2019年6月15日 (土)

「大草原の小さな家」

 ネットオークションに出ていたので、懐かしくて買ってしまいました。
 私以外に誰も入札せず。(^_^;
Daisogen
 昔、毎回楽しみに見ていました。
 中高の頃かと思ってググってみましたら、放送開始は大学4年の夏でした。
 月光仮面、隠密剣士、アトム、鉄人が小学生の頃だったのははっきり覚えているのですが、それ以後の番組は放送時期の記憶が曖昧なものが多いです。

 この番組もそうですが、昔のアメリカ映画には、信頼、正義、正直、思いやり、友情、家族愛などをテーマにした作品が多かったように思います。この番組、強く心に響く回が多かったです。

 毎週、熱心に見ていましたが、途中から見なくなってしまいました。
 放送時間が変わったんです。最初は火曜日の20時からでした。晩ご飯を食べ終えてじっくりと見ることができました。
 それが、途中から土曜日の18時からになってしまいました。この時間はNHKでは昔から子供向けのドラマ枠でしたが、大草原をこの時間枠で放送するのはちょっと違うといいますか、腰を据えてじっくり見るには適さない時間でした。

 それに加えて、この時間にはまだ帰宅していない日もあり、また、お姉さんのメアリーが失明してしまうのがかわいそうで、見るのがつらくなりました。

 もう40年以上も昔の、そんなことを思い出しました。

2019年6月14日 (金)

露草・オリヅルラン競演

 しばらく前から露草が咲き出しました。まだ3輪や5輪です。まだ少し季節が早いのでしょうか。
 オリヅルランもたくさんランナーを伸ばしています。

 こんな感じです。
Tsuyuorizuru01
 ただ、接近して撮そうとすると一方がボケます。

 露草メイン。
Tsuyuorizuru02
 オリヅルランメイン。
Tsuyuorizuru03
 被写界深度の関係で仕方ないですね。(^_^;
 
 ボケを少なくするには、遠めから撮って、トリミングすれば良いのでしょうが、解像度は落ちますね。
 うんと明るければ、多少ともボケは減りましょう。

 あれこれやってみます。

2019年6月13日 (木)

「奈良名勝案内図」比較

 以前、「奈良名勝案内図」という地図を入手しました。
 その後、同じ地図がネットオークションに時々出品されているのを見ましたが、もう持っているから、ということで、入札することはしませんでした。
 ところが、先日、同じ地図でかなり保存状態の良さそうな品が出ていましたので、買ってしまいました。
 この2点、発行年代が異なっていて、よく見るとそこそこの相違があります。
 これに興味を覚えていたところ、「類は友を呼ぶ」といいますか(ちょっと違うか)、発行年違いのものが相次いで出てきました。
 それらをせっせと入手していたところ、全部で8枚が集まりました。
Narameisho10
 小さくて見にくいですが、一番古いのは大正8年で、以下同11年、同12年、昭和3年1月、同3年8月、同4年、同5年、同8年です。幸いなことに同じものはありませんでした。昭和3年版が1月と8月とあります。この地図、よく売れたのでしょうね。こんなに頻繁に発行されているのなら、時々の変化をかなり忠実に反映しているかもしれません。年代不明の地図の発行年を推定するための資料になるかもしれません。
 発行者は、大正8年ののみ大渕傳次郎氏、他は大渕善吉氏です。親子かもしれません。

 一番古いのと一番新しいのとを比べてみます。
 一番古い大正8年版。
Narameisho11
 一番新しい昭和8年版。
Narameisho12
 ぱっと見、あまり変わりませんが。

 奈良駅の西の市街地化が進んでいます。
 大正8年版。
Narameisho13a
 昭和8年版。
Narameisho13b
 駅の西側の色がだいぶ違います。新しい道路もできています。あと、大正版にはあった駅の北東の油坂池が昭和版では消えてしまいました。埋め立ててしまったのでしょうか。「駅前」が「油坂」に変わりました。昭和版にのみ奈良駅から赤い実線が伸びていますが、これはバス路線です。

 さらにその東側。
 大正8年版。
Narameisho14a
 昭和8年版。
Narameisho14b
 開化天皇陵の堀が昭和版では南に拡大しています。油坂の北も市街地化が進んでいます。

 現在の奈良女子大学の北西。
 大正8年版。
Narameisho15a
 昭和8年版。
Narameisho15b
 大正版では農地のようですが、昭和版では、県立奈良中学校、市立第五小学校、私立育英高等女学校という3校が建築され、市街地化も進み、バス路線も通っています。

 比較するのは楽しいです。(^_^)

2019年6月12日 (水)

ボク群馬!・ワタシ群馬!

 4月の初めに高崎駅でこのようなポスターを見ました。ブログの記事にもしました。
Mamapapagunma_2
 どちらにもぐんまちゃんがチラと写っています。群馬の宣伝にぐんまちゃんは欠かせません。(^_^)
 このポスター、今でも貼ってあります。

 最近、これに加えて新しいポスターを見かけます。
 まず、ボク群馬!
Bokugunma
 ここでは、ぐんまちゃんはチラではなく、堂々と登場しています。

 もう1枚。ワタシ群馬!
Watagunma
 こちらでは、ぐんまちゃんは女の子の頭の近くで、背後霊のようにまたチラです。
 ポスターの右端には、撮影している私の姿がチラと写り込んでしまいました。(^_^;

 この2枚、カヌーと蛍ですね。夏を先取りということになりましょう。

2019年6月11日 (火)

澤瀉先生から斎藤茂吉への書簡

 ネットオークションで入手しました。
 タイトル、澤瀉先生には敬称付きで、斎藤茂吉は呼び捨てですが。(^_^;

 封筒表。
Omodaka01
 封筒裏。
Omodaka02
 手紙は巻紙に毛筆書きです。内容は、澤瀉先生がお勤めの大学の国文学会に斎藤茂吉を講師としてお招きしたいという依頼状です。

 そういう内容ではありますが、私信ですので、ほんの少しだけ。
 冒頭部の、時候の挨拶の続きです。
Omodaka03
 「五味君」とあります。
 恩師のお一人である五味智英先生が頭に浮かびましたが、手紙の内容からは、智英先生のお兄さんで、アララギ派の歌人であった五味保義氏と思われます。保義氏は京都大学のご出身ですので。

 斎藤茂吉への講演依頼は五味保義氏を通してすでになされていたようですが、それを受けて、澤瀉氏ご自身が改めて講演依頼をするという内容です。遠方でもあるし、大学の国文学会は貧乏なので、関西にお出での折があれば、その時に講演をお願いしたいという内容でした。

 末尾です。
Omodaka04
 日付は書かれていますが、年が分かりません。封筒の裏も同様です。切手が剥がれていて、消印もあいにく年の部分が失われています。

 ただ、五味保義氏が京都大学を卒業したのが昭和3年とのことですので、この手紙は昭和2年以前の5月と考えられます。

 昭和3年(1928年)3月末現在の関係者の年齢は以下の通りです。
  澤瀉:37歳
  斎藤:45歳
  五味保義:26歳
  五味智英:19歳

 智英先生にも19歳の頃があったのですねぇ。当然のことではありますけれども。

 斎藤茂吉全集に日記や書簡も収められていますので、大正14年~昭和3年のあたりをざーっと見てみましたが、かなり大急ぎでの調べでしたので、関連する事項は見つかりませんでした。見落としの可能性は多分にあります。

 研究史的な意味はないでしょうから、そう重要な書簡ではありませんが、どこかで保管して頂けたらと思います。京都大学、皇學館大学、萬葉学会などが頭に浮かびましたが、萬葉学会は事務局が移りますので、適当ではないかもしれませんね。考えてみます。

2019年6月10日 (月)

群馬県立女子大学公開講座2019

 6月から11月に掛けて(8月は除く)群馬県立女子大学で毎年恒例の公開講座が開催されます。
Koukai2019
 毎年、美学美術史学科の絵画実技担当者がポスターを制作してくれています。

 今回はビートルズ来日のシーンですね。飛行機から降りてくる面々と、テレビに映っている面々は、この公開講座の講師の似顔絵です。
 以前、私が講師になった時も、絵柄は全く異なりますが、やはり同様の似顔絵ポスターでした。
 似顔絵は、写真よりも恥ずかしい思いがしました。(^_^;

 各回のリストです。

平成31年度公開講座概要

泉鏡花の「夜叉ヶ池」
開講日時 6月10日(月) 10時40分~12時10分
担当教員 文学部国文学科教授 市川 祥子

強制移民としてのアフリカ系アメリカ人
開講日時 6月10日(月)13時00分~14時30分
担当教員 文学部英米文化学科准教授 笠井 俊和

The Relationship between English Spelling and Pronunication
開講日時 6月10日(月)14時40分~16時10分
担当教員 国際コミュニケーション学部教授 N.スネイプ

古代ローマ邸宅の美術と教養
開講日時 7月8日(月)10時40分~12時10分
担当教員 文学部美学美術史学科教授 藤沢 桜子

テレビCMを考える
開講日時 7月8日(月)13時00分~14時30分
担当教員 文学部総合学科准教授  山崎 隆広

方言の地図を読む
開講日時 7月8日(月)14時40分~16時10分
担当教員 文学部国文学科教授 新井 小枝子

高校英文法をもう一度~実例をもとにイメージで捉える~
開講日時 9月9日(月)10時40分~12時10分
担当教員 文学部英米文化学科講師 小林 隆

Starting to learn the pronounciation of sounds in American English!アメリカ英語特有の音で発音してみよう!
開講日時 9月9日(月)13時00分~14時40分
担当教員 国際コミュニケーション学部教授 M.R.フライヤーミュース

気軽にアートワーク~色を楽しむ~
開講日時 9月9日(月)14時40分~16時10分
担当教員 文学部美学美術史学科准教授 奥西 麻由子

Listening to English : Understanding the stream of Speech
開講日時 10月7日(月)10時40分~12時10分
担当教員 外国語教育研究所研究員 T.ウィザロウ

佐羽淡斎と桐生
開講日時 10月7日(月)13時00分~14時30分
担当教員 文学部国文学科教授 井上 一之

世界の英語を巡る
開講日時 10月7日(月)14時40分~16時10分
担当教員 国際コミュニケーション学部教授 深谷 晃彦

柏木義円という人がいた
開講日時 11月11日(月)10時40分~12時10分
担当教員 文学部総合学科教授 市川 浩史

「あつめる」ことからみた美術
開講日時 11月11日(月)13時00分~14時30分
担当教員 文学部美学美術史学科教授 山崎 真一

学習者要因から見る外国語学習
開講日時 11月11日(月)14時40分~16時10分
担当教員 文学部英米文化学科准教授 飯村 英樹

 すみません。私がボーッとしていたので、第1回は今日でした。もう終わってしまいました。

 内容の紹介はこちら

2019年6月 9日 (日)

べ・い・く・ど ぐんまちゃん

 昨日ご紹介した和菓子と同じく、これも「朝日ぐんま」の記者さんから頂きました。
Gunmac_kuwanomi01
 前橋の「くわの実」という洋菓子屋さんの商品です。
 名前は「べ・い・く・ど ぐんまちゃん」。
Gunmac_kuwanomi02
 マドレーヌのようなお味です。一口サイズ。
Gunmac_kuwanomi03
 しかし、まぁ、6月6日は「書店にて&金魚の昼寝?」、6月7日は「群馬の万葉歌碑特集&水草を食べる金魚」という具合に、2日続けて、何の関連もない題材を強引に「&」で結びつけた記事を書いたのに、今度は打って変わって、同じ方から頂いたぐんまちゃんのお菓子を2回に分けて書いているわけで、どうも一貫性が見られません。行き当たりばったりのような。(^_^;

2019年6月 8日 (土)

ぐんまちゃんの和菓子

 昨日ご披露した「朝日ぐんま」の記者さんからおみやげに頂きました。
Gunmac_wagashi01
 ぐんまちゃんの和菓子です。ねりきり。
 桐生市の舟定という和菓子店の製品です。
 これ何だろうなぁ、と考え、水芭蕉かと思いましたが、舟定のHPを見てみたら、キャベツとのことでした。
 そういう目で見ると、緑色の部分の葉脈は確かにキャベツのようです。

 もう1つ。
Gunmac_wagashi02
 こちらは工女ぐんまちゃんだそうです。
 富岡製糸場ですね。金箔は何を表現しているのか?

 さらにもう1つ。
Gunmac_wagashi03
 これは明白です。
 文字があると一目瞭然。

 今まで、ぐんまちゃんの饅頭、ロールケーキ、せんべいなどを食べてきました。まだまだありそうですね。
 人気のほどが知られます。

2019年6月 7日 (金)

群馬の万葉歌碑特集&水草を食べる金魚

 群馬県には、朝日新聞の姉妹紙「朝日ぐんま」という新聞があります。毎週金曜日の発行です。
 その今日発行号の特集が「ぐんまの万葉歌碑へ」です。これまた令和効果ですね。
Asahigunma01
 上の画像、縦横の比率がミョーですね。下の方にあった広告部分をカットしました。
 これが表紙で、表紙とも4ページが特集です。
 この中に、先日、群馬県立女子大学で開催された私の公開講座のことも触れてくれています。
 当日、記者さんが取材に来てくれました。
Asahigunma02
 「ぐんまちゃん 大好き 万葉集研究者」とあります。「万葉集研究者」と名乗ることには、ちょっとはばかりもありますが、「ぐんまちゃん 大好き」は何の問題もなく、ありがたいキャッチコピーです。(^_^)

 こういった万葉集絡みの特集によって、万葉集に興味を持ってくれる人が少しでも増えたら良いなぁと思います。

 話は全く違いますが、昨日密談(?)をしていた金魚たち。今日、ちょくちょく観察していたのですが、今日は昨日のようなことはありませんでした。

 水槽は金魚部屋の一番奥にあります。私が近づくと金魚たちはすぐに寄ってきますが、近眼なのかどうか、部屋の出入口付近でじっとしていると、私の存在には気づかないようです。昨日の写真もそのようにして撮りました。

 今日、観察していると、水草を食べている様子を目撃できました。
Kingyo_r010607a
 水草を口にくわえ、頭をブンと動かして食いちぎっていました。
Kingyo_r010607b
 今の水草も早晩食べ尽されてしまうことでしょう。

2019年6月 6日 (木)

書店にて&金魚の昼寝?

 もう2週間も前のことになります。
 北九州市で開催される上代文学会に参加するための切符は、駅ネットで買いました。
 それを受け取ろうと、5月23日(木)にJRの大井町駅に行きました。

 行ったついでに、書店に立ち寄り、ふと思い付いて、旅行ガイドのコーナーに行ってみました。
 旅行に行くとき、昔はよくブルーガイドなどを買いましたが、近年は全く買っていません。
Bluenara01
 地図は電子地図がありますし、近隣の史跡などはネットで探せますので。
 でも、書店に行ったついでですし、北九州は初めてでしたので、ちょっと見てみたいと思いました。

 何冊か覗いてみましたが、どれもみなグルメガイドのような内容で、史跡などの解説は微々たるものでした。昔のブルーガイドなどは史跡の解説が充実していて、大いに参考になりましたが、今のは大違いです。いつのまにやら、世の中、変わっていたのでした。

 結局、旅行ガイドは買いませんでした。他の本を買うためにレジに行きました。「カバーを掛けますか」と言われたので、お願いしたら、目を見張るような見事な手さばきで掛けてくれました。こんな手練の技、久しぶりに見ました。
 以前は、こういうベテラン書店員さんのいるお店がありましたが、思えば、最近はこういう書店員さんにあまりお目にかかれなくなりました。

 この書店員さん、30代後半くらいの男性でした。
 胸に、「研修中」のプレートを付けていました。そんなはずはないと思って、「研修中なんですかぁ?」と聞いてみました。聞かれた意味が分かったようで、「先日まで、他の書店に勤めていました」とのことでした。嬉しそうな表情でした。(^_^)

 話は全く変わって。
 今日は在宅でした。昼下がりに金魚の水槽を見たら、全員、底の方で密集しておとなしくしていました。普段あまり見ない光景です。
Kingyo_r010606a
 上に乗っかられて、斜めになっているのもいます。(^_^;
Kingyo_r010606b
 地震でも来るかと思いましたが、そういうことも起きませんでした。
 お昼寝タイムだったのかもしれません。
 あるいは、「今日は暑いし、無駄に動いてもお腹が空くだけだよね」ということで、じっとしていたのかもしれません。

 夕飯時には、いつもと同じように、ワラワラ、ザバザバと寄ってきました。食欲旺盛です。

«深窓の令猫ズ、2態

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ