2021年3月 5日 (金)

明治10年の『新撰年代記』(8)外国との条約

 何度か取り上げてきた明治10年の『新撰年代記』、だいぶ日が空いてしまいましたが、8回目です。
 ここに「各国条約年月」という項目があります。
M10nendaiki24

 後半。
M10nendaiki25

 幕末から明治に掛けて、年月日順に並んでいます。
 途中で政権交代どころか、政体が全く変わってしまいましたのに、旧幕府が結んだ条約もそのまま継続的に取り扱われています。

 ペリーが黒船に乗って来日して、日米和親条約を結んだのが外国との条約の初めかと思っていましたが、これを見ると、アメリカは5番目ですね。
 はて? と思って岩波の『近代日本総合年表』を見たら、次のようにありました。

  安政元年3月31日 日米和親条約調印(安政2年1月5日批准書交換)
  安政5年7月29日 日米修好通商条約調印(万延元年4月3日批准書交換)

 『新撰年代記』には、アメリカ合衆国との条約は万延元年4月3日になっていますので、これは、日米修好通商条約の批准書交換の日付にあたります。
 国ごとに最新の条約締結を挙げたのでしょうね。それで、日米和親条約は載せなかったのでしょう。

 以前、「明治10年の『新撰年代記』(6)外国の国名」に載せた国名が並んでいます。
 ただ、条約リストの冒頭にある「貌利太泥亜(ブリタニア)」は載っていません。
 ググってみたら、「ブリタニア」はイギリスのグレートブリテン島南部の古称とのことです。

 他には、プロシアが「独乙北部聯国合併」となっています。
 「瑞典(ズイテン)那耳西」というのが分かりません。「瑞典」はスウェーデンですが、「那耳西」が何だか。
 その次にはハワイが載っていますね。まだアメリカ合衆国の州にはなっていないのでした。
 最後の「秘魯」はペルーです。外国の国名リストの方には「白露」という表記でした。

 あれこれ面白いです。

2021年3月 4日 (木)

30年もののタネ

 これまた先日、渋川の家の片づけで出てきました。
Tane01
 左から時計回りに、ポピー、八重矢車草、美女撫子、かいわれ大根、パセリー(「パセリー」となっていました)、中央はおじぎ草です。
 おじぎ草以外はヨドバシカメラでもらったもののようです。玉村から渋川に越してきたときの箱に入っていたものですので、30年前後経っているはずです。

 中央の白い袋は土屋文明記念文学館でもらったおじぎ草です。
Tane02
 これはたぶん10年は経っていないと思います。

 特にヨドバシカメラのタネはずいぶん年数が経ってしまっていますので、発芽するのは期待薄かもしれません。
 それでも一応蒔いてみようと思います。
 植木鉢よりもプランターの方が良さそうです。
 もう少し暖かくなったら。

2021年3月 3日 (水)

トミカの清掃車

 先日、渋川の家の近所のコンビニで見つけて、思わず買ってしまいました。
Seisousha01

 中身です。
Seisousha02
 綺麗な青色がまぶしいです。

 背後のゴミを入れる部分。
Seisousha03

 開きます。
Seisousha04

 斜めにもなります。
Seisousha05

 495円です。
 この金額で、こんなによくできています。

 子供の頃、電車や車にはあまり関心がなかったのですが、今頃になって、ミニカーに興味を持っています。
 乗用車よりも、働く自動車が好きです。
 乗用車はあまり区別が付かないので。(^_^;

2021年3月 2日 (火)

『論集上代文学』終刊

 注文していた『論集上代文学 第四十冊』(笠間書院)が届きました。
Ronshujodai40

 この叢書は、勤務先の個人研究室には継続して購入していたのですが、個人ではあまり買っていませんでした。(^_^;
 今回は、これで終刊になるということで購入しました。

 本冊には、遠藤宏氏、小野寛氏、山口佳紀氏、金井清一氏、白藤禮幸氏の論考と、上代文学研究年報(2017年)、近年亡くなった万葉七曜会会員の故山中広樹氏(遠藤宏氏による)、故林勉氏(金井清一氏による)への追悼文、そして『論集上代文学』終刊の辞が掲載されています。

 終刊の辞によれば、東京大学の大学院で五味智英先生の教えを受けていた院生たちが集まって、昭和33年に万葉七曜会が発足し、会員の研究成果を形にするために、昭和45年に『論集上代文学』第一冊が刊行されたとのことです。会も書籍も長い歴史がありますね。

 刊行30年を経た頃、会員外にも寄稿を依頼して今に至るものの、残る会員も少なくなり、高齢の度を重ねたために、第四十冊をもって終刊にするとのことです。最終冊に掲載されている論考は会員の先生方のもののみです。本来の姿に戻ったことになります。論集はこれで終刊ですが、会員の研究会は今後も継続するとのことです。一番お若い山口佳紀先生が昭和15年のお生まれですので、全員80歳以上ですね。昨年急逝された林勉先生も95歳とのことです。みなさんお元気です。
 上代文学研究は体に良いらしい。(^_^)

 私は1回だけこの論集に論文を掲載して頂いたことがあります。
 とてもありがたいことと思っています。終刊に間に合って幸いでした。

2021年3月 1日 (月)

体重下げ止まりか?

 月が変わりましたので、恒例の体重グラフを。
Taiju201906_202102

 1月後半から2月前半に掛けては減少モードが持続していたのですが、そこから2月後半に掛けては下げ止まりといいますか、数字の上では微増です。(^_^;
 3月以降はどうでしょうかねぇ? もう少し下げたいところです。

 先週の金曜日に渋川の家に行って、今日、帰京しました。
 明日は雨だというので。
 張り子の虎のような私。
 近年は、片手傘差し運転が許されがたい状況ですので、カッパを着ることになりますが、どうも厄介で。

 この間(かん)、金曜朝と火曜朝のゴミ収集を含んでいませんので、今回はゴミ出しはゼロです。
 出るゴミもだいぶ減ってきて、明日までいても、ゴミは1袋か2袋です。
 ゴミ収集の人、「最近バカみたいに重いゴミ袋が減ったなぁ」と思っているかもしれません。
 紙を密度高く詰め込んだ袋は本当に重いです。

 東京の家のてんぷく金魚、どうしているか心配でしたが、帰宅したら普通に泳いでいました。

2021年2月28日 (日)

箱詰め開始

 渋川の家の片付け、一応本や書類などの仕分けが終わり、昨日から東京の家にもってゆくものの箱詰めを始めました。

 仕分けと並行して箱詰めをすることも可能でしたが、箱をどこに置くか決め難く、先延ばしにしていました。

 年をとって非力になり、物がいっぱい詰まった箱を動かすのが大儀です。それで箱の置場を決めて、そこに置いた箱に物を詰めようという算段です。

 部屋中に、仕分けした山がいくつもあります。それらの山のうち、「東京の家にもってゆくもの」の山が箱の中に収まってゆくと、片付いて行っている感じがします。

 で、積み上がった箱は4つ。

 2日で4つではどうもなりません。頑張らねば。

 箱は、28年前に渋川の家に越して来た時の物です。

 経年劣化を感じますが、使えそうです。宅配便は、道中何度かの積替えがあるでしょうが、引越しは渋川の家から東京の家まで、積み替えなしの直行ですから、箱の状態はあまり問題にならないように思います。

2021年2月27日 (土)

いっぱい寝た

 6日間に亘る(途中2日間休みましたが)集中講義で寝不足だったところに、昨日は前橋で仕事のためにまた早起きをして寝不足でした。

 ひと駅乗り過ごしてしまったのは、そのせいでしょう。

 昨夜は8時間寝て、爽やかです。(笑)

 めざましに起こされて8時間です。めざましを掛けなければもっと寝ていたことでしょう。最近の楽しみは寝ることです。

 しばらく前、睡眠時間7時間だったか(肝腎なその時間が記憶曖昧です)のグループが一番長生きで、それより長くても短くても7時間睡眠のグループより平均寿命は短くなる、というネットの記事を読みました。そういう調査結果が出たのだそうです。

 いっぱい寝れば良い、という訳ではないのでしょうかね。

 思うに、大事なのは、眠りの長さと深さでしょうから、いっぱい寝ている人は、どこか不具合があるために眠りが浅いとか、何かあるのかもしれないと思いました。

 ま、それはともかく、今朝は気持ちが良かったので、今夜もいっぱい寝ることにします。(笑)

2021年2月26日 (金)

昨日はレポート締切日

 今日は前橋で仕事の日でしたので、それが終わった後、渋川の家に来ています。

 渋川駅の1つ手前の駅が最寄りなのに、つい、うとうとっとしてしまい、気がついたら渋川駅でした。(^_^; ひと駅戻らねばなりません。幸い15分後に上り電車がありましたので、それに乗って戻りました。ラッキーでした。

 昨日は群馬県立女子大学の授業のレポートの締切日でした。従来は、紙でもメールの添付ファイルでも良いことにしていましたが、今年はコロナ禍で、添付ファイルのみにしました。

 添付ファイルというか、本当は、リモートの授業で使っていたグーグルクラスルームにレポートなどを提出できるシステムがあるのですが、よく分からないので、昔ながらのやり方にしました。

 今どきの仕組みについて行けていません。(^_^;

 レポート提出のペースが悪いので、私の科目を捨ててしまった学生が多いのかと思いましたが、夜の11時を過ぎたあたりからどっと増えました。

 11時59分台もいましたし、0時2分というのも。(笑)

 昨年度までは、紙でもメールでも良かったので、締切は紙に合わせて、午後4時とか5時にしていました。今年は特に時間を定めなかったので、日付が変わるまでに出せばOKです。

 思えば、昨年度までも、締切時刻の1時間前くらいに集中していたのでした。同じですね。(笑)

2021年2月25日 (木)

パソコン通信を始めた頃

 先日、渋川の家の片づけで見つけました。
S63pasotsu01
 パソコン通信のマニュアルです。
 昭和63年にワープロ専用機を買ったときに、付いてきました。

 それまで「パソコン通信」という語は知りませんでした。
 このワープロ専用機も、パソコン通信ができるからという理由で選んだわけではありません。

 冒頭に、パソコン通信で何ができるのかが箇条書きで示されています。
S63pasotsu02
 このページには、「電子掲示板」と「電子メール」が挙がっています。
 そのあとは、「データベース」「チャット」「証券会社のパソコン通信サービス」「航空券や海外ホテルの予約」「電子ショッピング」「電子会議」と続きます。今のインターネットのような感じです。

 その次には、パソコン通信のための準備について書かれています。
S63pasotsu03
 ここに用意する物が挙げられています。

 ワープロとパソコン通信ソフトはあります。あとは、モデムというものを買わなくてはなりません。
 また、電話線が壁から出ているような家では、壁の電話線をモジュラーコンセントに変える工事をしてもらわなければなりません。
 全く未知の世界でしたので、ハードルが高かったと思いますが、まずは秋葉原に行ってモデムを買いました。
 秋葉原に行くのはそれが初めてでした。
 ついで、電話工事を申し込んで、モジュラーコンセントを設置してもらいました。

 保守的でめんどくさがりの私にしては、ずいぶん熱心に動いたものです。
 パソコン通信でこれをしたい、という明確な理由があったわけでもないのに。
 たぶん、このワープロ専用機でパソコン通信というものができるそうなので、その機能を使わなくては勿体ない、と思ったのではないでしょうか。
 スーパーで2000円買えば100ポイント付く券があるのに、それを使わないのは耐え難い、というのと同じかもしれません。

 次のページには接続法が説明されています。
S63pasotsu04
 確かにこのように繋ぎました。

 最後にもう1つ。
 パソコン通信サービスに入会の申込が必要です。
S63pasotsu05
 複数の会社がある中で、私はニフティーサーブを選びました。
 この時にニフティーからもらったメールアドレスを今も使っています。

2021年2月24日 (水)

カランコエ開花&集中講義終了

 定年退職の折に学科の皆さまから頂いたカランコエの鉢植え、今年も咲きました。
 赤いの。
Kalanchoe20210224a

 オレンジ色の。
Kalanchoe20210224b

 黄色の。
Kalanchoe20210224c

 毎年楽しめるのは嬉しいことです。

 3枚ともアップの画像です。
 アップのばかりということは、全体像はどうも……。(^_^;
 花の数も少なく、茎もひょろ長く徒長してしまいました。
 植物もなかなか難しいです。
 がんばります。

 先週3日間、土日は休んで今週3日間の集中講義、無事に終了しました。
 始まる前は、初めてのTeamsによるリモートで、果してうまくゆくものかどうか心配でしたが、何の問題もなく終わって、ほっとしています。
 無事が一番。

 今日もまた日中はずっと金魚と一緒でした。全員元気です。
 てんぷく金魚は、日中は普通に泳いでいますが、夜になると何度かひっくり返ります。
 早く正常に戻ると良いです。

«浮遊するアナカリス

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ