って、選びました。(^_^)

 スクリーンを使って、たくさんの写真を投影しながらお話しくださいました。
Sakaguchi02
 新情報としては、

 ・よろい人骨の身長は163cm程度で、当時の成人男子の平均身長160cmよりも若干大きいこと。
 ・近くで見つかった成人女性の人骨の身長は143cm程度であること。
 ・その女性は、火砕流の直撃によるものか、体が捻じれ、大腿骨を脱臼しているらしいこと。
 ・同じく近くで見つかった乳児の頭骨からは、残念ながらDNAは採取できなかったこと。
 ・よろい人骨は、よろいの下に短刀のようなものを身に付けており、それは左から抜くような向きで帯びているので、この男性は左利きの可能性があること。

などがありました。

 頭部にCT(MRIだったかも)を当てるなどして、調査は続行中ですので、さらに新たな発見があるかもしれません。楽しみです。

 よろい人骨は、もうよろいを外されているそうで、その写真も見せて戴きました。
Sakaguchi03

2013年10月 6日 (日)

ハートのぶどう

 いえ、どうってことはないんですけど、さっき食べたぶどうの実に、2つ癒着していたのがあって、形がハートに似ていたので、アップしてみました。

Heartgrape
 癒着したぶどうって、今まであまり見た記憶がありません。結構あるものでしょうか。

 この写真、枝に付いていたのは下の方です。ひっくり返せばお尻のようにも見えます。(^_^)

2013年10月 5日 (土)

水戸城跡

 10月3日(木)の午前中、ほんのちょこっとだけ水戸城跡に行ってきました。ごく短時間です。

 先日、弘道館への門だけ写真を載せました。下の写真は土塁の跡です。
Mitojo
 城跡には藩祖徳川頼房像や、徳川斉昭像などがありました。光圀像は駅前の助さん格さんを従えた時代劇バージョンの他に、市内のあちこちにあるようでしたが、今回は見ることができませんでした。

 下は頼房像。
Yorihusazo
 下は斉昭像です。
Nariakizo
 駅前のペデストリアンデッキの柵には梅の花がデザインされていました。やはり水戸といえば梅ですね。
Mitoekiume
 水戸、なんか良い感じの街でした。またゆっくりと来たいです。

2013年10月 4日 (金)

常陸の海

 普段、海を見る機会がありませんので、久しぶりに海を見ると嬉しいです。♪

 昨日も書きましたが、昨日の帰途、日立駅での乗り換え時間にわざわざ駅の外に出て、しばし海を眺めました。台風が沖合を通り過ぎた後でしたので、普段よりも波が高かったかもしれません。

 海の上を走る道路。こんな道を走ったら爽快でしょうね。
Hitachi02
 こんな注意書きがありました。車を停めて海を見ている人がいるのかもしれませんね。(^_^;
Hitachi03

2013年10月 3日 (木)

日立北高校で出前授業

 今回の旅は水戸がメインではなくて、こちらがメインです。(^_^)

 この「大学模擬授業」は、あちこちの大学から、さまざまな分野の教員が全部で15人集まって行われました。生徒は興味のある授業を2つ選んで受講します。教員の方は、同じ授業を2回行います。それで、生徒は2つの授業を受講できるというシステムです。

 私は「語源の話」というテーマで話をしました。ジャンルは国語学ということになります。→レジュメはこちら 

 レジュメはA4で4枚でしたが、2枚ちょっとで残り時間が少なくなってしまい、あとは駆け足になりました。

 その反省を踏まえて、2回目はカットすべき所はカットして話すつもりでした。生徒は1回目と2回目とで完全に入れ替わっていますが、立ち会いといいますか、高校側から先生がお一人聴いてくださっています。その先生は1回目と2回目と同じ方なんです。同じ人の前で同じ話をするのはイヤなんですよね。2回目は1回目を端折って話そうというわけですから同じではないのですが、なんかイヤで……。(^_^; それで、端折った分、1回目で話さなかったことをあれこれ付け加えてしまいました。結果、1回目よりは内容的には良くなったと思います。

 ただし、やっぱり時間が足りない。(^_^; 当然ですよね。削った以上に、話を増やしているのですから。(^_^;

 一応無事に済んでほっとしてはいますが、そんなわけで、ちょっと気分的にはすっきりしません。

 帰りは、日立まで在来線に乗って、そこから特急に乗り換えました。日立の駅からは海が見えます。その待ち時間で海を見ました。
Hitachi

昼の黄門像・納豆像

 昨日は水戸に着いたのが夜だったため、夜の黄門様ご一行像・納豆像しか写せませんでした。今日は明るい中で昼の両像を写しました。

Komonzo02
Nattozo02
 どうでしょうね。納豆像は夜の方が怪しさが出て、より不気味な感じがするのではないでしょうか。(^_^;

 このあと、水戸城の方にチラと行きました。なぜ「チラ」なのかといえば、時間がなかったので。(^_^; 水戸城跡は水戸駅から徒歩圏にありますので、ほんと、あと30分でも早く起きていれば、もう少し見られたのです。折角前泊しているのですから、早く起きれば良いのに。(^_^;

 下の写真は、水戸の藩校である弘道館への門です。門の両脇の壁が青いビニールシートで覆われているのは、一昨年の大地震で壊れたのを修理中ということでした。このあたりも地震の被害が大きかったようです。
Kodokan
 他に、大手橋とか、藩祖頼房像、水戸斉昭像なども撮影しました。後日アップするかもしれません。

2013年10月 2日 (水)

水戸なう

 水戸に来ています。

 明日、日立で出前授業があります。日帰りできない距離ではありませんが、こちら方面にはまだ来たことがありませんので、前泊することにしました。先月、鹿島での研究会に出席するのに、佐原に泊まったのと同じパターンです。

 公務出張ですけど、宿泊は自分の勝手ですので、宿泊代は自腹です。(^_^)

 仕事が終わってからの移動でしたので、水戸に着いたのは夜です。

 駅の北口には黄門様ご一行の像がありました。
Komonzo
 駅の南口には納豆の像が。
Nattozo
 水戸と言えば、やはり水戸黄門と納豆なんでしょうね。暗いので、こんな感じです。明日、明るいときに撮り直すかもしれません。

2013年10月 1日 (火)

水煙のフィギュア

 今日、薬師寺から郵便が届きました。
Suien03
 中身は、先日、薬師寺で水煙降臨展を見に行ったときに予約した水煙のフィギュアです。
Suien04
 フィギュア製作には定評のある海洋堂製です。
Suien05
 部屋を片づけたいと思っているのとは裏腹に、ますますモノが増えてゆく一方です。(^_^;

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ