2020年7月 7日 (火)

群馬県の封筒を県立女子大の学生がデザイン

 1週間ほど前に知ったのですが、群馬県が様々な業務で使用する封筒を刷新することになり、県立女子大の学生の作品が採用されたそうです。
Gunma_futo01

 作者は、美学美術史学科のデザインゼミの3年生です。
 「若者の新鮮な感覚を取り入れたい」という趣旨で、県立女子大のデザインゼミに依頼があったとのことです。
Gunma_futo02
 ぐんまちゃんのイラストを使わない、という条件だったそうです。
 ぐんまちゃんのデザインを使ってはいけないというのは、どうしてでしょうね。ちょっと残念。(^_^;
 ともあれ、県立女子大の学生さんがデザインした封筒が、広く県の施設で使われるというのは嬉しいことです。

2020年7月 6日 (月)

群馬HANI―アプリ

 今年の5月に、群馬県が標題のアプリを配信開始しました。
 埴輪キャラクターを世話して育てる、埴輪育成アプリです。

 どんなものか興味を覚えて、スマホにインストールしようとしましたが、エラーメッセージが出て蹴られてしまいました。
 エラーメッセージの内容は、スマホが対応していないといったようなことでした。
 同様のエラーメッセージが他のアプリをインストールしようとしても出ます。そんなに古いスマホじゃないんですけどね。

 ところが、先日、「ぐんま寺社巡り」アプリをダウンロードしようとしたとき、「ダウンロードを待機しています」というメッセージが出て、先に進めませんでした。
 このメッセージは初めてです。ググった結果、対処法がたくさん出てきました。あれこれ試みて、無事にダウンロードでき、起動できました。

 それを思い出しました。私のスマホ、ひょっとしたらこれで生まれ変わったかもしれないと、希望的観測をもって再チャレンジしてみたら、「群馬HANI―アプリ」、無事にインストールできました。
 パソコンやスマホはよく分かりません。(^_^)

 表紙はこんなです。
Gunma_haniap01
 一番下に小さい文字で書かれていますが、このアプリの開発に当たっては、文化庁が補助金を出しているようです。

 スタートすると、こういう画面になります。
Gunma_haniap02
 食事を与えたりクイズに答えたりすると埴輪が成長し、個性的な姿に形を変えていくそうです。
 発掘して土器片などが出てくると、それが埴輪のゴハンになります。
 ゴハンを食べると排泄物が出ます。上の画像にも、たまごはにわの周囲に4つほど落ちています。
 これを片づけると、埴輪が御機嫌になり、お世話レベルも上がります。
 また、クイズに答えると知識レベルも上がります。

 そんな風に埴輪を育ててゆくと、埴輪が成長し、個性的な姿に形を変えてゆきます。
 育て方に応じて30種類以上に姿を変え、最後は群馬県から出土した本物の埴輪の姿になるそうです。

 一番上の画像の中央部に、「埴輪を育ててオリジナル古墳をつくろう!」とあります。
 埴輪を育てると古墳になるのかと思いました。
 そんな無茶な、と思いましたが、そうではなくて、育った埴輪を古墳に並べて、それで、オリジナル古墳をつくる、ということのようです。
Gunma_haniap03

 面白そうですけど、途中で世話を怠ると、家出したり割れてしまったりするとのことです。(^_^;
 それはなかなか厄介。

2020年7月 5日 (日)

川原湯温泉うちわ

 このようなうちわを入手しました。
Gunmac_yukake_u01
 群馬県吾妻郡の川原湯温泉のうちわです。
 ぐんまちゃんは、この温泉伝統の「湯かけまつり」の姿をしています。
 ふんどし姿のぐんまちゃんは極めて珍しいです。

 裏側。
Gunmac_yukake_u02
 同じ絵柄の色違いですね。
 どちらもそれぞれに良い。(^_^)

 同じ絵柄のタオルハンカチを持っています。
Gunmac_yukake01

 群馬県内の各市町村それぞれに、ご当地ぐんまちゃんの絵柄がありますけど、これはもっと地域限定で、川原湯温泉限定ぐんまちゃんですね。

2020年7月 4日 (土)

『季刊邪馬台国』2020年7月号

 『季刊邪馬台国』の最新号を買いました。
Kikanyamatai202007a

 この雑誌を買うのは本当に久し振りです。
 この号のことは、ツイッターでWAKIYUKIさんが触れられていたことで知りました。
 内容に興味を覚え、すぐにアマゾンに注文しました。

 ツイッターは、ほんとに内容が様々で、誹謗中傷やそれに類するものも多いですけど、ほっこりするもの、感動的なものもあり、今回のような貴重な情報もあります。まだ発達途上のメディアということなのでしょうかね。

 表紙に帯状に書いてある内容紹介は次の通りです。
Kikanyamatai202007b

 家に届いて、すぐに開封してパラパラとめくってみたのですが、いくつかはそのまま読み耽ってしまいました。
 森博達氏の「『日本書紀』区分論と記事の虚実」、犬飼隆氏の「日本書紀と「歌」」、荊木美行氏の「『日本書紀』とはなにか」、いずれも興味深く読みました。

 森氏の論は、従来の氏の論を整理したような内容で、氏の論がコンパクトにまとめられています。
 具体的な編纂者名については疑問もあるものの、全体として非常に説得力のある論と思います。

 犬飼氏の論は、日本書紀における歌謡のはたらきを論じたものです。
 歌謡を日本書紀に取り込んだ過程についても述べられ、とても興味深かったです。

 荊木氏の論は、日本書紀の編纂の動機や編纂の経緯を論じたものです。
 記紀の関係や、日本書紀の「系図一巻」や「別巻」についても触れています。

 森氏の論の一部について、荊木氏が疑問を呈している点も興味深かったです。(^_^)

2020年7月 3日 (金)

ぐんまウェルカムサポーターズ

 このようなバッジを入手しました。
Gunmac_omotenashi01
 入手方法は毎度おなじみのネットオークションです。

 台紙の上端には「ぐんまウェルカムサポーターズ」とあります。
 台紙の下端には「バッジを付けてお・も・て・な・しを実践しよう!」と。
 バッジを取り囲んで、時計回りに次のようにあります。

 お:大きな声で「ようこそぐんまへ!」(いらっしゃ~い♪)
 も:もてなす気持ちを大切に!(いっぱい食べてね♪)
 て:手を振って笑顔でご挨拶!
 な:なんでも聞いてね、ぐんまのこと!(ぐんまのことなら任せて♪)
 し:知ってもらおうぐんまの魅力!

 「お・も・て・な・し」って、なんか二番煎じのようではありますけど。(^_^;

 これまた、今年の4月~6月の群馬デスティネーションキャンペーンの一環でしょうね。
 県外から来てくれるお客さんたちのために、一所懸命に対応しようと、様々な準備をしてきたことと思います。
 それがコロナ禍で散々なことになってしまいました。
 これを見ていると切なくなります。

 前回の群馬デスティネーションキャンペーンは9年前。東日本大震災の年でした。
 あのときは、旅行をすること、ものを買うことも復興の一環でしたが、今年は外出自粛、県境を越える移動も自粛ということではどうにもなりません。不運な巡り合わせでした。

 ググってみたら、HPがありました。
 https://welcome-gunma.jp/
Gunmac_omotenashi02

 趣旨はこの通りです。
Gunmac_omotenashi03

 バッジについても記載がありました。
Gunmac_omotenashi04

 缶バッジかピンバッジかどちらかがもらえるようです。

 6月が終わって、群馬デスティネーションキャンペーンも終わってしまいましたが、このサポーターズはまだ募集しています。
 キャンペーンは、去年のプレに続き、来年はアフターで、3年連続です。
 せめて来年は盛況になると良いです。

2020年7月 2日 (木)

「ひよっこ」が終わってしまった

 朝ドラの「ひよっこ」を、毎日16:20から1日2回分ずつ再放送していたのですが、今日で終わってしまいました。毎日楽しみに見ていましたので寂しいです。
Hiyokko

 朝ドラはなるべく見ないようにしています。
 うっかり見てしまって面白いと、毎日留守録を仕懸けて、夜に見ることになります。現役時代、毎日リアルタイムで見るのは、なかなか。
 それで留守録ということになりますが、それも厄介なので、初めから見ないようにしています。

 それでも、うっかり見てしまって、以後、毎日見ることになってしまった番組がいくつか。
 「ひらり」「かりん」「ふたりっ子」「あすか」「どんど晴れ」「おひさま」「あまちゃん」などです。結構いっぱい。(^_^;

 どれも、見始めたのは途中からです。そういう半端な視聴者。

 夕方の再放送も見ないようにしていたのですが、ステイホームで「ひよっこ」をうっかり見てしまったために、録画して毎日見ることになりました。

 いや、面白かったです。後悔していません。

 ドラマのあらすじをNHKのサイトから引用すると、以下のようになります。

 東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年。茨城県の農村で生まれ育った谷田部みね子(有村架純)は、東京に出稼ぎに出ていた父・実(沢村一樹)の失踪をきっかけに集団就職で上京。みね子を支えたのは、ラジオ工場で共に働いた仲間、東京での親のような存在となった洋食店店主・牧野鈴子(宮本信子)の家族や商店街の人々だった。さまざまな出会いと別れを重ねたみね子は、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。高度成長期をひたむきに生きた「名もなき人々」にスポットを当て、日々の暮らしを温かく描いた物語。

 はい。全くその通りです。よくまとまっています。←ナゾの上から目線。(^_^)

 ドラマの時代は、東京オリンピックが開催された昭和39年からの4年間ほどです。
 登場人物が多いのですが、それぞれの人々の性格や背景などが丁寧に描かれていました。
 そして、ビートルズの来日やツイッギー人気などの、当時の社会的背景がドラマとよく絡み合っていたと思います。
 主人公の谷田部みね子の年齢が私よりも5~6歳上という設定だったので、ほぼ同世代としてあれこれ懐かしく感じる部分もありました。
 谷田部みね子が存命ならば、今は70代前半ということになります。具体的なモデルはいないのでしょうけれど。

 シリアスな部分もありましたが、全体的にはコメディタッチでした。朝のドラマはあまり深刻じゃない方がいいです。最後の10回ほどは、あれやこれやが怒濤のようにめでたく収束しました。

 面白かったです。明日から寂しい。

2020年7月 1日 (水)

つづく外出自粛太り

 1ヶ月前の6月1日に「外出自粛太り」という記事を載せました。
 去年の夏以来、順調に落ちていた体重が、コロナ禍によるステイホームの影響で、2月以来ぐんぐんと元に戻りつつあるという内容でした。

 あれから1ヶ月。体重はどうなりましたでしょうか。
Taiju201906_202006

 その後も体重は順調に増加しています。(^_^;
 あえて数字は消してありますが、縦軸は1マスが1kgです。

 ほぼ元の木阿弥です。
 暑い季節になってきたことでもありますし、もういっそ、アイスクリーム断ちをやめてしまおうか、などという気もします。
 その一方、なんとか歯止めを掛けて、減少に転じさせねばなぁという思いも。←アイスクリームを食べつつ、体重が減るといいのだな。(^_^)

2020年6月30日 (火)

水をあまり飛ばさないで欲しい

 金魚、元気です。
 先日、金魚が暴れて水槽の水を飛ばすことを書きました。
 その時の写真です。
Kingyo_r020621e

 水を飛ばす勢い、増しています。
 数日前、ここまで飛ばしました。
Kingyo_r020630a
 水槽の位置と比べて頂くと、劇的に上空まで飛んでいることが一目瞭然と思います。
 こうなってくると、どこまで飛ばせるか、記録を取りたい気もします。(^_^)

 水を飛ばすのは、食事の時間です。
 普段はおとなしくしていますが、ゴハンの時は元気いっぱいで。それが、時に水撥ねに繋がります。
 「あまり飛ばさないでね」とは言い聞かせますが、人語を解さないようで。(^_^;

 meetによる演習は、わざわざLANケーブルを買って、金魚の水槽をバックに行っています。
 授業中は、暴れることもなく、おとなしくしています。(^_^)
Kingyo_r020630b

 その演習、先ほど8回目が終わりました。いつの間にか半分過ぎました。

2020年6月29日 (月)

「ぐんま寺社巡り」アプリ

 昨日、「ぐんま寺社巡り」のパンフレットのことを書きました。
Gunmajisha01

 実は、あのアプリもあります。
 ネタを小出しにしているわけではなく、一応、自分のスマホにインストールしてからと思いまして。
 パンフレットと一緒に、このようなチラシも置いてありました。
Gunmajishaap01

 裏です。
Gunmajishaap02

 ここに、そのアプリにアクセスするためのQRコードが載っていますので、貼っておきます。
Gunmajishaap03

 ダウンロードを試みました。
Gunmajishaap04
 ダウンロード数500以上ということで、まだ発展途上です。
 3歳以上とありますけど、3歳児には無理と思います。(^_^;

 ダウンロードしようとしましたが、「ダウンロードを待機しています」というメッセージが出て、先に進めません。
 さて、と思ってググってみましたら、対処法がたくさん出てきました。結構起こる事例なのでしょうかね。
 あれこれ試みて、無事にダウンロードでき、起動できました。
Gunmajishaap05

 あれこれ試みたので、どれが奏功したのか分かりません。
 しっかりと切り分けをしなくてはいけません。(^_^;

 上の2枚の画像の間に40分が経過し、電池の容量が20%減ってしまいました。
 電池の消耗が早いです。もう電池の交換時期になっているのですが、コロナ禍でお店が予約制なのです。
 どうも予約は億劫で。(^_^;

 アプリは、あれこれ試してみようと思います。

2020年6月28日 (日)

「ぐんま寺社巡り」

 先日、県庁2階の県民センターで見つけて、貰ってきました。
Gunmajisha01
 群馬県内の21の寺社が取り上げられています。

 中はこのようになっています。
Gunmajisha02
 玉村八幡宮、載っています。(^_^)
 数えてみたら、私が行ったことのある寺社は6つだけでした。
 21分の6ですので、3割5分ですね。
 30年以上も群馬県に住んでいたにしては少ないかも。(^_^;

 裏表紙には地図が載っています。
Gunmajisha03
 東京からのアクセスを含むので、この画面では小さいですね。

 21寺社部分の拡大です。
Gunmajisha04

 時期的には、このパンフレットも、群馬デスティネーションキャンペーンの一環なのだと思います。
 本当に新型コロナウイルスの影響は甚大です。

«アマビエの手ぬぐい

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ