« 土屋文明記念文学館でオープンセミナー | トップページ | 鹿の角きり »

2013年8月26日 (月)

山里弁当

 今日、高崎駅構内の駅弁屋で買いました。

 「夏季限定」とありますので、販売はあと1ヶ月ほどでしょうか。

Yamazatoben01
Yamazatoben02
 中身は、俵おむすび(国産米、胡麻、酒、味醂、醤油、その他)、舞茸天ぷら、鶏唐揚げ、豆腐の吹き寄せ、煮物(蒟蒻、里芋、牛蒡、その他)、鶏照焼き、蓮根きんぴら、杏子グラッセ、きゃら蕗、大根味噌漬け、付合せ、です。

 製造者は、かの有名な「峠の釜めし」の荻野屋です。

 峠の釜めしとは容器が全く異なりますけど、お味は、なんとなく峠の釜めしと重なり合うような気がしました。おいしかったです。

« 土屋文明記念文学館でオープンセミナー | トップページ | 鹿の角きり »

駅弁」カテゴリの記事

コメント

山里って命名がふさわしい・・・素朴な、懐かしい感じのするお弁当ですね。

こんなのを見ると、できたのを見て名前を付けたのか、名前を考えてから中身を考えたのか・・・ちょいと考えてしまいますね。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 ほんと、素朴な感じの駅弁でした。山の幸がたくさん。

 それでいいんですよね。海辺の町なら海の幸を、山里なら山の幸を。それが一番だと思います。

 舞茸天ぷらや、きゃら蕗、懐かしい感じがしました。

 「杏子グラッセ」だけハイカラな名前ですが、要はアンズジャムでした。♪

 容器がまたもや竹皮製のお弁当箱で、何かに使えそうな気がして捨てられません。(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/58072157

この記事へのトラックバック一覧です: 山里弁当:

« 土屋文明記念文学館でオープンセミナー | トップページ | 鹿の角きり »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ