2017年5月23日 (火)

アマリリス開花2017

 地上に顔を出した時点で、もうつぼみのようなものが見えていたアマリリス。奈良に出発した19日(金)の状態です。
Ama20170519
 茎がだいぶ伸びて、つぼみのようなものは随分高い位置に来ています。中身が少し見えています。

 奈良から帰ってきた翌日の22日(月)の状態。
Ama20170522
 つぼみのように見えたのは鞘ですね。その中につぼみが2つ入っていました。

 そして、今朝。
Ama20170523
 手前の鉢のは咲きました。純白の花、きれいです。もう1つの鉢ももう少しで咲くことでしょう。楽しみです。

2017年5月22日 (月)

奈良女のお菓子

 上代文学会1日目の夜は懇親会がありました。そこに奈良女子大学オリジナルのお菓子が並んでいました。

 奈良女子大学学章もなかと、酒粕入り奈良の桜くっきいです。
Narajokashi01
 左側のは、最初は「学業もなか」と誤読してしまいました。これを食べると学業成就の効能があるのかと。

 よく見たら、「学章もなか」でした。そそっかしくていけません。(^_^;

 パッケージの絵柄は正倉院宝物風ですね。

 缶入りのお菓子。中身は風月堂のゴーフレットのようです。
Narajokashi02
 そういえば、以前、同志社大学にお勤めの方から同志社クッキーを頂いたことがありました。
Doshishaco01_2
 絵は新島八重さん。コロンバン製です。

 こういったオリジナルのお菓子はいいです。羨ましい。

2017年5月21日 (日)

鹿にどんぐり

 今日は飛火野に行ってきました。
Shika201705a
 つぶらな瞳の鹿。
Shika201705b
 その昔、5月5日の薬狩りというのは、薬草を採ったり、鹿の袋角を取ったりする宮廷挙げての年中行事だ、なんてことを授業で話していました。袋角って、どういうものかも分からずに。(^_^; それが、10数年前だか、20数年前だか、この季節に奈良に行って、「おお! 袋角とはこういうものであったか」と知った次第です。実態を知らずに講義するなんて、いい加減なものです。反省しています。(^_^;

 今回の大きな目的は、鹿にどんぐりを与えること。昨年の秋に拾ったどんぐりを持参しました。
Shika201705c
 どんぐり欲しさの鹿に追いかけられたらどうしようかと心配(期待)していたのですが、意外にも反応は鈍かったです。

 食べてくれたのは3割くらいの鹿でしょうか。他の鹿はにおいは嗅いでも、そのままプイッと行ってしまいました。奈良の鹿愛護会ではどんぐりの寄付を募っているのに、不思議なことです。

 食べてくれた鹿は、バリバリと豪快に殻を噛み砕いていました。鹿せんべいを食べ慣れた鹿は、「あんなに堅いのはイヤだ」とでも思ったのでしょうかね。
Shika201705d
 かなり残念。

 おまけに鹿のフンを大量に踏んづけてしまいました。その辺の敷石でこそげ落とそうとしたら、鹿せんべい売りのおばさんから睨まれました。(^_^; 奈良駅のトイレや奈良女子大のトイレで靴底を拭いたのですが、なんか臭います。(^_^;

 仲間の頭を毛繕いしている鹿がいました。ちょっと珍しい光景でした。
Shika201705e

2017年5月20日 (土)

奈良女子大で上代文学会

 今日明日、奈良女子大学で上代文学会の大会が開催されますので、奈良に行ってきました。

 会場の奈良女子大の正門。
H29jodai01
 旧本館(記念館)。
H29jodai02
 どちらも明治42年竣工の建物で、国指定の重要文化財だそうです。歴史を感じます。
H29jodai03
 代表理事の菊地義裕先生の挨拶。
H29jodai04
 奈良女子大学名誉教授の奥村悦三先生の講演。
H29jodai05
 テーマは「ことばでわかること、ことばがわかること」でした。いわゆる自称敬語といわれる事象についての考察でした。

 お茶の水女子大学名誉教授の荻原千鶴先生の講演。ピンぼけで済みません。
H29jodai06
 テーマは「大伴旅人-「遊於松浦河」「領巾麾之嶺」の序と歌を中心に-」でした。この作品の作者を推定し、作者の意図を考察したものでした。パワーポイントをお使いになり、それが極めて有効で分かりやすかったです。

 まほろばメイトの方々にもたくさんお目に掛かりました。(^_^) まほろばメイト以外にも、私のブログを見てくださっているという方々が何人かいらして、意外に感じるとともに嬉しかったです。ありがたく存じます。

 研究室の片づけに日数が掛かっていることも、いろいろな人に知られていたのでした。(^_^;

2017年5月19日 (金)

総括&片づけダイエット

 片づけに際して発掘されたあれこれや、出した資源ゴミ、自宅に運んだ荷物の写真などをアップしてきました。その他の一部をご披露します。

 手提げ袋。
Katazukesou02
 かなりありました。

 クリップ。
Katazukesou03
 これまた、かなり。(^_^) 会議資料やレポートなどから丹念に外したものです。

 プリンターの使用済みトナーカートリッジと感光体ユニット。
Katazukesou04
 部屋でカラープリンターを使っていました。授業の資料はあらかたモノクロですけど、地図や写真等はカラーの方が分かり易いので、そういう時にカラーで印刷しました。あと、大学説明会の資料や学内学会のポスターなどの印刷にも使いました。そのトナーカートリッジや、使用済みの感光体ユニットがこんなになりました。

 手提げ袋やクリップはまた使えますけど、コピー機関係の消耗品は取っておいても意味がありません。はやく回収に出すべきものでした。

 こんなものまで後生大事に取っておくので、部屋が不要物だらけになります。(^_^;

 片付けを始める前の2月から、片付けを始めた3月、絶賛片づけ中の4月5月の月別平均の体重と体脂肪率です。ナマの数字を出すのは憚られますが……。(^_^;

2月 60.14kg 17.9
3月 59.94kg 16.8
4月 59.01kg 15.6
5月 58.25kg 14.3
  (18日まで)

 片づけダイエット、かなり有効と思われます。(^_^)

2017年5月18日 (木)

片づけほぼ終了

 研究室の片づけ、ほぼ終了しました。この期に及んでなお「ほぼ」なんて言っていますけど。(^_^;

 1月半ばの状況です。
Kenkyushitsu01
 今日の状況です。
Kenkyushitsu03
 反対側から撮した1月半ばの状況。
Kenkyushitsu02
 同じく今日の状況。
Kenkyushitsu04
 「ほぼ」といいますか、ゼミ机の上の少しばかりの雑々としたものを片づければ完了のように見えると思います。あと10分も掛からないような。(^_^;

 机の上は確かにその通りですが、見えない部分でまだちょっと未整理の部分があるのと、古いパソコンを処分したいのですが、その中身の処理がまだなこと、そしてお掃除がまだです。それで「ほぼ」です。

 昨日また自宅宛に荷物を10箱発送して、それが今日届きますので、その受け入れ準備と受け入れをしなければならず、今日は時間切れになりました。あとわずかなところで、惜しかったです。

 折れそうになる心を、「明けない夜はない」「夜明けの前が一番暗い」とつぶやきつつ、頑張ってきました。(^_^)

 大学施設の管理は図書会計係の管轄ですので、係長さんにお越し頂き、現状の報告と粗大ゴミ等の処理について相談に乗って頂きました。

 係長さん、なんと当ブログをご覧くださっているそうで、片づけの進行状況をご存知でした。(^_^; 全く想定外でしたが、ブログをご覧くださっていることは大変にありがたいことです。♪

 明日から奈良に出張ですので、片づけはちょっとお休みです。月曜日は奈良旅のお疲れで休むかもしれません。火曜日は3限・4限が授業のためあまり作業はできないと思います。片づけの完全終了は水曜日になりそうです。だいぶ先になりますので、今日「ほぼ」ながらご報告した次第です。

2017年5月17日 (水)

奈良鹿会員証2017

 例年のように、奈良の鹿愛護会に年会費を払いましたので、会員証が届きました。
Narashika_h29a
 ウラは例年通り、子供たちのポスターコンクールの最優秀作品です。いつもながら、うまいものです。
Narashika_h29b
 この会員証があると、鹿の赤ちゃん大公開や鹿の角切りが入場無料になる他、奈良県立美術館や春日大社の萬葉植物園、春日大社国宝殿などの入場料が割引になります。(^_^)

 今回の封筒には「奈良公園観光地域活性化基金」への寄附のお願いのチラシも同封されていました。
Narakassei
事業が6つあって、
 1.~しあわせ回廊~なら瑠璃絵
 2.なら燈花会
 3.若草山焼き行事
 4.天然記念物「奈良のシカ」の保護育成
 5.興福寺中金堂 平成再建事業
 6.特別天然記念物「春日山原始林」の保全再生

だそうで、この中から事業を選択してご寄附をお願いします、とのことです。

 それぞれに関心はありますけど、1つ選ぶとしたら、やはり鹿かなぁ、などと考えています。(^_^)

2017年5月16日 (火)

写楽&NONキーちゃん

 片づけの過程で出てきました。
Sharaku
 富士ゼロックスの「写楽」です。ハンディスキャナですね。

 画面に赤のインクフィルムが写っています。スキャンしたい画像や文字の上でこの機械を動かして画像や文字を読み取ります。そして紙や布の上でこの機械を動かして、そこに転写する仕組みです。パソコン内に電子データとして読み込むわけではありません。

 発売されたのは昭和63年(1988年)1月のようです。時期的に、まだパソコンの有効活用の一環という位置づけで作られたものではないのでしょう。

 私は何に使おうとしたのか? (^_^; コピー機は普及していた時代ですから、コピー機代わりにしようとしたわけではありません。外に調査に行って、そこで文書などを読み取ろうとしたのでしょうかね。あるいはプリントゴッコの版下でも作ろうとしたのか。30年も経ってしまって、記憶がありません。(^_^;

 もう1つはこれです。
Nonkey01
 タブレットといいますか、ペン入力用の機械ですね。

 キーボード状のものはシートです。上に載っているだけで、簡単に外せます。このシートをタッチして文字等を入力するより、キーボードを使う方がよっぽど早いでしょうから、キーボードシートは外して使ったものと思います。

 絵は下手ですので、フリーハンドで絵を描こうとしたわけはありません。キーボードシートの代わりに地図を載せて、その上からペンでなぞって地図を電子化しようとしたように思います。

 名前は「NONキーちゃん」。「写楽」と違って、こちらはマイナーですね。
Nonkey02
 パソコンには3つの端子で接続したようです。一番小さいのはキーボードコネクタ用でしょう。あとの2つはディスプレイとRS-232Cでしょうか。大昔のことでもう記憶が飛んでいます。(^_^;
Nonkey03
 どちらももう使いません。勿体ないけど、廃棄ですね。「う~ん」と唸りつつ、「燃やさないゴミ」がどんどん増えています。

2017年5月15日 (月)

太陽光発電

 今までブログには書きませんでしたが、東京の家では太陽光発電をしています。始めたのは平成23年の5月27日。東日本大震災の2ヶ月半後です。

 震災のあと、関東でも計画停電が行われました。必要なときに停電になるのは困るなぁと思っていたところ、太陽光発電の業者から電話が掛かってきました。電話での勧誘は話も聞かずに切ることにしていますが、これだけは話を聞いてみたくなり、家に来て貰いました。

 その時の話では、日中、太陽光発電をしているときに停電になれば、発電中の電気を使うこともできるけれども、夜間や雨天の時にはそれができない。蓄電池を設置すれば話は別だが、まだ高価だということでした。

 また、元を取るにはそれなりの年数が掛かることも分かりました。

 太陽光発電のことをよく知らなかったときの思惑とはだいぶ違っていましたが、でも、「じゃぁ、やめよう」という風には考えませんでした。日が経つうちに、太陽光発電をすること自体に意味があると考えるようになっていましたので。

 金銭的には、電気使用量の単価よりも、発電した電気の買い取り単価の方が高いのですが、屋根に乗っているパネルの数があまり多くないので、発電量よりも電気使用量の方がずっと多く、赤字の月の方が多いです。

 そんな中で、5月分はこんな具合でした。必要箇所のみの切り貼りです。
Denkidai02
 電気使用量が123kwhで3,971円
 発電電力量は218kwhで9,156円

 発電量が使用量をだいぶ上回っており、差額も5,185円のプラスとなりました。今までの最高かもしれません。

 この1ヶ月間、晴天の日が多かったのでしょうかね。また、研究室の片づけのために群馬にいることが多かったので、東京の家の電気使用量が少なかったものと思われます。あとは、季節的に暖房も冷房もあまり使わなかったことも大きいでしょう。夏や冬だとこうはゆきません。

 片づけが終われば東京の家にいることが多くなるでしょうから、もうこれ以上の黒字は出ないかもしれません。(^_^)

2017年5月14日 (日)

縞柄の防具袋

 先日、研究室から剣道の防具袋を持ち帰りました。剣道は全く強くはないのですが、中学から高校にかけて3年ほどやっていたこともあり、勤務先でも、その昔、事務局のTさんに稽古を付けてもらったり、同僚のW先生と稽古をしたり、剣道部の練習に参加したこともありました。それで、部屋に防具が置いてありました。

 荷物の多くは宅急便で運びましたが、費用の節約のために、リュックに入れたり、手提げに入れて運んだものもあります。

 昨日ブログに書いた三波石も自力で運びましたし、しばらく前に書いたWラジカセも自力です。ああいう壊れ物で、すでに元の箱がなくなってしまったものは、苦心して梱包するより、自力で運ぶ方が楽です。

 防具も袋に入っていれば、運ぶのはそう難しくないと思い、自力で運びました。いや、手で提げて運ぶのは結構重かったです。(^_^;

 「日ごろは何ともおぼえぬ鎧が、今日は重うなったるぞや」という木曽義仲のセリフが浮かんできました。着ているのと持っているのとでは違いますけど、防具が重いようでは、もう剣道はできません。(^_^;

 さて、この防具袋、こんなです。
Shimabogu01
 撮影時にムラに日が当たっていたわけではありません。光線の加減ではなく、袋自体がこんなシマシマになってしまっています。

 原因は置き場にありました。部屋の一番奥のロッカーの上。西日が強く当たります。いつもブラインドを下ろしていたのですが、長年月の間に、ブラインドの隙間からの日射しでこんなになってしまいました。
Shimabogu02
 虎ファンの方、同じような場所にセーター、コート、ジャンパーなどを下げておけば、縞柄に染まると思います。(^_^)

«銘石三波石

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ