2018年7月19日 (木)

明治37年の神戸市地図

 先月、「明治30年前後の奈良市鳥瞰図」という記事を載せました。
Narachokan01
 表紙には英語しか書かれていません。出版者は大阪のカワカミさんで、神戸のコーベ・ヘラルドが総代理店です。外国人を主な対象者にした地図なのでしょう。コーベ・ヘラルドの所在地は 76-a Kio Machi,Kobe とあります。現在の神戸市中央区京町のことと思われます。そうだすると、ここは旧外国人居留地であり、コーベ・ヘラルドの所在地として納得できます。

 ここまでで一応満足だったのですが、できれば当時の神戸市の地図で確認してみたいものと思っていました。

 よくしたもので、そういう気持ちでいたら、幸いに明治37年の神戸市の地図が手に入りました。
M37kobe01
 奥付は以下の通りです。
M37kobe02
 この地図、色分けされています。色分けは次のような「部」ごとになされています。
M37kobe03
 葺合部、神戸部、湊東部、湊西部、湊部、林田部の6つです。「部」という単位は初めて見ました。後の「区」に当たるような行政単位でしょうか? それとも、単なる地域区分でしょうか?

 上の表に依れば、「神戸部」の1行目に、海岸通、前町……の下の方に京町があります。

 地図の該当箇所は以下の通りです。
M37kobe04
 道路の上に町名が書いてあります。南北の道が、東から、東町、伊藤町、江戸町、京町、浪花町、播磨町、明石町とあり、東西の道が、北から、北町、仲町、前町、海岸通とあります。

  なお、地図の左下にメリケン波止場があります。「米利堅波止場」という表記の傍らに「AMERICAN HATOBA」とあります。波止場が英語ではなくて「HATOBA」ですね。もう「メリケン波止場」という語が固有名詞として定着していたのでしょうかね。

 いや、もしかしたら「波止場」って本来は英語で、それに漢字を当てたのかと思って日国を引いてみましたが、そういうことはないようでした。(^_^)

 ご参考までに、現代の地図です。南の方はカットしました。
M37kobe05
 文字が小さくなってしまいましたが、今も、京町、江戸町、浪花町、播磨町、伊藤町などの町名はそのまま残っています。明治の地図で東にある園遊地も、現在、東遊園地公園となっています。

 明治の地図には、ところどころに四角で囲った中に漢数字の入っているところがあります。何番がどんな施設なのかは別に掲げられています。
M37kobe06
 この一覧表には町名も記載されています。これを見ると、東西の道に従うもの、南北の道に従うもの、両様あって、法則性が読み取れませんでした。

 京町は五番の「印度オーストリヤ支那銀行」のみでした。現代の地図では、この位置は日本銀行になっています。コーベ・ヘラルドもこのあたりにあったのでしょう。

 神戸の古い地図を見るのは初めてでしたので、あれこれ興味深く、楽しく見ました。(^_^)

2018年7月18日 (水)

熱中症回避&浜木綿

 連日、猛烈な暑さが続いています。

 昨日は、元の職場での非常勤のあと、渋川の家に行きました。生活の本拠は東京になりましたが、渋川の家もあまり長期間留守にしたくないので、時折帰っています。

 今回は、大家さんに家賃とお中元を持って行くのも、目的でした。

 連日の猛暑で、渋川の家にはかなりの熱気が籠っていることでしょう。エアコンも古くて、あまり効かないし、寝室にはエアコンがありません。できれば泊まらずに帰りたいものですが、渋川の家に着くのは18時を過ぎますので、それからまた東京の家に移動すると遅くなるし、億劫です。用が済んだ後、東京には帰らずに、高崎のホテルに泊まろうかとも考えましたが、「イヤ、さすがにそれはないな」と思い、それはナシにしました。

 渋川の家に着いたら、案の定で、玄関から一歩中に入ると、炎熱地獄でした。

 大家さんはお留守。(^_^; 玄関の鍵は掛かっていませんので(←不用心(^_^;)、遠くには行っていないのでしょうが、なかなか帰ってきません。19時半に行ってみたら、電気は点いていましたが、チャイムを鳴らしても、ガラス戸を叩いても出てきません。家の中からはNHKの「うたコン」の音が聞こえてきます。テレビの音が大きくて聞こえないのでしょう。

 20時15分、「うたコン」の終了時に行って、チャイムを鳴らしたり、ガラス戸を叩いたりして、やっと出てきてくれました。

 飼い犬(ミニチュアダックスフント)も出てきました。数年前までならば、チャイムを鳴らせば、この犬が吠えて、大家さんに来客を知らせたのですが、今は、この犬も歳をとって、チャイムの音にも気づかなかったのかもしれません。大家さんも80歳くらいと思います。

 家賃を払うのもなかなか大変です。可能性として考えていた、用を済ませてすぐに東京に向かう案は崩壊しました。(^_^;

 家の中は暑かったですが、あまり効かないエアコンに頑張って貰い、その冷気を寝室にも流して、何とか寝られるようになりました。汗もたくさんかき、ずいぶん水分も摂りました。辛うじて熱中症になることは回避できましたが、あぶなかったと思います。

 やはり、真夏に長く留守にした渋川の家に泊まることは避けたいです。日帰りが時間的に難しい場合、思考放棄した高崎のホテル泊も検討に値しそうです。

 猛暑の中、浜木綿につぼみ(でいいのかなぁ)がついていました。鉢の土はカラカラ。昨日も今日もたっぷりと水をやりました。こういうこともあるので、たまには帰らないとなりません。
Hamayu_h3007h
 今日は、こんなになっていました。
Hamayu_h3007i
 じきに咲くことでしょう。でも、今度、渋川の家に帰るときには、もう花は終わってしまっていましょう。私の代わりに、道行く人に見て貰えればと思います。

 さて、東京の家の浜木綿、土中から芽を出しました。
Hamayu_h3007j

 先日と違って、今度はちゃんと芽の先端の尖った部分から出てきました。

 アップです。
Hamayu_h3007k
 すくすくと生長して欲しいです。

2018年7月17日 (火)

峠の釜めし 紙容器入り

 高崎駅構内の駅弁屋で買いました。
Kamameshi_kami01
 紙容器入りの峠の釜めしです。

 蓋には、釜の蓋の模様が付いていて、陶器の釜飯の面影を留めています。
Kamameshi_kami02
 中身は同じなのですが、陶器に入っている方が何となくおいしそうに見えます。(^_^;
Kamameshi_kami03
 去年の11月にこの紙容器のニュースが出たとき、従来の陶器製(益子焼)の釜に入った釜飯はなくなってしまうような誤解が生じたようですけど、従来のもなくなるわけではなく、新旧の容器併売です。高崎駅の駅弁屋でもほぼ同数並んでいます。

 確かに、従来の容器は趣がありますし、家に持って帰れば釜や植木鉢にも使えます。しかし、いかんせん重い。(^_^; かさばる。(^_^; 旅の終わりならばともかく、初め頃にこれを買ったら、その後の旅の邪魔になりますよね。新旧の容器を選べるのは良いと思います。

2018年7月16日 (月)

石川九楊展2018

 今年もまた、神田神保町で石川九楊氏の書展が開催中です。
Kyuyo2018h
 今日の午後、行ってきました。

 今回もまた、幸いに石川氏が会場にいらっしゃいましたので、またサインを頂いてしまいました。
Kyuyo2018
 毎年、私の名前も、石川氏のサインも書体が異なります。過去のサインは去年の「石川九楊氏2017」に載せてあります。

 会場の作品の中では、「一汁一菜」という書の「汁」は液体風、「菜」は野菜風で分かり易かったです。他は、私には難解でした。(^_^;

2018年7月15日 (日)

ツユクサ開花、あじさい終了、桑元気

 一昨日の朝、ゴミ出しのために8時半頃玄関を開けると、ツユクサが咲いていました。
Tsuyukusa03
 小さな花が全部で5輪。

 上とは別の花。
Tsuyukusa04
 花が小さすぎて、撮影しているときには分かりませんでしたが、写真を大きくしてみると、花は、鞘のようなものを割って出てきているように見えます。ツユクサを育てるのは初めてなので、知らないことだらけです。あ、育てるという程のことはしていません。(^_^)

 先日花屋さんで買ってきたあじさいは、花が終わって、こんな状態です。
Ajisai20180713
 買ってすぐに植え替えたときはこうでしたのに。
Ajisai20180705
 数日間、花を楽しめました。買った翌日くらいに花が散ってしまったら、がっかりしますよね。花屋さんは、店頭の花をいつまで売れるか見極めが求められますね。八百屋さんも魚屋さんも同じだなぁと、改めて思いました。

 あじさいは来年の開花に期待します。

 桑は相変わらず元気です。
Kuwa40

 伐っても伐っても生えてくる。強い生命力を感じます。

2018年7月14日 (土)

偽Google

 パソコンでネットを見ていたら、突然こんな画面が出ました。
Nisegoogle01
 iPadなどが貰えるようです。♪

 何ともラッキーなことですが、でも、アヤシい。(^_^;

 素直な性格だったのに、ネットのせいで、懐疑的になっています。

 そのページはそのままに(このあたり、欲はあるようです。(^_^;)、ブラウザの別のタブを開いて、「Google メンバーシップ」でググってみたら、すぐにこんな記述が見つかりました。
Nisegoogle02
 フィッシングサイトだったようです。全く油断のならない世の中です。気をつけないといけませんね。

 おのおの、抜かりなく。

2018年7月13日 (金)

創作こけし展「たくみ会」

 今日は前橋で仕事の日でしたので、群馬県庁を覗いてきました。1階の県民ホールで、創作こけしの展覧会を開催していました。主催は「たくみ会」というグループです。
Takumi2018a
 作者別に作品が並んでいました。ユニークなものも多く、楽しく見学しました。

 「干支たまご」
Takumi2018b
 十二支揃っています。つい、自分の干支のうさぎを探してしまいました。最前列右端にいますね。なぜ桜の花を持っているのか、考えましたが解けませんでした。(^_^;

 手塚ワールド。
Takumi2018c
 お茶の水博士を見つけました。そうしたら、その近くにアトムやらピノコやらレオが並んでいました。ヒョウタンツギは現地では気づかず、家で写真を見ていて気づきました。

 「子守唄」
Takumi2018d
 ほのぼのとします。おんぶしているのはお母さんでしょうか。あるいは、ねえや?

 「星空見上げて」と「茜空」
Takumi2018e
 同じ作者の手になるものです。2つセットというわけではないのですが、空繋がりで、青と赤。関連はありそうです。

 「ほのぼの」
Takumi2018f

 お地蔵さんでしょうか。ほのぼのとしたお顔をしています。ただ、なぜか、全員刀を立てています。なぜ刀を持っているのか、考えても分かりませんでした。ナゾです。

2018年7月12日 (木)

カランコエ、植え替え

 毎週木曜日に歯医者さんに行っています。今日も予約の日でしたので、支度をして歯医者さんに向かいました。受付でモタモタしないように、歩きながら診察カードを取りだして、ふと見たら、予約は今日ではなくて来週の木曜日でした。(^_^;

 今回はブリッジが入るので2週間後の予約でした。それを承知の上で今日だと思っていました。2週間経ったと思っていたのに、まだ1週間しか経っていなかったのでした。

 歳をとると、時の経つのを早く感じるようですけど、実際よりも時の経つのを遅く感じていたわけで、私はまだ若いということでしょうか。(^_^)

 思いがけず時間ができましたので、授業の準備をしようかと思いましたが、かねて気になっていたカランコエの植え替えをすることにしました。

 冬から春にかけて花を楽しませてくれたカランコエ、もう花は終わり、こんな状態です。
Kalanchoe18
 中位の鉢3つと小さい鉢3つ。なんか茎が伸び放題でまとまりがありません。

 こんな鉢もあります。
Kalanchoe19
 日当たりが悪いのでしょうかね。徒長している感じです。

 こんなかわいい新芽も出ています。♪
Kalanchoe20
 新芽は残し、伸びすぎた茎は切り、切った茎も捨てずに挿し芽にしました。

 最終的にこんな具合になりました。
Kalanchoe21
 中小あわせて6鉢あったのが、中鉢5つになりました。

 コンパクトになって満足です。(^_^) でも、密植しすぎかもしれませんね。いずれもう1回植え替えが必要になるかもしれません。

2018年7月11日 (水)

シンポジウム「ことばとの出会い」

 来週の金曜日に群馬県立女子大学で「王朝文学の楽しみ方」というシンポジウムが開催されます。国文学科主催で、今年度は「ことばとの出会い」というシリーズの第1回目ということになります。
Ocho01
 趣旨は以下の通りです。
Ocho02
 講師等の詳細は以下の通りです。
Ocho03
 どうも、切り貼りばかりで。(^_^;

 このシンポジウムは2年前に始まりました。今年で3年目になります。高校生にも国語国文学の魅力を知ってもらいたい、というのも目的の1つです。来週はオープンキャンパスで、授業公開もあります。このシンポジウムもそれと日程を合わせてあります。

 高校生、たくさん来て欲しいです。

2018年7月10日 (火)

書店不況

 仕事の必要上、買いたい本ができました。例によってアマゾンに注文しようとしたら、届くまで2~3週間掛かるとのことです。アマゾンの良さは、買いたい本が居ながらにして翌日には入手できるという点ですが、専門書の場合には、アマゾンに在庫がなく、だいぶ先にならないと入手できないことがあります。

 そこで書店に買いに行くことにしました。まずは神保町の三省堂、そこになければ八重洲ブックセンターと考え、三省堂に行きました。昨日のことです。

 幸い、買おうと思っていた本は三省堂で入手でき、店内をフラフラ歩いているうちに、合計5冊買うことになりました。(^_^)

 アマゾンでも、AIの働きでしょうか、私の購入履歴をもとに、「ダンナ、こんな本もありますぜ」と、あれこれ紹介してくれ、そういう本をしばしば買ってしまうという、ちょろい客ぶりを発揮してしまいます。(^_^;

 でもね、さすがのアマゾンでも私の全てが分かるわけもなく、大きな書店に行けば、アマゾンからは1度も紹介されていない本をあれこれ買うことになります。(^_^)

 さて、神保町の三省堂は6フロアでしたでしょうか、私は4階で買い物をしました。ところが、そのフロアにはレジがなく、1階のレジで受け付ける旨の掲示がありました。本を手に下階に降りて行きましたが、どの階も同様のようでした。各階にレジ担当者を配置すれば、それだけ人手が必要になりますので、こういう形で経費削減をしているのでしょうね。

 書店に限らず、会計はその階で、というのが一般的と思っていましたので、本を持って階を移動することに違和感を覚えました。万引きが増えたりしないのでしょうか。

 出版不況といわれて久しく、町の書店もつぶれて行く昨今、三省堂本店でさえ、こういう形で経費削減をしなくてはいけないのかと、驚きました。

 私自身、リアル書店に行く回数が激減し、アマゾンで買うことが多くなっていますので、人ごとのように言っていてはいけないのですが。

 リアル書店が無くなるのは困ります。何の足しにもならないにしても、リアル書店に行く回数を増やそうと思います。行けば、行っただけの成果はありますしね。
Gunmac_shiori02

«天理の芳月の位置、判明

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ